リコー 「RICOH RLシリーズ」発売 ピッキングから組み付けまで1台で自動化

2016年3月16日

リコーインダストリアルソリューションズ(横浜市港北区、中田克典社長執行役員)は、部品のピッキングから組み付けまでの作業を自動化できる、2Dと3Dの併用型ピッキングシステム「RICOH RLシリーズ」を発売した。 同製品は、アームロボットに産業用ステレオカメラ「RICOH SV-M-S1」を搭載。独自の3D認識技術とロボット制御技術を組み合わせ、10ミリサイズ角の小型部品などさまざまなサイズの部品をピッキングから組み付けまで自動化できる。 また、2D(輝度)の形状認識と3D(視差)の位置計測を自動で切り替えることができ、部品の正確な位置をすばやく計測して、連続ピッキングが可能。 さらに、リードの…