アマダホールディングス ドバイに現地法人、直売・直サービス強化

2018年11月7日

アマダホールディングスは、UAE(アラブ首長国連邦)ドバイに販売・サービス会社のアマダ・ミドル・イースト(仮)を設立する。資本金は500万AED(ディルハム、約1億5000万円)、社員数12名。

UAEは現在、都市インフラの整備が加速しており、これに伴い地場の金属加工業の発展が見込まれている。

同社はこれまで販売代理店を通して中東地域向けの営業活動を行っていたが、市場拡大を背景に現地法人を設立することとした。

ファイバーレーザ加工機、曲げ加工機などの商品ラインアップの展開と、12月に新たにテクニカルセンターをオフィスに併設。加工技術や、機械とソフトウエアを組み合わせたネットワーク化の提案などのサービス活動を強化し、直販と直サービスの体制を構築していく。

営業開始は12月予定。