3m の検索結果

3M、ミニ・クランプコネクタシリーズ ワイヤーマウント コモンソケット Y分岐コネクタ販売開始

3Mは、e-con準拠であるミニ・クランプコネクタシリーズの新製品「3M ミニ・クランプコネクタシリーズ ワイヤーマウント コモンソケットY分岐コネクタ」の販売を開始しました。 ▲パネルマウントタイプ 新製品は、ミニ・クランプのプラグコネクタを2つ接続することで、1対2分岐ができるソケットコネクタです。 投受光センサ、シリンダスイッチのようなペアで使うセンサの配線における電源の分岐などの用途を想定しており、特殊加工をせずに信頼性の高い分岐配線が設計できる上、結線作業時間を短縮できるといったメリットがあります。 また、AWG20-26をカバーし、フリーハンギングの標準タイプとパネル固定のパネルマ…


ミマキエンジニアリング、「UCJV300 Series」に「LUS-200」インク搭載、「3M MCS 保証プログラム」適応を開始

ミマキエンジニアリング(長野県東御市)は、現在販売中の「UCJV300-160」および、販売を開始する「UCJV300-75/107/130」に対して、『LUS-200』インクの搭載を2018年7月より開始いたします。  今回、「UCJV300 Series」に搭載可能になる『LUS-200』インクは2013年に当社と3M社が協力して開発したUV硬化インクです。すでに当社のプリンタに搭載し、ご好評いただいております。 『LUS-200』インクは、3M社が推奨する方法で施工することで、最長6年間の長期屋外対候性保証が受けられる『3M MCS 保証プログラム』※1 が適応されます※2。 施工後のメ…


住友スリーエム 全株を米3Mが買い取り

住友スリーエムは、住友電気工業が25%保有する同社全株式を9月1日付で、合弁相手の米3M社が買い取ることになった。買い取り額は900億円。 これに伴い、同社は3Mの100%グループ会社となり、同日付で社名も「スリーエム ジャパン」に変更する。 住友スリーエムは1961年、住友電気工業、日本電気(NEC)から25%ずつの出資を受け、3Mとのジョイントベンチャーとして設立された。03年には3MがNECの保有する25%の株式を取得しており、現在は3Mが株式の75%を保有していた。 3Mの会長・社長兼最高経営責任者のインゲ・G・チューリン氏は「住友スリーエムは、3Mの中で最も成功を収めているグループ会…


CC-Link協会 3Mが幹事会社にFAコネクタ分野で活動

オープンフィールドネットワーク「CC―Link協会」(CLPA)の新幹事会社に、5月12日付けで米国・スリーエム社(3M)が加わった。 3Mは、米国ミネソタ州セントポール市に本拠地を置く世界的化学・電気通信材メーカー。FA産業機器向けコネクタの大手メーカーでもあり、これまでもCLPAのレギュラー会員として、テクニカル部会やマーケティング部会などに参加し、CC―Linkファミリーの仕様策定、普及に取り組んできた。 特に、パワークランプコネクタはCC―Link通信用推奨コネクタとして、リンクコネクタはCC―Link/LT用標準コネクタとして採用され、またe―CONに準拠したミニ・クランプコネクタは…


FA・制御機器 生産・販売終了品情報【2021年3月3日版】

オムロンは、2022年3月末で生産を終了する製品のリストを更新した。 https://www.fa.omron.co.jp/product/closed/newitem 給電ユニット「形C200H-APS03」、給電ケーブル「形C200H-CN111」「形C200H-CN211」は、2022年3月に生産を終了する。最終受注は2022年3月末、最終出荷は2022年6月末、修理対応終了は2029年3月末。推奨代替品はなし。 感震装置「形D7H-A1」は2022年3月に生産を終了する。 最終受注は2022年3月末、最終出荷は2022年6月末、推奨代替品は「形D7H-B1」となる 電子カウンタ「形H7…


オンラインイベント&ウェビナー情報【2021年2月19日版】

■安川電機、i3-Mechatronics World  i3-Mechatronicsによってスマートファクトリーを実現するデータ活用をテーマに、2月28日まで開催する。顧客やパートナー企業のスマート工場の実現に向けた取り組み等を紹介している。 https://www.e-mechatronics.com/lp/i3mw/ ■ジャパンユニックス、高信頼性はんだ付と自動化ウェビナー  3/2〜4に開催。内容は、自動車・車載産業の高信頼性の要求を満たすはんだ付、量産導入を実現する最先端レーザーはんだ付とX線CT検査装置、量産ラインにて高信頼性を実現するはんだ付工程ほか。 http://cp.ja…


【寄稿】オプテックス・エフエー、業界初16チャンネル・NPN対応IO-Linkマスタ開発について

オプテックス・エフエー株式会社 センサ営業部 センサレベルでのデータ活用を通じて、生産現場のIoT化を実現するIO-Link通信。ここでは、あらためてIO-Link通信の概要とメリット、機器の役割を紹介しながら、FAセンサメーカーの立場で現状の課題を解決すべく開発したIO-LinkマスタURシリーズを紹介したい。   IO-Linkとは IO-Linkは、センサやアクチュエータをデジタル信号で上位のネットワークに接続する産業用インタフェース規格(IEC 61131-9)である。これまでは一つひとつ手作業で管理していたセンサやアクチュエータの情報を、上位の管理者に提供することで、生産現…


不二電機工業が組織再編、「営業」と「技術」の連携強化

不二電機工業は、2021年2月1日付けで、「技術営業部」を「営業部」と「技術部」に分離し、技術営業部の下にある「営業チーム」「技術チーム」「製品戦略チーム」の機能を各部に再編する。 また、製品開発の強化を目的に、営業部と技術部を横断する「企画開発クロスファンクショナル・チーム」(企画開発CFT)を新設する。同部は、市場分析や顧客潜在ニーズの探索に基づいた製品企画、新技術要素を付加した製品開発を営業部と技術部と連携して推進する。 【人事異動】 ▽営業部長(技術営業部長)常務取締役執行役員・技術営業部門統括 藤居和義 ▽新旭製造部長(草津製造部長)取締役執行役員・生産部門統括 兼 3Mエンジニアリ…


日本モレックス 基板対基板用フローティングコネクター、嵌合時の誤差・ズレ吸収

日本モレックス(神奈川県大和市)は、嵌合時の誤差やズレを吸収する、0.4mmピッチSlimStack基板対基板用フローティングコネクターに、嵌合高さ3.00mmの「FSB3シリーズ」を追加した。 新製品は、XYZ軸にプラスマイナス0.3mmのフローティングレンジを備えることで、基板にコネクターを実装する際に生じる位置ズレを吸収することが可能。適度なフローティング力により、シンプルな組み立てプロセスとなり、嵌合時の作業も容易。衝撃や振動の影響も軽減するため、基板の損傷や不具合の防止も可能となる。 また、125℃の高温対応のため、耐熱性が必要なアプリケーションや、最大6Gbpsの高速伝送にも対応。…


オプテックス・エフエー 高機能IO-Linkマスタ「UR-MS16DT」

CC-Link IE Fied/TSN対応 オプテックス・エフエーは、CC-Link IE FieldとCC-Link IE TSNに対応した高機能IO-Linkマスタ「UR-MS16DT」を発売する。 当機は、業界初となるNPN/PNP入出力のデバイス機器を当機上で混在して接続が行え、チャンネルごとにIO-Link/NPN入出力/PNP入出力を自由に割り付け可能。IO-Link最小サイクルタイムは、業界最速の0.3msと高速応答を実現した。 さらに、業界初となるFPGAによるIO-Link通信処理により、業界最多16チャンネルを実現し、当機一台あたり16台のデバイス機器との接続が行え、クラス…