スプリング式 の検索結果

東洋技研 スプリング式コネクタ縦型端子台「PCXVシリーズ」 42%の大幅な省スペース化

産業用端子台の大手である東洋技研は、システムコントロールフェア(SCF)に、「効率をNewする」のコンセプトで、端子台をはじめ、新BOXターミナル、コネクタターミナルなど同社の誇る配線接続製品群を一堂に展示・披露する。ブースは西1ホールS1-19。 このうち、スプリング式コネクタ縦型端子台「PCXVシリーズ」は、同社の長年蓄積された技術を盛り込んでおり、究極の省スペースを実現した新製品。 3.5ミリピッチで、縦型にしたことで同社の「PCX-1H40」に比べ32ミリ、42%短縮化しており、大幅な省スペースを実現している。 また、配線接続時に、結線バネ開閉用ボタンを押すことで、結線バネが開閉するた…


ワゴジャパン 「POWER CAGE CLAMP」 圧着端子不要のスプリング式に大型タイプを追加

ワゴジャパンのWAGO「POWER CAGE CLAMP(パワーケージクランプ)」は、圧着端子を使用せず太線を結線できるスプリング式端子台。従来は、6~35平方ミリ、10~50平方ミリ、25~95平方ミリの3機種をラインアップしているが、新たに50~185平方ミリに対応する大型タイプ285-1185を追加した。 スプリングによるダイレクト結線を実現しており、電線をむき出せば圧着端子不要でダイレクト結線できる。工具も六角レンチで作業できるため、太線の線端処理に必要な油圧工具などが不要となるため作業性に優れ、トータルコストを削減できる。 ねじがないため結線後もゆるむことがなく、通電による温度変化で…


配線接続機器 スプリング式端子台が普及 コネクタ、ネット用増加

端子台、コネクタなどの配線接続機器は、電気機器の入出力を支える機器として重要な役割を果たしている。国内市場規模は、端子台が約500億円、コネクタは約4500億円となっている。 端子台は、薄型化や省スペース化、インテリジェント化、狭ピッチ化、再生可能エネルギー分野ではDC高耐圧化などが進んでいる。取り付け方法では、プリント基板取り付けから、DINレール取り付け、直付けなど、用途によって使い分けされている。国内では、圧着端子を使用したネジ留め式が主流となっているが、圧着端子を使わないで、配線をそのまま端子台に差し込んで配線するスプリング式の市場が拡大している。日本配電制御システム工業会でもその有効…


各社の配線接続機器主力品 東洋技研3.5ミリビッチスプリング式コネクタ端子台「PCXシリーズ」コモンタイプなど機種追加

東洋技研は、3・5ミリピッチスプリング式コネクタ端子台「PCXシリーズ」が盤の小型化設計に好評のため、新たに3Mハーフピッチコネクタ搭載のPCX―10Sシリーズ5機種とPCX―コモン端子台シリーズ6機種を追加した。 新発売のPCX―10Sシリーズは、定格電圧50V、定格電流0・5A。住友スリーエム製ハーフピッチコネクタ20極、26極、36極、40極、50極の5種類を搭載している。 PCX―コモン端子台シリーズは、定格電圧125V、定格電流10A。端子極数は22極、36極。コモンタイプは下段マイナスCOMに上段プラスCOM、全極マイナスCOM、全極プラスCOMを用意している。 PCXシリーズは、…


話題の製品ファイル東洋技研3.5ミリピッチで小型化に貢献スプリング式コネクタ端子台

配電盤・制御盤の小型化を図るため省スペースの接続機器が求められているが、接続機器大手の東洋技研が発売した3・5ミリピッチスプリング式コネクタ端子台「PCXシリーズ」は、大幅な省スペースのほか、独自のレールへのロック機構により固定金具が不要である特徴も兼備しているため、作業の効率アップにつながると早くも好評である。 新発売の3・5ミリピッチスプリング式コネクタ端子台「PCXシリーズ」(40極、50極)は、同社のねじ式40極の寸法176ミリに比べ101ミリ小さい75ミリになっている。50極も同様に216ミリから92・5ミリへ大幅な縮小を実現している。 また、独自開発のロック機構は製品をレールに取り…


