搬送 の検索結果

村田機械「ファイバーレーザ複合加工機」成形・タップ加工も付加、自動搬送装置も同時販売

村田機械は、ファイバーレーザ複合加工機「LS2512HL」と、ソーティング機能付き自動搬送装置「FG2512TL」を3月から販売開始した。 LS2512HLは、レーザヘッドが移動するフライングオプティクス型ファイバーレーザ加工機をベースに成形加工・タップ加工を付加した複合加工機。成形加工ユニットは皿モミ、ハーフシャー(ダボ)、バーリング加工などが可能で、タップ加工ユニットはリジットタイプでM2~M10に対応(標準)。ステーション数は4(標準)と8(オプション)が選択可能。成形金型は8ステーションで、オプションのATC(自動工具交換装置)を付加すると、最大45本まで金型を装備できる。 FG251…


パナソニック 自律走行搬送ロボ発売、カゴ台車の移動自由化

パナソニックは、床面の工事やカゴ台車の改造などに大きな追加投資をすることなく導入でき、走行ルートの変更にも柔軟に対応できる自律走行・低床型搬送ロボット「STR-100」を27日から発売する。 同製品は、低床と高出力を両立し、ロボット高さ132ミリメートルながら最大搬送質量800キロを実現。無軌道で高精度な自律走行ができ、対象となるカゴ台車に進入・把持も自動化した。独自アルゴリズムで最大100台までの同時制御が可能となっている。 物流倉庫におけるカゴ台車の移動を自動化、省人化し、人不足の解消と労働災害の減少を目指す。


CKD 欧州規格適合の助力装置、搬送作業へ高追随性

CKDは、空気圧を利用したパワフルアームグローバルモデル「PAWシリーズ」を1月23日に発売した。 パワフルアームは、空気圧を利用して下から持ち上げる方式の助力装置で、「働く人のために」をコンセプトとして作業負担軽減や作業者の安全確保に貢献している。 新発売のPAWシリーズは、欧州安全規格CEマーキングに適合した高い安全性を実現し、関節部分への指などの挟み込みを防ぐデザインや、空気圧が遮断されたとしても本体の姿勢を保持する仕様となっている。 本体部には空気圧シリンダを内蔵し、関節部にベアリングを設けることで滑らかな操作が可能となった。また、多軸使用でも折りたためるのでコンパクトに格納でき、現行…


B&R リニア超高速搬送システム「ACOPOStrak」/「SuperTrak」

独立制御シャトルで高速搬送 B&Rはスマート工場EXPOで、リニアモータを用いた超高速搬送システム「ACOPOStrak・SuperTrak」のデモを中心に、同社のコンセプトである「Perfection in Automation」を構成するラインアップの全容を展示する。小間番号はW27-11。 リニアモータを用いたフレキシブルな産業用コンベヤ・システム「ACOPOStrak(アコポストラック)」と「SuperTrak(スーパートラック)」は、永久磁石を動力源とし、トラック(ロングステータ・モータ・トラック)上に設置した搬送シャトルを動作させる機構で、ソフトウェアによってそれぞれのシャトルを独…


【市場・技術展望2019】「AGV(無人搬送装置)」市場拡大傾向続く

非ガイド走行方式がカギ 搬送のロボット化によって期待が膨らむAGV。既存設備更新と設備の新規需要拡大によって拡大傾向が続いている。 矢野経済研究所の調べによると、17年度の国内AGVの出荷金額は、前年度比15%増の139億5000万円。18年度も6%増の147億8200万円と好調が持続する見込み。19年以降はいったん減速し、21年年度には126億5000万円になると予測する。 同社は市場拡大に向けて、既存設備の更新需要にとどまらず、非ガイド走行方式の新規需要の開拓が鍵になるとしている。レーザ誘導方式AGVは障害物回避機能を付加でき、作業場で人と共存できる(協調できる)可能性も高まるとしている。


【各社トップが語る2019】B&R、リニア搬送の定着を推進

代表取締役 小野 雅史 日本法人を設立から2018年12月で4年半が経過したが、ようやく日本市場で基盤が整備出来てきており、感慨深いものがある。19年は会社として新しいフェーズに入る、結果を出す重要な年と見ている。 17年から訴求している次世代の産業用搬送テクノロジーであるリニアモータを用いた搬送システム「SuperTrak」や「ACOPOStrak」は、昨年約50社のエンドユーザーにアプローチし、訪問やセミナーなどを行った。 今後の市場での採用に非常に手応えを感じているが、新しいシステムだけに長期的視点でユーザーの理解が深めながら慎重に取り組んでいるところである。 ユーザーが採用しやすい環境…


B&R リニア超高速搬送システム「ACOPOStrak」/「SuperTrak」

独立制御シャトルで高速搬送 B&RはTOKYO PACKに、ABBグループの一員となって国内では初めて共同出展する。小間番号は5-44/5-45。 会場では「市場に革新をもたらす産業用リニアモータ搬送テクノロジーを核とする、次世代オートメーション・ソリューション」の訴求にむけて、リニアモータを用いた超高速搬送システム「ACOPOStrak(アコポストラック)」と「SuperTrak(スーパートラック)」のデモを中心に、同社のコンセプトである「Perfection in Automation」を披露する。 いずれのリニア搬送システムも、永久磁石を動力源とし、トラック(ロングステータ・モータ・トラ…


村田機械、無人搬送台車 スマートAGV 「Premex XIO」を開発

村田機械(京都市伏見区)は、無人搬送台車 スマートAGV「Premex XIO(プレメックス ジオ)」を開発しました。 ▲スマート AGV「Premex XIO」   来たるべき「Connected Industries」の時代には、人と設備(システム)が融合し迅速に生産品目を切り替えられる柔軟なモノづくり、いわゆる「マスカスタマイゼーション」が求められています。 生産設備に対して部品や仕掛品を供給する搬送ラインでも、コンベヤを中心とした固定設備による搬送ラインに代替する、柔軟な搬送システムが志向され、近年、搬送システムにおけるAGV活用への期待が高まっています。 「Premex X…


ギークプラス、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車製造工場へ導入

ギークプラス(千葉県印西市)は、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場(愛知県豊田市)に導入いたしました。 ギークプラスは、トヨタ自動車の推進する自動車製造工程における自動化に対し、更なるソリューションの提供により、同社事業の発展に貢献いたします。 ▲SLAM式AI搬送ロボット 活用イメージ ▲EVE SLAM型 製品単体   SLAM式AI搬送ロボットについて 今まで、工場の製造ラインに部品を供給する際は、鉄製のレールや、マグネットテープ、天井面にレールを這わせたAGVを使用することが一般的でした。しかし、ル…


オリックス AI搭載搬送ロボットのレンタル開始

オリックス(東京都港区)とオリックス・レンテック(東京都品川区)は、棚入れやピッキング作業の一部を自動化する、ギークプラス社製「AI搭載 自動搬送ロボット EVE」のレンタルサービスを開始した。 両社は、2018年5月からオリックスが開発する物流施設のテナントへ、物流ロボットを6カ月間無償で提供するレンタルサービスを共同で行っているが、今回、EVEがラインアップに加わったことにより、同サービスは7メーカー8機種の取り扱いとなる。 EVEは、商品が並ぶ棚の下部に潜り込み、棚自体を作業員がいるワーキングステーションまで自動で移動させるため、作業者の身体的負荷や作業効率の向上が見込まれる。省エネ設計…