ヤマザキマザック 三重に最先端新工場 生産性5割向上

ヤマザキマザックは、三重県いなべ市に、IoTと自動化を組み合わせた最先端の新工場「いなべ製作所(仮称)」を建設する。総投資額は200億円を計画している。

同社は、最先端のロボット技術を応用した無人化システムや、最新のCNC装置搭載の5軸・複合加工機、工場全体の一元管理を可能にする米国標準規格「MTコネクト」対応の新工場管理ソフトを導入した次世代工場「iSMART
Factory」化を進めている。現在、大口工場と米国工場で先行しており、いなべ製作所はその集大成となる。

既に建設用地として、三重県いなべ市員弁町に土地を取得済みであり、16年度中に着工。今後3、4年かけて段階的に稼働し、現在桑名市にあるヤマザキマザック精工から生産機能を移管。19年度中の全面稼働を予定している。

新工場は現工場比約2倍の延べ床面積で、航空機など各産業で高まる工作機械の大型化のニーズに対応した大型工作機械の生産工場となる。物流の最適化、IoT活用によるスマートファクトリー化と自動化で生産性を5割向上させるとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG