ヤマハ、リニアコンベアモジュールがドイツデザイン賞

LCMR200とTRICITY300

ヤマハ発動機の搬送システムのリニアコンベアモジュール「LCMR200」とフロント二輪のコミューター「TRICITY300」が、国際的に権威のあるドイツのデザイン賞「iFデザインアワード」と「Red Dot Award: プロダクトデザイン2021」を受賞した。

「LCMR200」は、高速で高精度な動きを実現するリニアモータとワークを載せて搬送するスライダからなる、モジュラー構造のリニアコンベア。独立動作するスライダ上で組立作業しそのまま搬送でき、スペース効率を大幅に向上、高い生産性を実現する。

ライン構築の自由度が高く、迅速に生産変更ができる。省配線化したモータドライバ内蔵の薄型一体構造のモジュール本体は、アルマイト処理したアルミニウム製で、周辺の工場設備と美しく調和したデザインになっている。

https://www.yamaha-motor.co.jp/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る