Search Results for 不良

不二電機工業 究極的半導体直流リレー 無接点化、接触不良も皆無

不二電機工業は、無接点化により接触不良を皆無とし、接触信頼性を究極的に高めた、パワー半導体を使用した制御用直流リレー「SCSR形」を12月から発売する。参考価格はリレー単体で4000円程度。5年後に年間売り上げ1億円を見込む。 新製品は、半導体素子による直流回路の確実な開閉が可能で、接点の酸化や溶着・異物混入などによる接触不良が発生しない無接点型となっている。接点摩耗による寿命の劣化がなく、長寿命化を実現している。 一般的な機械式リレーと比べ、格段に高速な動作・復帰時間の応答性と、電力規格(B-402)に適した耐ノイズ性能・絶縁性能・電圧変動対応などの優れた信頼性を有しており、PLC制御などの…


不二電機工業 次世代直流開閉器 “SemICon SwItchシリーズ” 「無接点」で接触不良ゼロ

不二電機工業の次世代直流開閉器“SemICon SwItchシリーズ”「STH形」はパワー半導体を使用し、従来の有接点の開閉器が抱えていた課題を解決している。 同製品は「無接点」であるために、接点の酸化や異物混入などの接触不良が構造的に発生しない。また、アークによる接点摩耗がないため、開閉耐久性が極めて高い。そのため、高い信頼性が求められる電力機器や産業機器など、あらゆる操作機器でメリットが大きく、従来の「有接点」方式で発生する接触不良や定期メンテナンスといった課題が多数解決できる。しかも、過電流保護機能を有し、過電流を検知すると回路を停止する安全設計になっている。 また、有接点の開閉器と異な…


接触不良が発生しない不二電機工業が無接点型半導体直流開閉器を開発

不二電機工業(小西正社長)は、パワー半導体(MOSFET)を使用することで、接触不良が発生しない無接点型の半導体直流開閉器「STHシリーズ」=写真=を開発、近く販売を開始する。 新製品は、半導体で直流回路を開閉する無接点式にすることで、接触不良を防止でき、さらに、アークによる接点の摩耗も防げることから開閉耐久性が高くなる。 また、半導体の制御回路をDC24V信号で制御することにより、遠隔地からのON/OFF信号での操作が可能で、遠隔地や高所といった場所での使用も容易になる。 システム構成により有線・無線のどちらでも遠隔操作が可能。 さらに、定格絶縁電圧は、DC600Vから1200Vまでの直流高…


【2018年年頭所感】日本食品機械工業会 会長 林孝司「創立70周年迎えさらに発展」

2018年の新春を迎え、心からお慶び申し上げます。 さて、昨年の我が国経済は、緩和的な金融環境、政府の経済対策効果もあって、個人消費や設備投資が緩やかに増加傾向をたどり、海外経済の堅調を背景に輸出が好調に推移し、大手企業を中心に企業収益が改善する等一部に明るい兆しも見えました。一方、実質賃金は伸び悩み、デフレ脱却は依然遠い等、景気の足踏み状態が続いております。10月の衆議院議員選挙では、安倍政権継続の是非が問われ、政府・与党が勝利を収めました。消費税増税、財政再建、エネルギー政策等課題が山積する中、どのような政策を打ち出していくのか注視して参りたいと考えております。 国外の情勢では、中国におい…


ヘラマンタイトン ケーブルの接続部簡単に保護、絶縁

ヘラマンタイトン(東京都渋谷区)は、ケーブル接続部の保護や絶縁を簡単に行うことができる、レジン注入式ケーブル接続部保護絶縁キット「レリコン」を12月12日から発売した。価格はオープン。 新製品は、薄青色のレジンがオレンジ色の硬化剤と混ざることで緑色に変化し、目視でしっかりと混ぜ合わさったことが確認できるため、混合不足による硬化不良を防止する。 また、漏斗などを使用せず、レジン袋に充填ノズルを取り付け、注入口から混合済みのレジンを直接流し込むことができるため、充填作業時にレジンをこぼす心配がなく、簡単に作業を行うことができる。 適用ケーブル外径はφ6.0~77.0ミリまでの8サイズで、使用温度範…


