ethernet の検索結果

日東精工 単軸ねじ締めユニットIoTモデル発売、EtherNet/IP対応

日東精工(京都府綾部市)は、産業ネットワークEtherNet/IPに対応した単軸ねじ締めユニットを、10月1日から発売した。 同ユニットは、高速・高精度処理が可能なPLCを搭載したコントローラを新たに開発し、産業ネットワークの拡充と多種多様なプログラム構築を可能にしている。 新コントローラは、サーボ昇降式の単軸ねじ締めユニット専用のコントローラで、オプションの操作盤機能とペンダント機能を併せ持つティーチングペンダントを使用して、ねじ締め機の動作パターンやねじ締めドライバの設定を柔軟に操作できる。 また、近年成長を続けている産業ネットワークのEtherNet/IPに対応し、PCなど上位機器と接続…


オプテックス・エフエー EtherCATとEthernet/IP対応、ネットワーク通信ユニット同時発売

オプテックス・エフエー(京都市下京区)は、ネットワーク通信ユニットUC1シリーズに、EtherCAT規格に対応する「UC1-EC」と、Ethernet/IP規格に対応する「UC1-EP」を追加、3月10日に同時発売した。 UC1シリーズは、オープンフィールドネットワークに同社のファイバセンサやレーザ変位センサを接続できる通信ユニット。ネットワーク上でセンサの管理が行えるため、センサの遠隔操作や、これまで手作業で行っていた受光量、測定値のモニタ、設定値のバックアップなどを簡単に行うことができる。 また、ファイバセンサと変位センサを混在させた接続が可能。ファイバセンサD3RF/D3WFシリーズを直…


産業Ethernet フィールドバスを逆転、IoT・デジタル化が追い風

産業ネットワークの変遷(HMS、産業ネットワーク調査レポート分析) Ethernet/IPとPROFINET 躍進 いま製造業は「つながる」がキーワード。機器同士、機器と人、現場と事務所、工場同士など、関わる人・モノをネットワークでつなぎ、最適な生産体制の構築が進められている。 そのつながるインフラのベースとなるのが「産業ネットワーク」。IoTやスマートファクトリーが声高に叫ばれるようになったここ数年で大きく変化している。   産業ネットワークは、フィールドバス、フィールドネットワークとも言われ、PLCやセンサ、モータなど製造現場の制御機器をつなぎ、情報のやりとりの基盤として生まれた…


産業用 Ethernet 成長維持、フィールドバスとの差拡大

EtherNet/IPとPROFINETシェア 僅差に 「産業機器のネットワークへの接続は2019年も継続し、新規設置ノード数は10%増加する」という予測が、HMSネットワークスがまとめた「2019年版産業用ネットワーク市場シェア」で明らかになった。 また、グローバル市場で、産業用Ethernetが18年の新規設置ノード数の59%を占め、17年の52%から7ポイント上昇して、17年に逆転したフィールドバスとの差をさらに広げた。フィールドバスは17年の42%から35%に低下し、初めて減少した。 ネットワーク別では、EtherNet/IPが17年と同じ15%のシェアで、最も多く設置されたネットワー…


ジック Ethernetエンコーダ「AFS60/AFM60」センサと通信機能を兼備

ジックはFAセンサの総合メーカーとして、あらゆる用途に対応できる方式のセンサをそろえている。 現在販売に注力しているEthernetエンコーダ「AFS60/AFM60」は、フィールドバス統合用のアクティブなウェブサーバとファンクションブロックの両方を備えている。 モーションコントロールの位置を検出するセンサ機能により、その情報を制御回路内の制御装置やサーボ変換器に送るとともに、エンコーダの稼働時間を正確に把握でき、その測定データにより、設備の故障予知などが可能になることから、生産のダウンタイムを防ぐことが可能になる。   また、装置内に温度センサが設置されている場合には、エンコーダに…


ワゴジャパン、産業用 EthernetスイッチにPoE対応モデルを追加

産業用 Ethernetスイッチ PoE対応モデル「852シリーズ」 ワゴジャパンは産業用Ethernetスイッチ「852シリーズ」に、PoE(Power Over Ethernet)給電機能搭載モデルを新たにラインアップ追加、発売した。 PoEは小型カメラや無線LANルータの接続などで普及が進んでいるが、産業用途でも配線作業の省力化を実現できる技術として利用が拡大している。 同社のEthernetスイッチ「852シリーズ」は金属筐体でノイズに強く、電源接続用コネクタに振動に強くゆるみのないCAGE CLAMPスプリング式コネクタを搭載するなど、産業用途での高い信頼性を実現している。 また、D…


日本モレックス、最大5つ同時接続可能なEtherNet/IP用ゲートウェイを発表

日本モレックス(神奈川県大和市)は5月29日、Modbus(モドバス)シリアルプロトコル上でPLC(プログラマブルロジックコントローラ)とフィールドデバイスを接続するEtherNet/IP用のゲートウェイ製品「EtherNet/IP-Modbusシリアルゲートウェイ」を発表しました。 ▲EtherNet/IP-Modbusシリアルゲートウェイ   「EtherNet/IP-Modbusシリアルゲートウェイ」の利用に際しては特別なトレーニングや経験、従来型の複雑な設定ツールが不要なため、迅速な導入と費用効果の高いソリューションを提供します。 Modbusは米Modicon社がPLC用に…


ODVA TAG Japanが年次総会 Ethernet普及に貢献

ODVA TAG Japan(松本英俊代表)は「第21回年次総会」を、東京・大崎のゲートシティホールで3月1日開催し、2017年度活動報告、18年度活動計画などを審議し、承認した。 総会では、松本代表が最近の活動状況を報告し、「最近の市場調査によると、産業用ネットワークの中でEtherNET/IPがシェアを伸ばしており、トップを維持している。また、Ethernet系のネットワークの採用が増え、フィールドバスと逆転している。17年11月に出展したSCF(システムコントロールフェア)では、過去最高のブース来場者があった。また、DLRのコンフォーマンス試験が今春から日本でも実施する予定で、利用しやす…


ジック Ethernetエンコーダ「AFS60/AFM60」センサと通信機能を兼備

ジックはFAセンサの総合メーカーとして、あらゆる用途に対応できる方式のセンサをそろえている。 現在販売に注力しているEthernetエンコーダ「AFS60/AFM60」は、フィールドバス統合用のアクティブなウェブサーバとファンクションブロックの両方を備えている。 モーションコントロールの位置を検出するセンサ機能により、その情報を制御回路内の制御装置やサーボ変換器に送るとともに、エンコーダの稼働時間を正確に把握でき、その測定データにより、設備の故障予知などが可能になることから、生産のダウンタイムを防ぐことが可能になる。 また、装置内に温度センサが設置されている場合には、エンコーダにより温度監視・…


HMS調べ 産業用ネットワーク市場シェア 成長著しいEthernet 初めてフィールドバス上回る

HMSインダストリアルネットワークスは、2018年版の産業用ネットワーク市場シェアの分析結果を公開した。FA分野の新規設置ノード数において、産業用Ethernetが52%、フィールドバスが42%となり、産業用Ethernetがフィールドバスのシェアを初めて上回り、大きな転換期となった。17年に最も多く設置されたネットワークはEthernet/IPで、PROFINET、PROFIBUSが続いた。また近年注目されている無線ネットワークについても、市場シェア6%まで広がっている。   設置最多はEthernet/IP ■産業用Ethernet-産業用IoTで成長 産業用Ethernetはフ…