ケーメックス インクリメンタルエンコーダ 分解能設定が可能

2017年2月8日

  ケーメックス(東京都千代田区、亀田茂子代表取締役)は、分解能の設定が可能なFRABA社製磁気式インクリメンタルエンコーダ「UCDシリーズ」を日本で販売開始した。 磁気式エンコーダは、小型で耐環境性に優れるなどの特徴を持つ。しかし、一般的には光学式と比べ精度、応答速度が劣り用途により使い分けがされている。FRABA社はホールセンサシステム、32ビットマイコン、信号処理ソフトにより、磁気式の特徴をもちながら、光学式エンコーダと遜色ない性能、分解能、精度、応答速度を可能にしている。 同製品の特徴として、はプログラマブル機能が挙げられる。Wi-Fi対応のスマートフォン、タブレットまたはノ…