コンベア の検索結果

オプテックス・エフエー コンベア一体型ラベル検査システム「HVS-CVシリーズ」インラインでラベルを全数検査

オプテックス・エフエーは、FOOMAで賞味・消費期限の印字チェックを行う印字検査カメラや、食品表示ラベルの検査装置など、食品製造における品質向上に貢献するFA製品をPRする。小間番号は7A-07。 このうち、食品ラベル印字をインラインで全数検査するコンベア一体型ラベル検査システム「HVS-CVシリーズ」と、食品ラベルの表記内容を卓上で簡単に抜き取り検査できる卓上ラベル検査システム「HVS-LCシリーズ」が最注目製品。 「HVS-CVシリーズ」は、500万画素カラー高解像度のOCRカメラで、一括表示ラベルに印刷された商品名、原材料表示、日付、価格、バーコードなどの表記情報を安定して読み取る能力を…


ヤマハ発動機 ロボットコンベア「LCM100」搬送ラインの速さ・停止位置を制御が自在に

IoTやインダストリー4.0で高度化された工場、スマートファクトリーに向け、生産装置として産業用ロボットが多く採用される一方、搬送工程はいまだに「一定速度で一方向に流すだけ」のコンベアが主流。大量生産時代から考え方が変わっていない。もしコンベアで往復運動、速度や停止位置の制御が自在にできれば、今までの生産ラインを劇的に効率化できる。それを可能にしたのが、ヤマハ発動機のリニアコンベアモジュール「LCM100」だ。 同社は、単軸ロボットから、XY制御の直交ロボット、3軸のスカラロボット、6軸・7軸のアーム型の多関節ロボットまで、フルラインアップしている世界でもユニークなロボットメーカー。ユーザーの…


最大で230℃まで対応NKEが耐熱仕様コンベア

NKE(京都府長岡京市馬場図所27、TEL075―955―0071、中村道一社長)は、最大230℃まで対応可能な、耐熱仕様のコンベア「CSSK70耐熱コンベア」=写真=を発売した。 CSSK70は、最大230℃までの高温部品を搬送することができる耐熱コンベア。 アラミド繊維にフッ素樹脂をコーティングした平織りタイプのベルトに、裏面蛇行防止柵を取り付け、安定走行を実現した。 ベルト厚さは0・363ミリ。搬送面色は茶色。搬送質量は最大15キログラム。搬送速度(m/sec)0・440~0・031。 同社では、平ベルトコンベア、特殊ベルトコンベア、タイミングベルトコンベア、プラチェーンコンベア、ローラ…


ハーティング 新小型産業用コネクタ、データインサート追加

ハーティング(横浜市港北区)は、新小型産業用コネクタ「Han1Aシリーズ」に、パワー・信号用のインサートに加え、データインサートを追加、9月から販売開始する。 Han1Aシリーズは、従来品で最も小さいサイズのHan3Aより、さらに30%小型化しており、防塵防水性が最大でIP65、耐衝撃と耐振動性、また耐薬品性と難燃性を兼ね添えたコネクタ。 モジュラー構造のため、用途に応じて構成することができ、共通のハウジングに電力・信号と、今回追加となるデータ用の幅広いインサートを用意している。 データ用は100Mbpsと10Gbpsイーサネット用の2種類で、シールドによって高い伝送性能を有している。部品によ…


【世界の現場を巡る】シュナイダーエレクトリック ル・ヴォードライユ工場、世界最先端の工場に選ばれたスマートファクトリー

工場の役割は“最小の投資で最大の効果を出すこと”。製造業ビジネスのなかで工場の役割は「生産」であり、受注→生産→出荷のサイクルを円滑に回し続けることが最低限求められる。 良い工場は、そこからさらにカイゼンを通じて、納期の短縮や不良削減、原価低減、製品・サービスの向上など投資対効果を高め、最終的には生産工程から利益創出につなげている。IoTやロボット、AIなど先端技術を使った「スマートファクトリー」は、それを実現するためのステップのひとつ。今ある工場が目指すべき姿である。 このほど世界経済会議が選んだ世界の最先端工場「Lighthouse」、いわゆるスマートファクトリーのひとつに選ばれた仏・シュ…


