生活支援ロボットの国際安全規格「ISO13482」発効

2014年2月5日

生活支援ロボットの国際安全規格「ISO13482」が発効された。この規格は、経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2009年度から実施している「生活支援ロボット実用化プロジェクト」で得られた、生活支援ロボットの安全性に関する成果を日本からISO(国際標準化機構)に提案し、国際安全規格として採用されたもの。これにより、生活支援ロボットは国際安全規格に基づいた認証を取得できるようになり、今後の生活支援ロボットの開発や普及に向けた取り組みの進展が期待されている。(関連記事3面) 少子高齢化社会が急速に進む中で、高齢者の介護などの生活支援分野でのロボット技術活用に期待が寄せられて…