河村電器産業 データセンターラック「G-Class」 阪神大震災の1.25倍の揺れに耐える

2014年8月27日

河村電器産業は、阪神・淡路大震災の地震波の1・25倍の揺れに耐える堅牢構造を採用した高耐震荷重データセンターラック「G―Class」を販売、好評を博している。 幅700ミリタイプの場合、地震波1000gal、耐震荷重840キロ、許容荷重1000キロを達成している。 コンセントバーを2本並列で設置できるスペースをラック背面に確保、サーバの出し入れや通路確保など、作業のしやすい270度開閉も実現している。 ラック内の冷却効率と配線作業を考慮し、底面開口を大きく開けている。 既設ラック(NDタイプ)との連結もOKで、天井金具を使って新旧タイプを連結すれば、既設ラックの横にも増設できる。 ラックオプシ…