フエニックス・コンタクト Push-Xテクノロジー端子台「XTVシリーズ」軽く挿入するだけでロック 【FA特集各社紹介】

フエニックス・コンタクトはこのほど、次世代接続技術であるPush-X(プッシュ-エックス)テクノロジーを搭載した端子台「XTVシリーズ」をリリースした。

XTVシリーズは、マウストラップ構造により、電線を軽く挿入するだけでロックがかかり、力を入れずに接続が可能になっている。この新技術により、工具不要で、より簡単な接続が実現する。 

また、電線を接続した際に、オレンジ色のプッシュボタンが稼働することで、目視による接続確認が出来る。対応電線は単線やフェルールを圧着した撚り線だけでなく、裸撚り線でも接続が可能であり、画期的な全く新しい端子台となっている。この新テクノロジーによって、手動配線はもちろん、将来の自動配線の両方に活用することができる。

サイズ展開は、裸撚り線の場合、適用電線1・5~10㎟のXTV6、2・5~16㎟のXTV10、4~25㎟のXTV16の3つのラインアップを取り揃えている。

 また、従来のPush-in式PT端子台やスプリング式のST端子台など、異なる接続方式の端子台とも、ブリッジバーやマーキング部材などのアクセサリの共用が可能となっている。

https://www.phoenixcontact.com/ja-jp/push-x-technology

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG