【IIFES 注目出展企業】アズビル(リアル展1-27/オンライン展)アズビルとともに“体験”を。デジタル技術でつなぐ持続可能な未来

アズビルは、持続可能な未来へつながるアズビルの3つの成長事業領域(ライフサイクル型事業、新オートメーション事業、環境・エネルギー事業)における、「ベネフィット」を各種ソリューションや最新のオートメーション技術を通して紹介する。

ファクトリーオートメーションゾーンでは、現場の課題解決へ、進化したマスフローコントローラ、製造現場DX化の第一歩に貢献する通信ゲートウェイ、2出力4エリア検出で簡単位置調整を実現した近接センサ、プロセス制御の課題を解決する、簡単で使いやすい調節計などを出展。

プロセスオートメーションゾーンでは、フィールドに設置されている高機能センサの計測データとHART通信データを最新のデジタル技術で融合し活用することで、製造現場の改革を提案する。調節弁の劣化と異常を早期発見する圧力センサ搭載のポジショナや新コンセプトのHARTモデムなど。

新オートメーションゾーンでは、モノづくりの『自律化』により新たな価値を創出する、AI、クラウド、ロボット技術を活用したソリューションを展示。AIによるオンライン異常予兆検知システムや多様な手書き記録業務をユーザー自ら簡単にデジタル化、力の感覚を持ち合わせた人に成り代わるロボット、クラウドMESのazbilグループにおける導入事例を紹介する。

環境・エネルギーゾーンでは、2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、アズビルはEMS(Energy Management System)によるCO2排出量削減で貢献する製品を出展する。

https://www.azbil.com/jp/product/factory/event/iifes/

https://iifes.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG