富士電機 ワイヤレスクレーン制御システム「eXLhoistシリーズ」 SIL3の高い安全性実現

富士電機は、押しボタンと制御盤(受信機)間の配線を不要とするワイヤレス押しボタンスイッチを出展する。最長100メートルの遠隔操作が可能(中継アンテナを使えば最長300メートル)で、押しボタンスイッチ(送信機)は押す力で自己発電するため、電源が一切不要。

また、ワイヤレス押しボタンは22の一般的な押しボタンと互換性がある取り付けのため、設置も簡単である。専用のモバイルケースも準備され携帯性にも優れる。

新たに発売するクレーン制御用の「eXLhoist(エクセルホイスト)シリーズ」も展示。

送信機は片手で操作でき、無線式の非常停止ボタンを装備し、SIL3の高い安全性を確保。しかも、クレーンの過負荷、加速を作業者にバイブレーションで知らせる機能も付き、また送信機は落下時に自動停止する安全設計となっている。Bluetooth low energyを採用し、安定した通信が可能。

送信機はバッテリー式で、15分充電で30時間使用でき、バッテリー寿命も5年間とロングライフを実現している。

公式サイト>>> http://www.fujielectric.co.jp/fcs/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG