容器 の検索結果

エヌエー 静電容量近接スイッチ、容器の外から液面レベル検出

エヌエー(浜松市浜北区)は、液面センサの新たなラインアップとして、液体に触れずに液面レベルを検出できる静電容量近接スイッチ「CAT-101M シリーズ」を発売した。 これまで液面検知には、接液させて検出するフロートスイッチが用いられていたが、粉粒体や接液不可な液体などに対応できないという課題があった。 新製品は、検出領域内に電界を発生させ、回路の一部を導体電極とし、他の導体または誘電体が接近することによって生じる電極の静電容量の変化を電気信号に変換して物体の接近を検出する。非金属の容器やゲージ管の外部側面に取り付けるだけで、内部の液面を検出できる。 物体の透明度、光の反射状態などに関係なく検出…


攪拌羽根のない撹拌機 攪拌容器自ら急回転・急停止・急反転 BBCソフト、工業分野への展開目指す

各種電子機器、試験装置、制御機器開発のBBCソフト(大阪府枚方市招堤田近1―10、TEL072―851―9160、久保正和社長)は、撹拌羽根のない撹拌機「Qmix(Qミックス)」の販売を開始した。短時間で効率よく撹拌できることから、食品や医薬品、化粧品業界などへ拡販を進める。 従来の撹拌機は、撹拌羽根が回転して撹拌していたが、新製品は特許機構の球形の撹拌容器自らが急回転、急停止、急反転の繰り返しで撹拌を行うもの。 回転速度は1500rpmと早く、強い遠心力とせん断力を利用することで、撹拌容器と撹拌物が擦れ合うとともに引きちぎり合うため、短時間で撹拌でき、混ざり残りがない。 また、内容量が増加し…


FAセンサ市場 期待大の2分野、物流・ロボット

物流 自立的な搬送システム実現へ ロボット 働き方改革、人手不足で FAセンサの市場は、需要を牽引してきた半導体製造装置、工作機械の受注が一服する中で、物流やロボット、さらには、自動運転などインフラ分野での需要拡大への期待が高まっている。 IoT化の新たな流れのなかでFAセンサは「つなぐ」ための中核製品としての役割がますます高まり、使いやすさをめざした開発も依然活発だ。   3品分野も安定推移 日本電気制御機器工業会(NECA)の2017年度(17年4月~18年3月)の検出用スイッチ出荷額は1215億円で、16年度比111.8%と2桁の伸長となった。18年度も上期は618億円で前年同…


エヌエー 静電容量近接スイッチ「CAT-101M シリーズ」

液体に触れず液面検出 エヌエー(浜松市浜北区)は、液面センサの新たなラインアップとして、液体に触れずに液面レベルを検出できる静電容量近接スイッチ「CAT-101M シリーズ」を発売した。 これまで液面検知には、接液させて検出するフロートスイッチが用いられていたが、粉粒体や接液不可な液体などに対応できないという課題があった。 新製品は、検出領域内に電界を発生させ、回路の一部を導体電極とし、他の導体または誘電体が接近することによって生じる電極の静電容量の変化を電気信号に変換して物体の接近を検出する。非金属の容器やゲージ管の外部側面に取り付けるだけで、内部の液面を検出できる。 物体の透明度、光の反射…


速報取材レポート「第5回 インターフェックス 大阪 -医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展-」見どころをいち早くお届け

2019年2月20日(水)~22日(金)の3日間、インテックス大阪で開催中の「第5回 インターフェックス 大阪 -医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展-」。医薬・化粧品に関する専門技術展です。製剤設備、測定・分析装置、検査機器、クリーン製品、包装機械・資材、受託サービス、IT、物流サービスなどあらゆる製品が一堂に出展。今回は国内外200社が出展し、10,000人もの来場者数を見込んでいます。 本ページでは展示会の概要とともに注目ブースを写真満載でお届けする展示会速報取材レポートをお届けします! 展示会速報取材レポート掲載内容 株式会社JRC 6軸協働ロボットにより、熟練技術者の手技を再現可能…


