IoT、インダストリー4.0 世界の最先端ものづくり革新事例

2015年11月11日

IoT、インダストリー4.0、インダストリアルインターネットに対し、日本企業はどのように対応していけばよいのか。またそれに対応することでどんなメリットが生まれ、新たなビジネスにつながっていくのか。GEやシーメンス、ボッシュをはじめ、世界でも最先端のものづくり革新に取り組んでいる企業の動向をまとめた。 10月28日に行われた経済産業省の産業構造審議会新産業構造部会の資料「欧米企業の動向」では、GEやシーメンス、ボッシュなど主要企業の「ものづくり革新(BtoB)」における事例を紹介している。 同資料によると、米・GEは予知保全プラットフォーム「Predix」を開発し、自社工場だけでなく、電力や石油…