タイ の検索結果

日東工業 タイに盤の新工場建設、製販一貫体制を確立

日東工業とタイ・BANGKOK SHEET METAL PUBLIC(BM社)の合弁会社、NITTO KOGYO BM(THAILAND)(NBT社)は、タイ・アユタヤ県に工場を建設する。2020年11月に稼働する予定。 日東工業は、15年3月にタイにおける内資型販売会社として、NITTO KOGYO TRADING(THAILAND)(現NBT社)を設立、キャビネットの輸入販売、現地生産の配・分電盤販売を行ってきた。17年11月には販路拡大を目的に日東工業とBM社で株主間契約を締結し、共同でNBT社の事業を行っている。 今回、NBT社がタイ市場への本格参入を図るため、工場を建設することにした…


日本航空電子工業、サーフェスマウントタイプの垂直レセプタクル追加

日本航空電子工業は、USB Type-Cに準拠した「DX07シリーズ」に、サーフェスマウント(SMT)タイプの垂直レセプタクルを追加した。販売中のType-Cレセプタクルコネクタ、プラグコネクタ、ケーブルハーネスと併せて「DX07シリーズ」として提供する。 標準インターフェース規格として幅広く普及が進むUSB Type-Cコネクタは、垂直レセプタクルの用途が増加しており、厚い基板から薄い基板までさまざまな基板厚への対応が求められている。 新製品は、基板のどこへでも実装可能な垂直タイプで、基板の厚さに関わらず実装できる、端子を全て表面実装で固定するSMTタイプを新たに開発。プラグの表裏方向を気に…


シュナイダーエレクトリック HTML5に対応、シンクライアントタイプ産業用ディスプレイ

シュナイダーエレクトリックは、HMI(プログラマブル表示器)「Pro-face by Schneider Electric」ブランドから、シンクライアントタイプの産業用ディスプレイ「STW6000シリーズ」を10月18日に発売した。 新製品は、管理を容易にするためブラウザーに特化したシンプルなディスプレイが欲しいという声や、工場などの環境に適した仕様のものが欲しいというニーズに応えて開発されたディスプレイ。Webサーバー搭載の産業機器やパソコンアプリケーションなどの監視・操作が行えるHTML5対応ブラウザーを搭載し、過酷な現場での用途を考慮した、保護構造IP65Fの耐環境性と堅牢性を備えている…


横河電機 商用産業環境で初、モジュール・タイプ・パッケージ規格利用

横河電機は、特殊化学品メーカーのEvonik社が主導するパイロットプロジェクトで、シーメンスやEvonik社などとの協業により、商用産業環境で初となるモジュール・タイプ・パッケージ(MTP)規格を利用した。 現在の化学業界は、生産の柔軟性の拡大、市場投入までの時間の短縮などの課題を抱えており、これらに対応するため、ドイツのプロセス業界オートメーションシステムユーザー団体のNAMURにより、適応性のあるモジュール型プラントにおける通信と接続の問題を解決するMTPが開発された。 MTPは、プロセスモジュールまたはパッケージユニットについて標準化された仕様を提示し、オートメーションシステムの効率的な…


日本モレックス Type-Cコネクター、ストレートタイプのリセプタクル追加

日本モレックス(神奈川県大和市)は、USB Type-Cコネクターおよびケーブルファミリーに、新しくストレートタイプのリセプタクル製品を追加した。 最大10Gbpsの伝送速度に対応し、IoTやウェアラブルデバイス、高速データI/Oアプリケーションに適したUSB Type-Cコネクターおよびケーブルファミリーは、USB3.1規格に準拠しており、USB Type-Cリセプタクル、USB Type-Cプラグ、USBケーブルで構成されている。 リセプタクルとプラグは5.0A電源に対応し、給電用途として利用した場合、マイクロUSB2.0の電流定格1.8Aと比較してバッテリー充電時間を64%短縮することが…


横河電機 リアルタイムOSコントローラ「e-RT3」

リアルタイムに安定動作実現 横河電機は、レンジフリーコントローラ「FA-M3V」、リアルタイムOSコントローラ「e-RT3」をはじめ、制御用途に応じた機種をラインアップしている。 「e-RT3」は、ボードとPLCの強みを融合した次世代コントローラ。 堅牢性・リアルタイム性・安定性を特徴に組み込みデータベース機能を搭載できるため、組み込みコントローラとしてだけでなく、従来パソコンが担っていた製造工程管理用コントローラとしても使え、安定動作と高信頼性を確保した製造工程管理が可能になる。 また、最新モデルとして販売している「e-RT3 Plus」は、Linux OSを搭載しており、「Accessib…


ユニバーサルロボット、協働ロボットUReシリーズに16kg可搬の中量タイプ発売

可搬重量16kgの協働ロボットを発表 名古屋ロボデックス展で初公開  ユニバーサルロボット(本社:デンマーク、社長:Jürgen von Hollen)は、可搬重量16kgの協働ロボットの新製品「UR16e」の発売を開始した。UR16eは可搬重量が16kg、900mmのリーチと+/-0.05mmの位置繰り返し精度を併せ持っており、重量物の搬送やハンドリング、マシンテンディングなどの自動化に最適となっている。  同社Jürgen von Hollen社長は「各メーカーは、昨今の不安定な経済情勢下で競争力を保つために柔軟なソリューションを求めています。UR16eは、重量物を扱う作業を協働ロボットで…


工場新設・増設情報 8月第3週 イワミ村田製作所、バンダイスピリッツ、東ソー、島津製作所など

【国内】 ▶︎イワミ村田製作所 既存棟(島根県大田市)の生産設備の増設と、同所から東に5キロメートル離れた波根地区工業団地に新たに用地を取得、新生産棟を建設する。電子機器の高機能化、自動車の電装化による中長期的な需要の増加に対応するため、積層セラミックコンデンサの生産能力拡大を目的としている。 新生産棟の延床面積は、2529平方メートル(地上4階建て)、着工は8月、竣工は2020年5月を予定。総投資額は47億1000万円(新生産棟の建設と新生産棟・既存棟の生産設備投資含む)。   ▶︎BANDAI SPIRITS バンダイホビーセンター(静岡市葵区)の敷地内に、国内外で高まっているガ…


三菱電機 高精度サーマルダイオード赤外線センサー、人や物の行動を把握

三菱電機は、人・物の識別や行動把握が高精度で行えるサーマルダイオード赤外線センサー「MelDIR(メルダー)」を、11月1日から発売する。 新製品は、陸域観測技術衛星2号「だいち2号」に搭載の同社が設計・製造したサーマルダイオード赤外線センサー技術を活用し、高画素化・高温度分解能化を実現している。 サーマルダイオード赤外線センサーの画素部に、半導体プロセスで支持脚を形成することで細線化し、単位面積当たりの画素数を増加。これにより、従来と比べて10倍の高画素化を可能にした。 また、サーマルダイオードと高性能アンプを同一基板内に形成し距離を縮めることで、発生する電磁ノイズを最小化。電磁ノイズによる…


ハーティング 新小型産業用コネクタ、データインサート追加

ハーティング(横浜市港北区)は、新小型産業用コネクタ「Han1Aシリーズ」に、パワー・信号用のインサートに加え、データインサートを追加、9月から販売開始する。 Han1Aシリーズは、従来品で最も小さいサイズのHan3Aより、さらに30%小型化しており、防塵防水性が最大でIP65、耐衝撃と耐振動性、また耐薬品性と難燃性を兼ね添えたコネクタ。 モジュラー構造のため、用途に応じて構成することができ、共通のハウジングに電力・信号と、今回追加となるデータ用の幅広いインサートを用意している。 データ用は100Mbpsと10Gbpsイーサネット用の2種類で、シールドによって高い伝送性能を有している。部品によ…