単位 の検索結果

ナ・デックス 原単位をタイムリーに「見える化」 現場に精通した製造現場管理

ナ・デックス(名古屋市中区、髙田寿之代表取締役社長)は製造現場管理ソリューションに注力、本当の意味での製造業の見える化を実現している。 同社は産業機器や電子部品の販売を中心とする商社であると同時に、メーカーとして溶接制御機器などの製造や、システム開発までを手掛けている。そこで、製造現場とITの知見をあわせ、製造現場管理(MES)ソリューション「KN-POP」をエンジニアリングパッケージとして販売している。 インダストリー4.0やスマートファクトリーなど次世代工場の実現のためには、最初のステップとして製造現場の「見える化」が欠かせないが、多くの工場では「実績精度の向上」「進捗管理のリアルタイム性…


CCS ストロボ・オーバードライブ電源「PODシリーズ」発売 LED照明を1マイクロ秒単位で調光

画像処理用LED照明メーカーのシーシーエス(各務嘉郎社長)は、ストロボ・オーバードライブ電源「PODシリーズ」を昨年12月に発売した。同製品は、通常のPWM調光機能の他に照明をさらに明るく発光させることが可能なオーバードライブ機能を装備。オーバードライブ時に、発光時間の制御だけでなく電圧可変による調光を可能とした。本製品のオーバードライブでは、1ミリ秒以下の発光に限り、定常光より電圧を高めることでより明るい発光を実現している。 近年の画像処理における検査工程では、検査スピードの高速化が進展している。そのため、撮像に必要な光量をわずかな時間で取り込む必要があり、LED照明を通常発光時よりさらに明…


日東工業 屋内用・自立制御盤キャビネット「E形」 50ミリ単位でセミオーダー

日東工業は、屋内用・自立制御盤キャビネット「E形」で、外形寸法を50ミリ単位で製作可能なセミオーダー(寸法指定)対応を6月から開始している。サイズは3143機種と圧倒的なサイズバリエーションを取りそろえている。 また、レーザー穴加工が短納期で対応可能となった。標準品キャビネットは最短で2日目から発送可能で、セミオーダー対応キャビネットの場合は、穴加工を含めて最短で5日目から発送できる。穴加工費用も、扉面などの外観の穴加工は100個まで無料(穴加工の基本価格は必要)。これらのセミオーダー、レーザー穴加工は「CABISTA(キャビスタ)」を利用することで対応可能となっている。 「CABISTA」は…


大成建設とサンコーシャ 「雷電磁界バリア」実証 部屋単位で落雷事故防ぐ

大成建設とサンコーシャ(東京都品川区大崎4―3―8、TEL03―3491―7181、伊藤眞義社長)は、エビススバルビルで実施工した「部屋単位で落雷被害を防ぐ雷電磁界バリア」について、その有効性を確認した。 これまでの雷電磁界バリアは建物全体に施す方式だったが、今回は重要な電気機器がある部屋に限って導入した。壁と天井、床面に一般的な建築部材を適切な幅で格子状に配置してバリアを設置することで、電流を分散させて発生する電磁界を減衰。さらに発生した電磁界同士で打ち消し合うことでバリア効果を高めている。導入後、落雷時の雷電磁界を模した電磁界を発生させてバリア内外での状況を測定し、バリア内の減衰量から電磁…


サブミクロン単位の高分解能TIが新ジャンルのLDC

テキサス・インスツルメンツ(TI)は、既存センサ技術に比べ、分解能、信頼性、設計自由度の向上とシステム価格の低減を実現できるコイルとバネを誘導型センサとして使用した新しいジャンルのインダクタンス/デジタル・コンバータ(LDC)=写真=を開発した。 誘導型近接センサは、位置・動作による変位、金属または導電性ターゲットの組成、バネの伸縮・屈曲による変位を検出できる非接触型センサとして使用されている。 TIのLDCは、16ビットの共振インピーダンスと24ビットのインダクタンス値により、位置の変位検出がサブミクロン単位の分解能で実現できる。また、オイル、塵埃など、機器の製品寿命を縮める非導電性汚染物質…


ソーラー受配電機器 各社主力製品紹介ワゴジャパン D-Nレール端子台1極単位で交換可能

ワゴジャパンの1000Vに対応する各種端子台・コネクタは、太陽光で発電した電力を効率良く送電するシステム運用に適している。 DINレール端子台は、必要な極数を並べてマウントでき、1極単位で交換できる。また、専用ジャンパで複数極のコモニングが可能。 さらに、CAGE CLAMP接続による圧着不要のワンタッチ結線で、作業性にも優れている。そのほか、ネジの締め忘れ、ゆるみがなく安全、振動・衝撃や温度変化に強く、増し締め不要のメンテナンスフリーを実現、などの特徴を持っている。 主要な製品は、欧州CEマーキングやUL規格を取得しており、海外案件にも対応しやすい。 なお、「CAGE CLAMP」スプリング…


富士通研究所、IoTデバイスへのサイバー攻撃の影響を最小化するネットワーク制御技術を開発

現場のIoTネットワークの安全運用を実現 富士通研究所(神奈川県川崎市)は、現場に設置されているIoTデバイスを安全に運用することができるネットワーク制御技術を開発しました。 工場などの現場におけるIoT環境では、認証やウイルスチェックの機能を持たないセンサーや製造装置などのIoTデバイスを接続するケースが多いため、マルウェアに攻撃されることにより、工場の操業が停止するなどの事故が世界中で発生しています。 従来のウイルス対策ソフトウェアによる対処では、IoTデバイスのCPUやメモリ容量の制約によりインストールができない場合があり、サイバー攻撃の脅威にさらされている機器が存在しています。 &nb…


アズビル、5年連続で建物・工場・事業場などの省エネルギー事業を支援する「エネマネ事業者」に

アズビルは、当社を幹事社とするコンソーシアムを構成し、経済産業省(実施団体:環境共創イニシアチブ〔SII〕)が本年4月に行った平成30年度「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(エネルギー使用合理化等事業者支援事業)」に係るエネルギー管理支援サービス事業者(エネマネ事業者)登録」に応募、5月11日にエネマネ事業者に登録されましたのでお知らせします。 今回の登録により、当社は5年連続でエネマネ事業者として登録されたことになります。 エネマネ事業者は、EMS(Energy Management System)を導入し、EMSから得られる情報を活用するエネルギー管理支援サービスを通じて、建物、工場…


Edgecrossコンソーシアム 基本ソフトウエアなど販売開始 会員数140社を突破

Edgecrossコンソーシアム(東京都港区、金井正一代表理事)は、エッジコンピューティング領域のソフトウエアプラットフォーム「Edgecross」に対応した基本ソフトウエア、アプリケーションソフトフェア、データコレクタ合わせて17商品を5月8日から発売した。また、動作確認済みの11メーカーの産業用PCも公表した。 同時に、同ソフトウエアの販売やコンソーシアム会員の「Edgecross」対応製品の販売支援を行う「Edgecrossマーケットプレイス」も開設した。基本ソフトウエアの価格は、1ライセンス品が9万8000円、5ライセンス品が24万円、10ライセンス品が45万円。 FAとITを協調させ…


オムロンの新コントローラ 制御と情報を融合

オムロンは、モノづくり現場における生産性の向上と情報の活用を両立するマシンオートメーションコントローラ「NX1シリーズ」を4月24日からグローバルで順次発売するとともに、同シリーズと組み合わせる高速アナログ入力ユニット「NX-HAD4**」とセーフティCPUユニット「NX-SL5***」を順次発売する。 「NX1シリーズ」は、最速1msの定周期によるモーション・I/O同期制御と最大モーション制御軸数12軸により高速高精度な制御を実現。また、幅66ミリメートルのコンパクトボディでありながら、EtherNet/IP、EtherCAT、OPC UAを標準搭載している。 装置制御と高速情報処理を同時に…