オリエンタルモーター 東京でフェア開催、モータの最適制御を提案

オリエンタルモーターは6月20日、東京・蒲田の大田区産業プラザPiOでプライベート展示会「オリエンタルモーターフェア」を開催した。今回は展示方法をユーザーの用途に合わせたデモ機を中心とするアプリケーション展示へとガラリと変え、新たなモーターの使い方の紹介が好評だった。 会場には「運ぶ」「つかむ」「塗布」「圧入」「巻取り」「微細送り」「温度管理」のアプリケーションエリアを設け、それぞれにブラシレスモーター、ステッピングモーターを使ったコンベア搬送や昇降機、多関節ロボット、ロボットハンド、圧入機などのデモ機を設置。タクトタイムの短縮、装置の小型軽量化、低騒音化、稼働状況の可視化、予知保全、省エネ、…


ジック 2D LiDARセンサ2機種、高速スキャン 高分解能両立

ジック(東京都中野区)は、高速スキャンと高分解能を実現する2D LiDARセンサ「LMS4000」2種類を発売した。 新製品は600Hzの高速スキャンにより、ハイスピードのベルトコンベアにも対応し、ギガビットEthernetにより即時にデータを伝送することができる。センサのスキャンポイント数は毎秒50万4600ポイント、角度分解能0.0833。の高密度の測定データによって、正確な位置検知、および重心の計算が可能。FOVは70°で、計測測定レンジは0.7~3メートルと、高さのあるオブジェクトの検知、検査にも利用ができる。   また、別途レーザー光源を用意する必要がなく、一台で位置検知や…


東朋テクノロジー 設備予兆診断システム開発、保全コストの削減実現へ

東朋テクノロジー(名古屋市中区)は、設備の異常を早期に検知する設備予兆診断システム「Foresight」を開発、販売を開始した。同社がライセンス契約を締結している米国GPMS社のソフトウエアを使用、診断アルゴリズムで高精度な予知診断が行える。 ギア・シャフト・ベアリングから構成される減速機、コンベア、かくはん機、工作機械などの回転機構を診断可能。 設備の状態を常時監視することで、設備の状態変化から故障につながる異常を早期に検知し、危険率がしきい値を越えるまでの残存寿命を通知、ダウンタイムの最小化・保全コストの削減を実現する。 振動解析のトレンドと故障の危険率から稼働時間単位の残存寿命を算出する…


速報取材レポート「第5回 インターフェックス 大阪 -医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展-」見どころをいち早くお届け

2019年2月20日(水)~22日(金)の3日間、インテックス大阪で開催中の「第5回 インターフェックス 大阪 -医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展-」。医薬・化粧品に関する専門技術展です。製剤設備、測定・分析装置、検査機器、クリーン製品、包装機械・資材、受託サービス、IT、物流サービスなどあらゆる製品が一堂に出展。今回は国内外200社が出展し、10,000人もの来場者数を見込んでいます。 本ページでは展示会の概要とともに注目ブースを写真満載でお届けする展示会速報取材レポートをお届けします! 展示会速報取材レポート掲載内容 株式会社JRC 6軸協働ロボットにより、熟練技術者の手技を再現可能…


速報取材レポート「第23回 機械要素技術展(M-Tech)」日本ものづくりワールド2019

2019年2月6日(水)〜8日(金)の3日間、東京ビッグサイトで中の「日本ものづくりワールド2019」。 製造業の「短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウン」に寄与することを目的に開催される総合展示会で、合計7つの展示会で構成されます。 第30回 設計・製造ソリューション展(DMS) 第23回 機械要素技術展(M-Tech) 第27回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR) 第1回 ものづくりAI/IoT展 第1回 次世代3Dプリンタ展 第1回 航空・宇宙機器 開発展(AeroTech) 第1回 工場設備・備品展(FacTex) 今回は国内外2,600社が出展、90…