idec の検索結果

IDEC プログラマブル表示器、ハイパフォーマンスタイプを刷新 15インチタイプ新発売

IDECは、プログラマブル表示器のハイパフォーマンスタイプのリニューアルと、15インチの大画面を搭載した「HG5G-V形」を3月29日から発売した。ラインアップ追加により、コンパクトサイズからハイパフォーマンスタイプまで、用途に応じたプログラマブル表示器を選ぶことができる。 今回リニューアルしたハイパフォーマンスタイプは、高解像度と高輝度なバックライトを搭載し、IPS液晶の採用によって高い視認性を実現。従来製品と比べてメモリ容量が約4倍、CPUの性能向上による処理能力が2倍以上となり、スムーズな処理を行うことができる。 HG5G-V形は、樹脂の筐体とスリムベゼルを採用しており、軽量化や小型化に…


IDEC 人事異動

IDEC(4月1日付) [執行役員人事] ▽国内営業担当 兼 中国事業推進担当 兼 国内営業本部本部長(中国事業推進担当)執行役員 河中泰治 ▽開発担当 兼 品質保証担当 兼 開発本部本部長 兼 製品開発統括部統括部長 兼 機器製品開発部部長(品質保証担当 兼 品質保証センター部長)執行役員 松本敦 ▽技術開発担当 兼 開発本部副本部長 兼 技術開発統括部統括部長(商品開発担当 兼 商品開発本部本部長)執行役員 錦朋範 ▽執行役員 APEM担当 兼 APEM SAS CEO(APEM インダストリアルオペレーション 兼 クオリティーエンジニアリング バイスプレジデント)マルク・アンジャルベール…


IDEC ISO13850対応、φ30非常停止スイッチガード

IDECは、φ30の非常停止用押ボタンスイッチ「XN1E」用スイッチガードを、3月18日からグローバルで発売開始した。 スイッチガードは、各種機器に設置した非常停止用押ボタンスイッチの誤操作を防止するもので、従来は半導体製造装置で使用される緊急遮断用EMOスイッチのみスイッチガードの使用が認められていた。2015年の国際規格ISO13850の改定により、半導体製造装置以外の工作機械や食品機械、その他一般機械でも条件付きでの使用が認められ、同社ではこの規格に対応し、φ16とφ22のスイッチガードの販売を行っている。 今回、φ30のスイッチガードを追加したことにより、使用シーンに合わせて選択するこ…


IDEC 独・ワイドミュラーと提携、プッシュイン端子台販売

5年後30億円の売上目指す IDECは、独の端子台大手メーカー、ワイドミュラー社のばね材を使ったプッシュイン接続方式端子台の販売で3月1日提携した。 ワイドミュラーのDINレール取付端子台「Klippon」(約5000品種)の日本での独占販売を2019年7月から開始する。また、プッシュイン接続方式端子台採用のPLCや操作用スイッチ、制御用リレー、安全リレーモジュールを7月から順次発売する。2024年までにプッシュイン関連製品で30億円の売り上げを目指す。 日本では操作用スイッチやPLC、ブレーカなどの配線接続では、ねじ端子を使った方式が主流となっているのに対し、ねじを使用しないで指先で配線を差…


IDEC 東京センサを吸収合併、事業効率化図る

IDECは、子会社の東京センサ(東京都江東区、霜越明社長、資本金1000万円)を2019年4月1日付で吸収合併し、東京センサは解散する。グループの安全・安心ソリューションビジネスの一翼を担う東京センサを吸収合併することで、製造・販売および技術開発等の一体運営による効率化を図るのが狙い。 東京センサは1983年8月設立で、従業員数は28人。安全対策として使用されるテープスイッチやエッジスイッチ、バンパースイッチ、マットスイッチなどを自社で開発し販売している。売上高は約6億円。 18年7月にIDECの完全子会社になり、安全・安心ソリューションビジネスを担ってきた。 ロボットの安全へ静電容量センサ技…