安川電機と日東精工 ねじ締め自動化装置 ロボットとの融合で開発 品質・生産性アップ

安川電機と日東精工は、多関節ロボットとねじ締めドライバを融合させた「ねじ締め自動化装置」を共同開発した。2018年に製品化する予定。 同装置は、安川電機の多関節ロボット「MOTOMAN」の先端ツールに日東精工のねじ締めツール部を取り付け、ドライバ部のACサーボモータ(安川電機)をロボットコントローラにて一括制御。ねじ供給は、日東精工の直進式ねじフィーダ「FF503H」(取り出し仕様)を使用している。 ロボットが持つ位置情報とねじ締めドライバが持つトルク情報を組み合わせることにより、ロボットがリアルタイムにねじの締め付け品質を把握。従来は検知が難しかったタップ(雌ねじ)の加工不良や、長さ違いのね…


安川電機 立体的ソリューションコンセプト「i³-Mechatronics」進化した「コト」を創造

安川電機はSCFに、「スマートファクトリーを実現する i³-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」をメインテーマに掲げ、最新のモーションコントローラやサーボドライブ、インバータ製品などを展示・実演する。 メインステージでは同社が新たに提案したソリューションコンセプト「i³-Mechatronics」や、それを実践する新工場を紹介する。 i³-Mechatronicsでは、デジタルソリューション進化させて、これまでできなかった「コト」を実現するソリューションコンセプトで、データの視える化や高効率化で高品質化、安定化などのニーズを立体的にとらえる。これを支えるソフト「YASKA…


不二電機工業 運転台選択スイッチ 高接触信頼性の設計構造

不二電機工業は鉄道技術展に、密閉構造のユニットを用いた高い接触信頼性の運転台選択スイッチ、配線付スイッチ、車掌スイッチ、保安器切換・開放スイッチ、バリアフリー対応の扉開閉表示灯、長寿命のLEDを用いた車側灯や尾灯をはじめ、可視光通信技術を使った提案製品も展示する。 スイッチ全般に共通する特長としては、接点ユニットの防塵構造によって異物の混入を防ぎ、接触不良の発生を低減している。接点の開閉機構にはカム方式を採用することで小型・軽量化を実現し、しかも標準仕様としてダブルブリッジ接点を採用することで、接触信頼性を高め、接点部分は高接圧バネの採用で振動衝撃に強く、チャタリングを防止している。 また、ケ…


JMAC 製造業IoT実態調査2017 全体構想・シナリオ必要

データ取得、活用で効率化 日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、製造業のIoT取り組み実態についてのアンケート調査を実施した。調査は2015年から3回目となり、今回の調査ではIoTの取り組みは活発化し、現場の改善を中心に進めていこうとする傾向があることが分かった。 ■製造業のIoT 取り組み状況の実態 始めに「回答者の活動の傾向」について、同社ではIoTの取り組みを3ステップに分類。IoTを導入して現場の課題を解決する「課題解決」、データを活用してスマートファクトリーを目指す「最適化」、最終段階がIoTを使ったサービス化など「価値創造」としている。 どれに取り組んでいるかを聞いたところ、…


ウシオライティング 金型監視装置

ウシオライティング(東京都中央区)は、プラスチック射出成形プロセスで、金型の破損、不良流出を防ぎ、製造ラインのサイクルアップに貢献する金型監視装置「PLUS-E PE-600」に、業界で初となる「3回監視」機能を付加させることに成功した。 「PLUS-E」は、プラスチックやダイカスト成形機の、金型からの成形品落下を監視し、残留品があれば再突出し機能によって成形機を自動復帰、あるいは停止させることで金型破損を防止。PE-600型は、高画素デジタルカラーカメラ(200万画素)を採用、業界初のデジタルカラー画像処理により成形プロセスにおける金型の高精度・高速監視を実現している。 これまでの金型監視で…