不良 の検索結果

NEC 良品データの学習のみで不良品を検出するAIを製品化

日本電気(NEC)は、画像データを用いた検品業務の効率化などを実現するAI技術群「NEC the WISE」のひとつである、ディープラーニング技術を搭載したソフトウェア製品「NEC Advanced Analytics–RAPID機械学習」を強化し、5月8日から販売活動を開始した。 不良品を検出する検品業務にAIを導入する際、良品・不良品双方の画像データを1000件規模で事前学習する必要があるが、製造精度の高い日本の工場などでは、不良品データを大量に収集することが困難、という課題があった。 今回の機能強化では、1種類の画像データを学習させることで2種類の画像データを分類する「OneClass分…


不二電機工業 究極的半導体直流リレー 無接点化、接触不良も皆無

不二電機工業は、無接点化により接触不良を皆無とし、接触信頼性を究極的に高めた、パワー半導体を使用した制御用直流リレー「SCSR形」を12月から発売する。参考価格はリレー単体で4000円程度。5年後に年間売り上げ1億円を見込む。 新製品は、半導体素子による直流回路の確実な開閉が可能で、接点の酸化や溶着・異物混入などによる接触不良が発生しない無接点型となっている。接点摩耗による寿命の劣化がなく、長寿命化を実現している。 一般的な機械式リレーと比べ、格段に高速な動作・復帰時間の応答性と、電力規格(B-402)に適した耐ノイズ性能・絶縁性能・電圧変動対応などの優れた信頼性を有しており、PLC制御などの…


不二電機工業 次世代直流開閉器 “SemICon SwItchシリーズ” 「無接点」で接触不良ゼロ

不二電機工業の次世代直流開閉器“SemICon SwItchシリーズ”「STH形」はパワー半導体を使用し、従来の有接点の開閉器が抱えていた課題を解決している。 同製品は「無接点」であるために、接点の酸化や異物混入などの接触不良が構造的に発生しない。また、アークによる接点摩耗がないため、開閉耐久性が極めて高い。そのため、高い信頼性が求められる電力機器や産業機器など、あらゆる操作機器でメリットが大きく、従来の「有接点」方式で発生する接触不良や定期メンテナンスといった課題が多数解決できる。しかも、過電流保護機能を有し、過電流を検知すると回路を停止する安全設計になっている。 また、有接点の開閉器と異な…


接触不良が発生しない不二電機工業が無接点型半導体直流開閉器を開発

不二電機工業(小西正社長)は、パワー半導体(MOSFET)を使用することで、接触不良が発生しない無接点型の半導体直流開閉器「STHシリーズ」=写真=を開発、近く販売を開始する。 新製品は、半導体で直流回路を開閉する無接点式にすることで、接触不良を防止でき、さらに、アークによる接点の摩耗も防げることから開閉耐久性が高くなる。 また、半導体の制御回路をDC24V信号で制御することにより、遠隔地からのON/OFF信号での操作が可能で、遠隔地や高所といった場所での使用も容易になる。 システム構成により有線・無線のどちらでも遠隔操作が可能。 さらに、定格絶縁電圧は、DC600Vから1200Vまでの直流高…


JUKIと日立、IoT活用によるプリント基板生産ラインの最適化に向けて協創開始

設備データを活用し、変種変量生産を最適化するソリューションを開発 JUKIと日立製作所は、このたび、電子機器の主要部品となるプリント基板の生産において、IoTを活用した生産ラインの最適化に向け、本格的に協創を開始しました。 協創の第一弾として、マウンタ(*1)や自動倉庫といったJUKIの電子・産業装置の開発・製造技術と、日立の大みか事業所(茨城県日立市)で培った高効率生産モデルや運用ノウハウなど、両社の強みを融合し、設備データを活用して変種変量生産を最適化する「プリント基板生産最適化ソリューション」を、新たに開発しました。 JUKIは、本ソリューションを、実装統合システム「JaNets(ジャネ…


速報取材レポート「JIMA2018 第9回総合検査機器展」今年の見どころ徹底解説

2018年9月26日(水)~28日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「JIMA2018 第9回総合検査機器展」。 超音波、磁気、磁粉、浸透、渦流、X線、赤外線等の技術を駆使し、さまざまな分野で人々の安全と製品の品質を支えている非破壊検査に関する最新技術が一堂に会する展示会で、2年ごとに開催されています。第8回目の今回は国内外約110社が出展、13,000人もの来場者数を見込んでいます。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。 開催概要:「JIMA2018 第9回総合検査機器展」 名称:JIMA2018 第9回総合検査機器展 会期:2018年9月26日(水)~28日(…


速報取材レポート公開!「エヌプラス2018~新たな価値をプラスする機械・素材・技術の展示会~」今年の見どころ徹底解説

2018年9月26日(水)~28日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「エヌプラス2018~新たな価値をプラスする機械・素材・技術の展示会~」。 工場設備改善のための高効率化、生産性向上を可能にし、高機能化・高付加価値化がテーマの機械・素材・技術が集まる展示会です。国内外約250社が出展、32,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。 開催概要:「エヌプラス2018~新たな価値をプラスする機械・素材・技術の展示会~」 名称:エヌプラス2018~新たな価値をプラスする機械・素材・技術の展示会~ 会期:2018年9月…


自動車業界を動かすソフトウェアとセキュリティの重要性 byゲイリー・マッグロウ(シノプシス)

メインフレームからコネクテッドカーへ ゲイリー・マッグロウ (シノプシス セキュリティ技術担当バイスプレジデント)   現代社会において、どれほどテクノロジーを否定しようとも、ソフトウェアを使わないようにすることは不可能です。ソフトウェアは、目には見えなくても、私たちが日常的に使うさまざまなものの一部として必要不可欠なものになっているからです。 現代の経済にとってソフトウェアは不可欠なものとなっていること、完璧なソフトウェアを構築するのは非常に難しいなどの理由から、ソフトウェアの不具合は、その信頼性、安全性、セキュリティ課題と切っても切れない関係になりました。 本記事では、信頼性と安…


FAセンサ市場 拡大基調が継続、半導体・工作機械・ロボット中心に伸長

人手不足と高精度生産 需要加速 FAセンサの市場が依然堅調な拡大を続けている。 半導体製造、工作機械、ロボット向けを中心に好調で、物流向けなど非製造業でも需要が増えている。IoTに代表される新たな流れのなかでFAセンサは「つなぐ」ための中核製品としての役割がますます高まっている。 少子高齢化、人手不足、人件費高騰が顕著に進む一方で、高精度、タクトタイプの短縮などFAセンサが補完するシーンは今後ますます増えることが予想され、市場はさらに拡大しそうだ。   期待高まる物流市場 日本電気制御機器工業会(NECA)の2017年度(17年4月~18年3月)の検出用スイッチ出荷額は1215億円で…


ピーアンドエフ パターン認識レーザーセンサ「SmartRunner」高精度モニタリングを実現

ドイツのセンサメーカー、PEPPERL+FUCHSの日本法人ピーアンドエフは、光切断法と2Dビジョンセンサのユニークな組み合わせにより、複雑なワークの形状認識を可能にするパターン認識レーザーセンサ「SmartRunner(スマートランナー)」をリリースした。 「マッチャー(照合)」タイプと「ディテクター(検出)」タイプの2種類があり、ワーク表面の材質や色の影響を受けずに高精度な測定、検出が可能である。基準となるワークの輪郭をティーチングし、そのプロファイルを基に他のワークと照合を行う「マッチャー」タイプは、対象物の良、不良の検出、または次工程に進める際の正確な位置や形状を照合し、次工程の確実な…