体験 の検索結果

NEC、AI・IoTなどを活用した製造業向け共創型体験スペースをNEC玉川事業場に開設

デジタルトランスフォーメーションが変えるものづくりの未来を具現化する共創型体験スペース「NEC DX Factory」を開設 NECは、製造業向けに、AI・IoTなどを活用して次世代ものづくりを具現化する共創型体験スペース「NEC DX Factory(エヌイーシー ディーエックス ファクトリー)」を本日よりNEC玉川事業場(川崎市中原区)に開設します。 「NEC DX Factory」は、NECとNECのパートナー企業・団体の先進技術・製品や、NEC自身のものづくり革新ノウハウを融合したソリューションなどを集約した製造ラインを用いて、次世代ものづくりを体験することが可能です。 具体的には、部…


キヤノンマーケティング ものづくり補助金活用セミナー 3Dプリンター体験会も

キヤノンマーケティングは、「一歩踏み出しましょう 公的資金活用ものづくりセミナー~公的資金の概要と対策のポイント~」を開催した。2月20日大阪、22日名古屋、23日東京でそれぞれ行われた。 同セミナーは、公募がスタートする見込みの「ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業)」に合わせて開催したもので、東京会場には20人が参加し、製造業における3Dプリンターの活用法と補助金の申請方法についてのレクチャーを受講した。 東京会場では、同社3Dソリューション企画課貞本幸宏氏が「生産性向上を適える3Dソリューション~3Dソリューション最新事情について~」と題し、第4次産業革命と日本…


フエニックス・コンタクト 接続技術とソリューションで「未来への架け橋」3つのゾーンで展示と体験

フエニックス・コンタクトはSCFで、「未来への架け橋」をコンセプトに展示する。 近年、現場でニーズの高い「工数削減」に効果的な「Push-in」やねじ式などのあらゆる接続技術、ソリューションを架け橋と位置づけ、「接続ゾーン」「計測ゾーン」「IIoTゾーン」の3つのゾーンで展示する。 実際に製品を試し、製品スペシャリストに直接相談することができる「デモ体験・ご相談コーナー」では、端子台と工具を用いた「Push-in」ワークショップ、M12コネクタの組立体験や、スマホアプリとVRメガネを使用した「雷サージ体験」などを企画している。 「接続ゾーン」では、産業用途・プリント基板用それぞれに、ねじ式から…


キヤノンITS 産業用オートメーション向け トータルソリューション「Wonderware」 最新版ソフトウェアで新たなユーザー体験を提供

キヤノンITソリューションズが提供する「Wonderware」は、仏シュナイダーエレクトリックの産業オートメーション向けトータルソリューション。HMI/SCADAから実績収集管理と分析、レポーティング、Web遠隔監視、工程品質管理、製造実行管理など、スマート工場に欠かせない情報収集から分析までをソリューションとして提供している。 スマートファクトリーJapanでは、シュナイダーエレクトリックソフトウェアと共同で、SCADAの最新バージョンである「InTouch 2017 OMI」を初めて出展する。同ソフトでは画面デザインおよびレイアウトのテンプレート化やピンチ/スワイプなど新たなユーザー体験を…


川崎重工 ロボットショールーム開設 体験型アトラクションも

川崎重工は、東京お台場に新たなロボット情報発信基地として、東京ロボットセンターショールーム「KawasakiRobostage(カワサキロボステージ)」をオープンした。 ショールームは「人間の創造力」と「Kawasakiの技術力」が出会い、人とロボットとの新しい関係を予感させる場所として「人とロボットの共存・協調の実現」をメーンコンセプトとし、これから到来するロボット社会に向けた、人とロボットの共存・協調のありかたを提案する。双腕スカラロボット「duAro(デュアロ)」、大型ロボット「BX165」、医療向けのメディカルロボット「MS005N」などを展示。プログラムを作って動かしたり、ロボットが…


共同カイテック ハノーバーメッセ視察記 バスダクト 日本と世界の違い体験

バスダクトやOAフロアメーカーの共同カイテック(東京都渋谷区、吉田建代表取締役社長)は、4月24日から29日まで開催されたドイツのハノーバーメッセに視察団を派遣した。現地の様子をレポートしてもらった。 ■会場と出展企業 全26ホールのうち、会場として今回使われていたのは2~9、11~17、27ホールの合計16ホールだった。今回のパートナーカントリーであるアメリカからオバマ大統領が視察に訪れたため、初日の午前中は三つのホールが閉鎖されていた。シュナイダーやシーメンスなどのドイツ大手企業がこれらに含まれていた。 出展企業は、協力国であるアメリカはもちろん、中国企業の多さが目についた。日本企業は、オ…


中央電子ショールームを大幅リニューアル 最新製品・技術を操作・体験 洗練されたデザインのコントロール用操作卓など

中央電子(東京都八王子市元本郷町1―9―9、TEL042―623―1211、松井達之社長)は、同社営業センター(東京都八王子市明神町3―20―6)内に開設しているショールームを大幅にリニューアルし、このほどオープンした。 新装したショールームの広さは約700平方メートル。同社のコンピュータネットワーク、セキュリティ、エンクロージャー、計測・制御、画像処理などの製品領域から新製品、注力製品を中心に展示されている。 セキュリティ関連では、共連れ検出装置、ネットワーク接続型簡易入退室システム、カセット式鍵保管庫、入退室管理マルチデバイス認証装置、ネットワークデバイスシリーズや、これらをシステム化し入…


体験しよう/導入しよう、FDTの技術のメリットを!「ユーザセミナー2013」10月に東京と三重で

FDT Group日本支部は、「FDTユーザセミナー2013」を、東京(10月8日)と三重(四日市市・10月18日)で開催する。今回のテーマは「体験しよう/導入しよう、FDTの技術のメリットを!」。 FDT技術は、ベンダーやバスプロトコルの垣根を越えて、マンマシンインターフェースを標準化するソフトウェア技術。FDT技術を使用することで、設定を含めたエンジニアリング、機器状態の把握、計装保全作業を大幅に削減できる。 セミナーでは、これを実感してもらうために、エンドユーザーによるFDT技術の活用事例紹介や、FDT本部からFA分野へのFDT技術の活用、さらには少額投資からスタートし、メリットを確認し…


最新商品を紹介体験コーナーも 国際電業設立60周年迎えショールーム設置

【名古屋】国際電業(名古屋市昭和区円上町27―14、TEL052―871―6621、古川長武社長)は、最新の商品情報や商品ラインアップの紹介、主要製品の体験コーナーなどで構成したショールームを本社1階玄関ロビーに設置した。 同社は、今年2月に設立60周年を迎えたが、企業イメージのアップの一環として、1階のロビー空間の有効活用も兼ねて、会社をPRするショールームを設置したもの。 ショールームでは、パネルによるメッセージで、同社の今日までの歩みと制御機器、電磁機器、電子応用機器が3つの柱で、現在、第4の柱を模索中であることなどが説明されている。 新商品情報コーナーには、シェアトップのフットスイッチ…


「ET&IoT Technology 2018」11月14日~16日 パシフィコ横浜で開催

ET×ET エッジテクノロジーで超スマート社会を実現 Embedded Technology 2018/組込み総合技術展 IoT Technology 2018/IoT総合技術展 11月14日(水)~16日(金) 会場:パシフィコ横浜   組込み技術とIoT技術の総合展「ET&IoT Technology 2018(Embedded Technology 2018/組込み総合技術展、IoT Technology 2018/IoT総合技術展)」(主催=組込みシステム技術協会)が、11月14日~16日、パシフィコ横浜で開催される。 開場時間は10時~17時(15日は18時まで)…