IDSの産業用カメラ、ワクチン容器の品質保証で採用

2021年3月31日
ワクチン容器の検査の様子

新型コロナウィルス感染拡大の対抗策としてワクチン接種が世界中で始まっている。最低1人1回接種するとしても80億回分が必要となり、製薬メーカーがそこに向けて急ピッチでワクチン製造を進めている。同時に、ワクチン容器についても大量に必要とされ、容器メーカーもワクチン成分をそのままの状態で保管できるガラス製容器を開発し、こちらも急ピッチで製造を行っている。


しかしながら医療レベルのワクチン容器は標準的なガラス管ではなく、リム付ボトル、ねじ口びん、アンプルなどは特殊なホウケイ酸ガラス製で、それに合わせた生産ラインが必要とされる。さらにガラスはさまざまな化学薬品や温度変化に耐え、薬品を汚染してはならず、容器と内部液体との反応を防ぐ必要性も求められる。加えて微細でも傷、ひび、亀裂があると充填プロセスのライン汚染につながる恐れがあるため、ワクチン容器の製造にはとりわけ厳しい高品質な基準が要求されている。


ドイツのIDS Imaging Development Systemsの産業用カメラは、ドイツのIsotronic社によるワクチン容器の品質管理を行うインテリジェントなマルチカメラシステム「VialChecker」の画像撮影の部分を担い、ワクチン容器の品質管理に一役買っている。システムではユニットあたり最大 8 台のカメラを操作して容器の品質管理を行い、回転する容器をあらゆる方向から観測してひびや傷、欠け、異物の含有、汚れなどを検査している。IDS製産業用カメラは1回転ごとに20枚以上の撮影ができ、毎分120本の容器の寸法精度や表面状態の検査に役立っているという。


今後2年間でワクチン容器は10億〜20億本必要とされ、今後もワクチンを保護するためにも厳格な容器の検査システムの需要が見込まれている。

https://jp.ids-imaging.com/