医薬・化粧品業界必見! 「インターフェックス大阪」2月20日~22日、インテックス大阪で開催

医薬・化粧品業界必見の9ゾーン 200社出展 実機多数 医薬・化粧品業界必見の展示会「第5回 インターフェックス 大阪」(主催=リード エグジビション ジャパン)が、2月20日(水)~22日(金)の3日間、インテックス大阪で開催される。 開場時間は10時~18時(最終日は17時まで)、入場料は5000円(Web事前申し込み、招待券持参者は無料)。「医療と介護の総合展(メディカルジャパン)大阪」と、「再生医療 産業化展 大阪」、また「介護甲子園」も同時開催され、いずれも相互入場が可能。   世界初の新製品続々 「第5回 インターフェックス大阪-医薬品・化粧品・洗剤研究・製造技術展-」は…


防爆機器 高まる需要。熟練技術者減、設備の老朽化「予知保全」強める

危険領域拡大に対応 爆発危険領域での安全を確保する防爆関連機器の需要が増加している。こうした危険場所は増える一方で、熟練技術者の不足や設備の老朽化などから危険性が増す傾向が見られる。 こうした中で、イーサネットの技術を使った新しい防爆制御への取り組みも進んでいる。防爆対応機器も、ワイヤレス化やネットワークカメラなどの利用も増えている。日本では防爆機器の認証機関に海外からの参入が増え、新たな動きになっている。   進む「ワイヤレス化」 ネットワークカメラ利用も 石油化学や鉄鋼、食品・薬品・化粧品などの製造現場での爆発事故は依然多い。設備の老朽化に加え、設備の現状を熟知しているベテラン技…


【潜入レポート】ダイドー東京ロボット館、国内最大級 40台のロボット設置

有力企業によるロボットショウルーム&テスト施設 メカトロニクス専門商社のダイドー(名古屋市中村区)は、産業用ロボットの年間販売台数で国内トップクラスの実績を誇る。産業用ロボット需要が高まるなか、今年6月に東京都江東区にロボット展示場と実験施設、教育施設を兼ねた「ダイドー東京ロボット館」をオープン。 開館から3カ月で来場者が1000人を超え、順調なスタートを切った。同館内部の様子と同社の取り組みについてレポートする。   都営新宿線瑞江駅から徒歩1分の好アクセス ダイドー東京ロボット館(東京都江戸川区瑞江4-44-17)の最寄り駅は、都営新宿線瑞江駅。瑞江駅からは徒歩1分。駅前のドンキ…


工場新設・増設情報 10月第3週

【日本国内】 ▼東洋製罐グループホールディングス 連結子会社である東洋製罐の西日本における飲料缶事業の生産拠点として、新たに兵庫県三田市テクノパークに土地を取得する。 面積は6万6086平方メートル(約2万坪)、取得額は35億円、工事着工時期は未定。 また、軟包装容器の市場拡大に対応する増産スペースの確保と、場内製造設備の再配置による生産性の向上を目的として、東洋製罐の豊橋工場内(愛知県豊橋市)に、軟包装容器を製造する新工場棟を建設する。 竣工は2020年3月予定、投資総額は約90億円(増産設備投資も含む)。   ▼ダイヘン ロボットの製造拠点である六甲事業所内(神戸市東灘区六甲アイ…


速報取材レポート「TOKYO PACK 2018 (2018東京国際包装展)」今年の見どころ徹底解説

2018年10月2日(火)~5日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催中の「TOKYO PACK 2018 (2018東京国際包装展)」。 包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまで、あらゆる分野を網羅した展示会です。今年は国内外約700社が出展、63,000人もの来場者数を見込んでいます。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。 開催概要:「TOKYO PACK 2018(2018東京国際包装展)」 名称:TOKYO PACK 2018(2018東京国際包装展) 会期:2018年10月2日(火)~5日(金) 10:0…