ifa の検索結果

「iFactory」プロジェクト、異業種8社が連携 医薬品のオンデマンド生産実現へ

医薬品製造において、現在のバッチ型と連続合成法を組み合わせたモジュール型の製造設備「iFactory」の開発、普及させることに取り組んでいるプロジェクトに4月から新たに3社が加わり、「iFactory」として株式会社を設立した。 iFactoryは、システムキッチンのような汎用性の高いシステムファクトリーで、原料の変更や生産品目の変更に応じてユニットの種類や配置の製造ラインを再構成し、必要な製品を必要な分量だけ生産できる柔軟なオンデマンド商用生産の実現を目指している。 装置の再構成と配管の繋ぎ変えが容易にできることに加え、固体と液体の混合物の反応・精製や固体の乾燥など、固体の単位操作も可能なこ…


アドバンテック 世界最小組込みコンピュータ 「UNO-2271G」 iFactory実現へ貢献

産業用PCで世界シェアナンバーワンのアドバンテックは、スマート工場EXPO2017に出展、パートナー企業であるエイプス社、FAプロダクツ社、NWC社、日伝社、パナソニック社、三菱電機社とコラボレーションし、iFactory実現に貢献するソリュージョンデモ展示を行う(小間番号・E25-4)。 展示ではAdvantech Embedded Automation PC「UNO-2000シリーズ」を中心としたソリューションを紹介。「UNO-2271G」はカードサイズの世界最小組込みコンピュータで、「UNO-2484G」はパフォーマンスが最適化され、わずか7.9インチでサイバーセキュリティTPM2.0を…


アドバンテック「グローバルに最適提案」古澤 隆秋iFacotry Sector Director

2016年も顧客に高い評価を頂き、順調に業績を伸ばすことができた。特に日本法人は成長率30%以上を記録、全世界23拠点の中でNo1の実績達成と成長を示せた。SCF2015の出展も実を結び、徐々に認知の広がりを実感している。 17年はグローバルに組織を一新、「iFactoryセクター」を立ち上げ、顧客視点の「Holacracy」な組織にしていく。従来の製品軸の縦割り組織ではなく、窓口担当が責任を持って全製品・サービスを提供し、業界顧客を中心に据えてグローバルに最適な場所で意思決定と実行を行う。大手企業様とのビジネスを深耕していくために、メーカー同士の情報連携や共同マーケティングにも着手したい。機…


産業用LED照明各社の主力製品 IDEC LUMIFA LG1H形 必要な場所に最高の配光

IDECは、高出力LEDデバイスと独自の光学技術により、工場、倉庫内の最適照明環境を実現した、高天井用LED照明「LUMIFA LG1H形」を好評発売中である。 同社独自の内部専用リフレクタと拡散用カバー、さらに制御技術により不快な眩しさやギラツキである「グレア」を軽減した。 また、明るさを保持しつつ、工場や倉庫内作業に最適な照明環境を実現するため、正面輝度を30万cd/平方メートル以下、UGR値を25未満に抑えている。 消費電力は、水銀灯との比較で55~60%削減。節電とランニングコスト削減に貢献する。 明るさ(光束)は天井高別に、水銀灯250W相当、同400W相当、メタルハライドランプ40…


アドバンテック&IIJ 産業IoTで協業、プラットフォーム国内展開

アドバンテックとインターネットイニシアティブ(IIJ)は、アドバンテックがグローバルで提供している産業分野向けIoTプラットフォーム「WISE-PaaS(ワイズパース)」について、日本国内のビジネス展開で協業する。 IIJのセキュアなネットワークとクラウドサービスを組み込んだ日本市場向けの新たなサービス「WISE-PaaS JP」を開発し、20年1月から提供開始する。 WISE-PaaSは、生産設備や産業用コンピュータ等からデータをリアルタイムに収集して状況を可視化し、稼働率把握や遠隔監視、予兆保全等を可能にするプラットフォーム。IIJは閉域ネットワークを活用したIoT向けに高セキュリティなネ…


三菱電機 比にFA販売会社、事業の強化図る

三菱電機は、経済成長が著しいフィリピンでのFAシステム事業強化の一環として、同社の子会社であるセツヨーアステックと、FA機器の現地販売代理店インテグレテッド・ファクトリ・オートメーション(IFA社)との3社共同出資により、メルコ・ファクトリーオートメーション・フィリピン(マニラ市)を5月に設立する。 IFA社の販売代理店事業を統合し、6月から新たな体制でFA製品の販売・サービスを開始。2025年度には、フィリピンでのFAシステム事業の売上高30億円を目指すとしている。 フィリピンのFA市場は、電機・電子・食品産業を中心に堅調に推移しており、積極的な社会インフラ投資によって、今後もさらなる成長が…


三菱電機、フィリピンにFA製品販売会社を設立

三菱電機は、経済成長著しいフィリピンにおける FAシステム事業強化の一環として、同社の子会社であるセツヨーアステックと、FA機器の現地販売代理店Integrated Factory Automation(IFA社)との3社の共同出資により、MELCO Factory Automation Philippines Inc.(メルコ・ファクトリーオートメーション・フィリピン)を設立する。 IFA社の販売代理店事業を統合し、6月から新たな体制で、同社FA製品の販売・サービスを開始。これにより、2025年度にフィリピンでのFAシステム事業の売上高30億円を目指す。   新会社設立の狙い フィ…


速報取材レポート「CEATEC JAPAN 2018」見どころや出展社一覧をいち早くお届け

2018年10月16日(火)~19日(金)の3日間、幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2018(シーテック ジャパン 2018)」。アジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会です。 今年のテーマは、CPS/IoTを活用し、経済発展と社会的課題の解決を両立する「超スマート社会(Society 5.0)」の実現を目指すこと。国内外約700社近くが出展、160,000人もの来場者数を見込む、2018年注目の展示会の一つです。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします! 速報取材レポート掲載内容 株式会社ローソン アプリ認証・決済店舗デモ、検品ソリュー…


自動車サイバーセキュリティについての 4つの重要な質問と回答 <前編>

セキュリティストラテジスト マイク・ピッテンジャー 「カーハッキング」というのは興味深い話題であり、私たちの生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。ハッカーが、ナビゲーション支援の改変や車両通信の無効化によって移動を邪魔する方法を学んだら、私たちの生活や経済に対する影響は計り知れないものとなる。 現代の自動車は使用されているコードの数が指数関数的に増えており、自動車サイバーセキュリティの問題を軽視することはできません。今日では、1台の新車に100万行以上のコードが使用されていることもあります。このようなコードはいずれも、利便性(ドライバーアシスタンス)やエンターテインメント(インフォテインメ…


【寄稿】Black Duck Software「100の治療より1の予防」後編

効果の期待できないオープンソースのセキュリティおよび管理が、世界中に広まっています。 昨年、Black Duckのオープンソースリサーチ&イノベーションセンター(COSRI)では、M&A取引のために監査された、1000以上のアプリケーションについての分析を行いました。COSRIの監査分析により、アプリケーションの96%がオープンソースソフトウェアを含んでおり、それらアプリケーションの60%以上が既知のオープンソースセキュリティ脆弱性を含んでいることが明らかになりました。 注目すべきは監査対象となった金融業界向けアプリケーションの60%に、ハイリスクで未解決になっている脆弱性が含まれていたという…