ファイバーレーザ加工機 の検索結果

村田機械、ファイバーレーザ加工機の生産性を最大限に活かすレーザソーティングローダ「FG3015TL」発売

村田機械(京都市伏見区)は、レーザソーティングローダ「FG3015TL」の販売を開始しました。 「FG3015TL」は、当社で販売しているファイバーレーザ加工機LSシリーズおよびファイバーレーザ複合加工機「LS3015HL」の高い生産性を、最大限に活かすべく新開発されたソーティングローダです。 生産現場では、ファイバーレーザ加工機の導入によって生産量、対応できる部品の数、加工の品質は飛躍的に向上しますが、加工された板金部品のジョイントバラシ、仕分け、次工程への搬送など付加価値の少ない工数も増加します。また、製品の取り外し時の裏キズによる品質低下もかねてから課題になっていました。   …


アマダHD 日立との協業で、次世代製造モデルを国内主要拠点に構築

ハンズフリー組立ナビ稼働 アマダホールディングスは、日立製作所との協創を通じてIoTを活用したヒトに優しい次世代製造モデルを国内の主要拠点に構築する。 第1弾として2020年4月までに板金加工機械を手掛ける富士宮事業所(静岡県富士宮市)、土岐事業所(岐阜県土岐市)においてハンズフリーの組立ナビゲーションシステムや生産計画立案の自動化システムなどを構築する。   現在、アマダグループはファイバーレーザ加工機や自動化対応装置といった板金事業部門の商品供給体制を整備し、欧米で生産能力の増強を推進中。さらに富士宮事業所と土岐事業所に新工場、富士宮事業所近郊にサプライヤー拠点を建設し、グローバ…


村田機械「ファイバーレーザ複合加工機」成形・タップ加工も付加、自動搬送装置も同時販売

村田機械は、ファイバーレーザ複合加工機「LS2512HL」と、ソーティング機能付き自動搬送装置「FG2512TL」を3月から販売開始した。 LS2512HLは、レーザヘッドが移動するフライングオプティクス型ファイバーレーザ加工機をベースに成形加工・タップ加工を付加した複合加工機。成形加工ユニットは皿モミ、ハーフシャー(ダボ)、バーリング加工などが可能で、タップ加工ユニットはリジットタイプでM2~M10に対応(標準)。ステーション数は4(標準)と8(オプション)が選択可能。成形金型は8ステーションで、オプションのATC(自動工具交換装置)を付加すると、最大45本まで金型を装備できる。 FG251…


アマダホールディングス 投資総額200億円、サプライヤー拠点等を建設

アマダホールディングスは、板金加工機械の開発・製造拠点の富士宮事業所(静岡県富士宮市)内に、新たな工場棟「モジュール工場」を建設する。モジュール工場では、ファイバーレーザ加工機用の基幹モジュールを生産し、生産能力を現状から倍増する予定。 さらに、同事業所の近郊に、板金加工機械の制御盤や大型部品の組み立てを行う「アマダサテライトパーク」も建設。今まで分散していたサプライヤーを同パークに集約し、富士宮事業所と連携することで、生産および物流の効率化と生産コストの低減を図るとしている。 同社は、成長戦略として取り組むファイバーレーザ加工機や自動化ソリューションの拡大に伴い、北米や欧州で新工場の建設や既…


アマダホールディングス、富士宮に新工場棟・サプライヤー拠点を建設

グローバル供給体制の確立とサプライチェーンの最適化を目指す アマダホールディングス(神奈川県伊勢原市)は、このたび、板金加工機械の開発・製造拠点である富士宮事業所(静岡県富士宮市)内に、ファイバーレーザ加工機用の基幹モジュール(※)を生産する、新たな工場棟「モジュール工場」を建設することを決定しました。 これにより、富士宮事業所における基幹モジュールの生産能力を現状から倍増する計画です。   加えて、当事業所の近郊に板金加工機械の制御盤や大型部品の組み立てを行う「アマダサテライトパーク」を建設します。これまで分散していたサプライヤーを当パークに集約し、富士宮事業所と連携することで、生…


アマダホールディングス ドバイに現地法人、直売・直サービス強化

アマダホールディングスは、UAE(アラブ首長国連邦)ドバイに販売・サービス会社のアマダ・ミドル・イースト(仮)を設立する。資本金は500万AED(ディルハム、約1億5000万円)、社員数12名。 UAEは現在、都市インフラの整備が加速しており、これに伴い地場の金属加工業の発展が見込まれている。 同社はこれまで販売代理店を通して中東地域向けの営業活動を行っていたが、市場拡大を背景に現地法人を設立することとした。 ファイバーレーザ加工機、曲げ加工機などの商品ラインアップの展開と、12月に新たにテクニカルセンターをオフィスに併設。加工技術や、機械とソフトウエアを組み合わせたネットワーク化の提案などの…


三菱電機 メカトロニクスフェア開催 新型レーザ加工機展示

三菱電機は、最新の数値制御装置、レーザ加工機、放電加工機など産業メカトロニクス製品を紹介する「三菱電機メカトロニクスフェア2015」を、3、4の2日間にわたって名古屋市東区の同社名古屋製作所内FAコミュニケーションセンターで開いた。工作機械・金型・板金・部品加工業者ら約800人が来場した。 新製品のファイバーレーザ加工機と形彫放電加工機が展示の中心で、高出力ファイバ二次元レーザ加工機「ML3015eX-F60 PLUS」は、独自のズームヘッドにより、薄板、中厚板、厚板が加工できる。高出力で生産性が高く、ランニングコストを低減でき、鋼材の自動加工に適している。 形彫放電加工機「EA12PS」は、…


三菱電機 名古屋で産業メカトロ製品展示会開催

三菱電機は11日と12日の2日間、最新のファイバーレーザ加工機、放電加工機、数値制御装置など産業メカトロニクス製品を一堂に展示する「三菱電機 メカトロニクスフェア2015 in中日本を名古屋市東区の同社名古屋製作所内FAコミュニケーションセンターで行い、約800人が来場した。 「こだわりが生んだ進化と継承革新の技術で、ものづくりは次のステージへ。」をテーマとし、先端技術や新製品、豊富なラインアップを紹介。 新発売のファイバー二次元レーザ加工機「ML3015eX-F40」、マルチユースレーザ加工機「HV2-Rシリーズ」などレーザ加工機をはじめ、高生産形彫放電加工機「EA12S」、油ワイヤ放電加工…