新型コロナウィルス の検索結果

【寄稿】Pegasystems最高技術責任、新型コロナウイルス感染症 パンデミックを契機に実現可能なデジタルトランスフォーメーションの取り組み

〜再び起こりうる世界的な混乱を見据えた、 将来へ持続可能なビジネスの構築について解説〜 Pegasystems 最高技術責任 Don Schuerman   新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延は、グローバル規模での壊滅的健康被害をもたらしました。この数カ月の間にビジネスの意思決定者を取り巻く環境は劇的に変化しています。事業は中断を余儀なくされ、人々は仕事を失い、株式市場は急落しました。現在、多くのビジネスリーダーが「COVID-19以降」の世界で今後直面する課題ついて予測・検証しています。 ビジネスリーダーたちは、この大きな変化によって、デジタルトランスフォーメーショ…


ロジアスジャパン、新型コロナウイルス対策、アンチウイルスロボット販売開始

ロジアスジャパン(東京都千代田区)は、新型コロナウイルス感染症の対策商品として「アンチウイルスロボット」の販売を開始した。 同ロボットは、人が居ない夜間を利用して、当該エリアを自律走行しながら紫外線を360度放射することにより消毒・滅菌を行うことができる。サーモグラフィカメラ(オプション)を設置することにより、日中は赤外線による体温検出および異常検知も可能。   製品概要 ・紫外線屋内移動式マルチポイント消毒 ・赤外線体温監視、日中の体温検出、および夜間の消毒を構成 ・業界最大の電力効率の殺菌、最大270μW/ CM2の累積UV強度 ・レーザーSLAMアルゴリズムは、地球環境マップの…


東京商工リサーチ、新型コロナウイルス関連 倒産状況

4月7日、安倍首相が7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)に改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を発令した。 「新型コロナウイルス」感染拡大を受けて、企業ではテレワークを実施し、百貨店も食品売り場を除くフロア休業、全館休業など、様々な動きが出ている。また、居酒屋などの飲食・サービス業なども休業が増えている。メーカーではサプライチェーン寸断の影響などから操業の一時停止など、「新型コロナ」は市民生活だけでなく、企業活動にも深刻な影響を及ぼしている。 4月7日現在、「新型コロナ」関連の倒産は20件、法的手続き準備中は25件発生し、経営破たんは合計45件に達し…


新型コロナウイルス 国内製造業に大きな影響、事業支援など活用で被害最小化へ

新型コロナウイルスの感染拡大が製造業に大きなダメージを与えている。 中国工場の稼働再開などの話題も聞こえてきており、サプライチェーンへの影響は少ないという意見も出てきている。それでも先行き不透明で、20年の国内FA業界は回復が期待されていたが、それも半年から1年後ろ倒しになるのではという見方も出てきている。   回復遅れの懸念も 東京商工リサーチが1万2348社にアンケートを行ったところ、「新型コロナウイルスの影響が出ている/今後出る可能性がある」とした企業は66.4%に達し、すでに出ている企業のうち4割が中国現地サプライヤーからの仕入れが困難になったという。 また中国市場の消費減速…


東京商工リサーチ「新型コロナウィルスに関するアンケート調査」製造業に大きな影響

中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大が、企業活動にも影響を及ぼしている。IT大手のアップルは2月17日、感染拡大により中国の生産拠点でフル稼働できないことや中国国内の販売店の閉鎖などで、「売上高ガイダンス(予想)を達成できない」と発表した。 日本国内の企業への影響も深刻だ。東京商工リサーチ(TSR)が国内企業に新型コロナウイルスの影響を聞いたところ、66.4%(1万2,348社中8,207社)が「すでに影響が出ている」、または「今後影響が出る可能性がある」と回答した。 「すでに影響が出ている」と回答した企業のうち、約4割(構成比35.9%)が「現地サプライヤーからの仕入が困難と…


【特集】第47回 ジャンボびっくり見本市 専門メーカー200社超が集結 4月9、10日、インテックス大阪 再始動!新たな時代の春の祭展

「第47回 ジャンボびっくり見本市」(主催=ジャンボびっくり見本市協催委員会)が、インテックス大阪6号館(C・Dゾーン)で4月9日(金)・10日(土)の両日開催される。開場時間は9日が10時~18時、10日が9時~17時。入場無料。 ジャンボびっくり見本市は電設業界最大規模の見本市の一つとして、1975年から半世紀にわたり、電気設備・工具・施工技術・FAなどの最新製品・技術を提案、大阪と東京会場合わせて3万5000人超が集っている。2020年の第46回は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から大阪・東京とも開催中止となったため、今回は2年ぶりの開催となる。 今年は新型コロナウイルス感染予防対策…


【工場新設・増設情報】IDECFS、東洋紡、明電舎、明治など

東洋紡、山口県岩国市に高機能不織布の新工場 ▼IDECファクトリーソリューションズ、愛知県一宮市の新工場稼働開始 IDEC ファクトリーソリュ ーションズは、愛知県一宮市の新工場が竣工し生産を開始した。新工場は地上3階鉄骨造で、延床面積は2766㎡。投資金額は約14億円。また、合わせて向かいの敷地に新本社の建設も開始し、2022年3月完成予定。地上3階鉄骨造で延床面積2915㎡。http://www.idec-fs.com/ ▼帝国繊維、栃木県下野市に新工場。25億円超の投資額 帝国繊維は栃木県下野市に防災車両の新工場を建設する。8月の完成予定で、投資金額は約25億円となる見通し。http:/…


NECA 電気制御機器 2021年度見通し 6520億円 前年度比8%増 回復本格化へ勝負の年に

日本電気制御機器工業会(NECA)は、電機制御機器の2021年度の出荷見通しを発表した。21年度は出荷総額6520億円、前年度比8%増となる見通し。ここ数年はピークだった2017年から漸減してきたが、コロナ禍もあって20年度で底を打つと見られ、21年度は回復から拡大への筋道を立てる勝負の年になる。 2021年度、19年度出荷総額を超える見通し 21年度は出荷総額6520億円。20年度はコロナ禍で大打撃を受けたが、新型コロナウィルスのワクチンの普及とともに市況の改善が見込まれ、19年度並みか少し良い程度に戻る見通し。国内は3760億円(7.5%増)と好調で、上期は1840億円(10.1%増)、下…


IDSの産業用カメラ、ワクチン容器の品質保証で採用

ワクチン容器の検査の様子 新型コロナウィルス感染拡大の対抗策としてワクチン接種が世界中で始まっている。最低1人1回接種するとしても80億回分が必要となり、製薬メーカーがそこに向けて急ピッチでワクチン製造を進めている。同時に、ワクチン容器についても大量に必要とされ、容器メーカーもワクチン成分をそのままの状態で保管できるガラス製容器を開発し、こちらも急ピッチで製造を行っている。 しかしながら医療レベルのワクチン容器は標準的なガラス管ではなく、リム付ボトル、ねじ口びん、アンプルなどは特殊なホウケイ酸ガラス製で、それに合わせた生産ラインが必要とされる。さらにガラスはさまざまな化学薬品や温度変化に耐え、…


【工場新設・増設情報2021年3月】大日本印刷、西友、高知ミツトヨなど 

高知ミツトヨ新工場 ▼ビックカメラ、山梨県富士吉田市に天然水工場 ビックカメラは、山梨県富士吉田市に天然水の採水工場を新設し、2022年から飲料用天然水の宅配サービスを開始する。敷地面積は2万平方メートル、建屋は鉄骨2階建で延べ床面積は4600平方メートル。生産ラインと自動倉庫、事務所を備え、最大2400本/時(9.5L 宅配水用ボトルを2ライン予定)の生産能力となる。https://www.biccamera.co.jp/ir/news/pdf2021/20210308.pdf#zoom=90 ▼JCRファーマ、神戸市西区に新型コロナウイルスワクチン原液新工場 JCRファーマは、神戸市西区の…