活発化する制御機器メーカーのLED事業開発・販売で独自市場開拓高いオリジナリティ製品投入 特性を活かした新用途に期待

2010年10月27日

LED(発光ダイオード)照明は、1990年代に青色LEDが開発されて以降、急速に進歩拡大を遂げている。現在は、局所照明を中心とした産業用から市販されている家庭用照明まで、多種多様なLED照明が開発、販売されている。産業用分野では、制御機器メーカーがオリジナリティの高いLED照明を開発・販売、独自に市場開拓することに成功しており、大きな市場に成長してきた。LED照明は、蛍光灯の約半分の低消費電力、さらに約4万時間の長寿命という優れた特徴を持つ。現在、白熱電球や蛍光灯などに比べると高価格だが、今後の技術開発でさらに低価格化が進むと予想され、蛍光灯など従来の照明器具に置き換わる照明として期待されてい…