【インダストリー4.0】山田太郎の製造業は高度な情報産業だ!(3)

2015年11月18日

前回の連載では、ドイツ視察においてBMW、ダイムラー、ジーメンス、ボッシュ、SAPなどの民間各企業から見えてくる今後のIndustry4.0の方向性について触れてきた。本稿では、特にドイツ全体でのIndustry4.0への取り組みについて、日本との違いも含めて指摘・提言していきたい。 ドイツでは、メルケル首相が議長を務めるITサミットの中の一つのプロジェクトとしてIndustry4.0が位置づけられている。ITサミット自体が面白い実用的な試みであり、ここで政治家や政府機関、経営者、労働団体、教育・研究機関などが一堂に会し、ドイツの課題に即したITのあり方についての方向性を共有している。日本も少…