三菱電機組み立てラインに適用可能な柔軟物ハンドリング技術開発作業ミス自動検知・複旧技術も

2011年3月9日

三菱電機は、人でしか組み立てが困難であった電機・電子製品の自動組み立てを実現する次世代ロボット生産システムのプロトタイプを開発、3日に同社先端技術総合研究所でデモンストレーションが行われた。このロボット生産システムを駆使することにより、生産ラインの最終組み立て工程を全て自動化することが可能となる。 同社は、エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクトに参加し、「柔軟物も取り扱える生産用ロボットシステム」の研究開発を進めてきた。 このほど、専用の小型3次元ビジョンセンサとその応用技術を開発し、これまで人でしかできなかった柔軟物の組み付けの自動化を実現し…