配線接続機器主要各社の重要製品 ワゴジャパンスプリング式端子台「TOPJOB Sシリーズ」ヒューズホルダ機能を搭載

ワゴジャパンは、好評発売中のスプリング式端子台「TOPJOB Sシリーズ」に、ヒューズホルダ機能を搭載したタイプを追加した。薄型6・2ミリピッチの端子台にヒューズホルダを搭載することで、制御盤などにヒューズを省スペースに実装できる。ヒューズホルダはヒンジが付いたピポッド式で、ヒューズホルダを持ち上げることで回路が遮断される。ホルダのフタを開けると、自動的にヒューズが引き出されるため、感電の恐れがなく素早く安全に交換ができる。ホルダには各1個ずつ予備ヒューズを格納でき、交換時間を短縮しダウンタイムの削減が可能。欧州の安全規格やUL規格に適合しており、特に輸出案件に好適。 電線接続部は、単線または…


取り付け後の固定金具が不要 東洋技研 57%の省スペース実現 スプリング式コネクタ端子台発売

接続機器大手の東洋技研(長野県岡谷市長地権現町4―8―7、TEL0266―27―2012、花岡孝社長)は、同社の7・62ミリピッチ・ねじ式コネクタ端子台と比べ約57%の省スペースを実現し、さらに独自のレールへのロック機構により固定金具が不要の3・5ミリピッチスプリング式コネクタ端子台「PCXシリーズ」=写真=を発売した。配電制御システムなどの小型化ニーズに対応することから、今後同シリーズの製品陣容を順次強化する。インターフェイス用コネクタ端子台はPLC、ボードコンピュータ、FA用パソコンなどの中継用ターミナルとして需要が増加している。 同社では、これまで、端子台ピッチ5ミリ、7ミリ、7・62ミ…


鉄道技術展主要各社の出展製品 フエニックス・コンタクトスプリング式端子台「STシリーズ」振動に強く車輌向けに最適

フエニックス・コンタクトは、鉄道技術展にヨーロッパにおける鉄道業界の実績を元に、車輌・信号設備・駅舎でのアプリケーションをフォーカスした展示・紹介する。 車輌用のアプリケーションでは、各国で豊富な鉄道実績を誇るスプリング式端子台STシリーズや、高機能かつ耐久性の高いスイッチング電源や産業用UPSのQUINT POWERシリーズ、その他車輌内ネットワークや分散制御システムのオートメション製品等、コンパクトで振動や温度環境に強い製品を展示する。 信号設備用、すなわち鉄道信号・踏み切り等のアプリケーションでは、迅速かつ確実な圧接式端子台のQTシリーズや防塵防水コネクタのHeavyconシリーズ、屋外…


鉄道技術展主要各社の出展製品 フエニックス・コンタクトスプリング式端子台「STシリーズ」 振動に強く車輌向けに最適

フエニックス・コンタクトは、鉄道技術展にヨーロッパにおける鉄道業界の実績を元に、車輌・信号設備・駅舎でのアプリケーションをフォーカスした展示・紹介する。 車輌用のアプリケーションでは、各国で豊富な鉄道実績を誇るスプリング式端子台STシリーズや、高機能かつ耐久性の高いスイッチング電源や産業用UPSのQUINT POWERシリーズ、その他車輌内ネットワークや分散制御システムのオートメション製品等、コンパクトで振動や温度環境に強い製品を展示する。 信号設備用、すなわち鉄道信号・踏み切り等のアプリケーションでは、迅速かつ確実な圧接式端子台のQTシリーズや防塵防水コネクタのHeavyconシリーズ、屋外…


配線作業性高まる 端子台、次々と新アイデア「付加価値」創出へ

人手不足対策で脚光 端子台に注目が集まっている。日本全体に広がっている人手不足対策の一つとして、端子台の配線作業性を高めようという動きが強まっているからだ。 IoTや5Gなどの言葉に代表される「つながる・つなげる」流れの中で、端子台が果たす役割は増している。端子台の作業性や使いやすさ、信頼性向上に向けた開発への取り組みは着実に進められており、社会を裏から支える端子台の評価はさらに高まりそうだ。   日本市場安定した需要 端子台の市場は、2018年前半は産業全体が堅調な拡大を続け、さらに社会インフラ投資も活発であったことから繁忙を極めた。後半に入って米中貿易摩擦の影響などから中国を中心…