IDEC ソレノイド付安全スイッチ サイズは最小、強度は世界最強クラス

IDECは2月8日から、世界最強クラスのロック強度5000Nで世界最小サイズを実現したソレノイド付安全スイッチ「HS1T形」を発売する。 新製品は、従来機種「HS1L形」のロック強度3000Nから5000Nに強化し、サイズは体積比で70%減と大幅にスリム化。ロック強度3000N以上のクラスでは世界最小サイズを実現した。 ヘッド部分を外さずに回転させるHEAD回転機構を採用し、3ステップで簡単にアクチュエータの挿入方向を変更可能。これによりどの方向からでも取り付けでき、ヘッド部分の脱落防止やねじ止めなどの工数削減効果もある。   また危険エリアに取り残された際の安全装置として内側からロ…


【各社トップが語る2019】IDEC、グローバル戦略を推進

代表取締役会長兼社長 舩木 俊之 日本経済を取り巻く環境は先行き不透明になっている。いま問題になっている米中の貿易摩擦に対しては、当社では回避する方策をとっており影響は少ないが、むしろ中国の市況が心配である。 今期の業績では、2017年に買収した操作用スイッチのAPEM社の業績が伸長し、大きな追い風になっている。欧州では今期からAPEMと一体となって当社製品を販売しており、米国もAPEMのルートで今年から本格的に販売していく。 いままでグローバル戦略を日本で考えていたが、今後グローバルマーケティング本部機能の一部を海外に移管する。まずは、海外売上比率の高いPLCのマーケティング本部を米国に置き…


IDEC、あらゆるシーンで活躍するCMOSレーザセンサ「SA1Q形」新発売

優れた堅牢性と耐環境性を実現! IDECは、堅牢性と耐環境性を備えた、対象物までの距離で検出するCMOSレーザセンサ「SA1Q形」を12月17日(月)より発売いたします。 クラス最多となる制御出力(NPN/PNP出力、アナログ出力、IO-Link出力など)を揃えるとともに、出力方式ごとに310mmと110mmの2種類の検出距離に対応した製品をラインアップ、合計10機種の中から活用シーンに応じた最適な製品をお選びいただけます。 また、IoTのキーテクノロジーとなるIO-Linkに対応した機種をラインアップしており、プログラマブルコントローラと接続することで、故障する前に不具合を通知する「予知保全…


IDEC イオナイザ「SC1P形」クラス最高レベルの高速除電

IDECが2018年5月から販売開始した静電気トラブルをクリーンに解決する「SC1P形イオナイザ」は、軽量でかつ広範囲に均等なイオンを高速に送り出す。現場状況に合わせた風量調整や自在な設置も可能で、さまざまな用途で利用されている。現在、テスト機の無料貸出も行っている。 ワイドタイプは、ライン生産方式などの広いスペースを高精度に除電可能。基板や精密機器、成形品や金型、包装フィルムの除電に用いられる。 コンパクトタイプは、除塵フィルターによるホコリ付着の低減も実現。ホコリを嫌う組立工程やセル生産方式の精密機器、パーツフィーダなどの設備に適している。   特長は、プラズマクラスターで除電時…


IDEC 東京センサ製品を販売開始、安全機器ソリューション拡充

IDECは、11月21日から東京センサ製品の国内販売を開始した。同社は2018年7月に、テープスイッチの専業メーカーである東京センサの株式を取得してグループ会社化した。 東京センサは、長さを自由に変えられるテープスイッチや、その応用製品の専用外被をかぶせて検知対象物への保護機能を持たせたエッジスイッチ、クッション性を持った接触・衝突検知用のバンパースイッチ、マット状にセンサを配置したマットスイッチなどを製造販売し、安全と防犯を求めるユーザーに提供。 自社開発の強みを生かして、カスタマイズ化の要求に対しても、柔軟かつタイムリーな対応でシェアを拡大している。   IDECは、機械安全用の…