Search Results for 無線

横河電機 IIoT向け小型無線センサー 第一弾は振動・温度センサー内蔵

横河電機は、プラント内のさまざまなデータを収集してIIoTを実現する、通信機能とセンサー機能が一体となった小型無線センサー「Sushi Sensor(スシセンサー)」を開発した。その第一弾として、振動と温度の両センサーを内蔵した無線センサーを2018年3月から発売する。販売目標(国内のみ)は18年度2000台、19年度4000台。 新製品は、耐環境性が要求されるプラントに導入できる、屋外設置可能なIIoTに適した小型無線センサーで、振動と温度を測定できる。プラント設備の振動と表面温度をオンライン監視することで、設備異常の早期発見や故障の予知などのプラント保全に貢献する。 長距離通信を実現する通…


国際電業 無線フットスイッチ二連式「TRJB-1W-2」医療&産業機器用に最適

国際電業は、SCFに医療機器、産業機器の安心と安全性をアシストする商品群をアピールする。 このうち、国産初の無線フットスイッチである二連式の「TRJB-1W-2」を出展し、医療現場でニーズが高まっている無線式のメリットをPRする。 CT装置、X線装置などの診療・治療装置のケーブルが、医療行為を妨げたり、断線の危険性を高めたりしているため、無線化の要求が多くなっている。 今回の製品はこうした要求に応えるもので、無線方式にBluetooth方式を採用、電波の信頼性が高く、安心して利用できる。動作範囲は10メートル。 その他に、フットスイッチの可能性を同社独自の方向性で展開する事例として、無線機器メ…


オプテックス LPWAに対応した IoT無線ユニット

オプテックスは、既存のセンサーデバイスやスイッチなどに接続することでIoT対応の機器として活用できる、無線ネットワークLPWAに対応したIoT無線ユニット「ドライコンタクトコンバーター」を11月15日から発売する。 新製品は、人検知センサーや温度センサーなどのさまざまなセンサーデバイスやスイッチと容易に接続が可能。接続機器の出力データをLPWA通信によってネットワーク上のサーバーに転送することでIoTシステムを実現する。しかも電池駆動のため、すぐにIoT対応機器として活用できる。 低価格・省電力・長距離伝送の無線通信規格Sigfoxに対応。IP65の高い防水防塵構造により、屋外でも安心して使用…


ラピスセミコン 無線通信LSI LPWA2方式に対応

ラピスセミコンダクタは、IoT無線通信の新分野として期待される低電力広域通信のLPWAに最適な無線通信LSI「ML7404」を開発した。業界で初めてSIGFOXとIEEE802.15.4kの2つのLPWA方式に対応するLPWAデュアルモードを実現している。 SIGFOXはヨーロッパを中心に30カ国以上でサービス実績があり、今春から首都圏でサービスインしている。IEEE802.15.4kは国際標準規格で、直交性を持った拡散符号によるDSSSが特長で、他の拡散無線通信方式に比べて同一システムの妨害波耐性が高く、より多くの端末をネットワーク傘下に収容できる特長がある。 ML7404は両規格に対応し、…


横河電機SIL2の販売開始ヘ 無線ガス検知システム 安全度水準SIL3に対応

横河電機は、安全度水準SIL3対応の安全計装システム「ProSafe-RS R4.03.10」を開発し、これを用いた「ProSafe-RS SIL2無線ガス検知システム」の販売を9月から開始する。価格は760万円から、年間販売目標は海外を含め2018年度100システム。 生産制御、安全計装、およびフィールド無線のエンジニアリング、コンサルティングのスキルを持つ同社が、安全度水準SIL2に対応した無線ガス検知システムをトータルで提供する。 このシステムは、同安全計装システム、同社のISA100 Wirelessフィールド無線システムと警報器、および業界で唯一、安全度水準SIL2に対応した、独・ガ…


TransferJetコンソーシアム 超高速近接無線通信 国際標準規格化

TransferJetコンソーシアム(東京都港区)は、そのプロモータ企業であるソニー・日本無線・日本電信電話・東芝の4社と協力し、アメリカに本部を持つ電気電子学会IEEEにて規格化活動を行い、韓国ETRI(韓国電子通信研究院)の協力を得て、10Gbpsを超える超高速近接無線通信IEEE802.15.3eの国際標準規格化を完了した。 TransferJetコンソーシアムは、通信したい機器同士を直接かざすだけで通信が行えるTransferJet技術を適用した幅広いアプリケーションを開発するという共通の目標の下、国際的な企業が集まり2008年に設立した一般社団法人。規格策定、コンプライアンステストプ…


【提言】IoTの泣き所『1マイル通信』やっと実現したIoT無線通信技術【LPWA】〜日本の製造業再起動に向けて(28)

IoT(モノのインターネット)という言葉は、今世紀最大のバズワードとして全世界に定着した。IoT時代の到来で、『スマートシティー』『スマート工場』に始まり『スマートハウス』や『スマート家電』など、何でもかんでも『スマート』が大流行である。 生活の中でも、『盗難対策で、自分の自転車をIoTで監視したい』とか、『おじいちゃんのお元気を常に知りたい』『ペットが迷子になったらすぐ探したい』など数多くの現実的な要望が生まれている。しかし、インターネットに接続された『IoT自転車・IoTおじいちゃん・IoTペット』は普及していない。何故であろうか? 意外なことに、従来の無線通信技術がIoTとの調和が悪く、…


理化工業 無線温度センサ変換器「NWS-Mini」 汎用センサに接続可能

理化工業はFOOMAに、新型温度調節計、無線温度センサ、携帯用温度計、ピーク電力抑制器など温度にかかわるソリューションなどを多数展示する。小間番号は6R-03。 新製品の無線温度センサ変換器「NWS-Mini」は、汎用の温度センサ(K熱電対)に接続することで、簡単に無線温度計測システムが構築できるもの。 接続できるセンサは、同社の貼付型温度センサST50シリーズや、市販のシース型K熱電対など、さまざまなK熱電対式温度センサが可能で、最大6台まで対応可能。また、設置方法も金属面設置(マグネット内蔵型=オプション)や、ストラップ設置などが選べる。 無線周波数帯は、2402~2482MHzで、通信距…


富士通 IoT向けアドホック無線通信装置を発売

富士通は、920MHz帯無線を使い、BLEセンサー対応の無線通信装置としては国内で初めて、歩行移動しながらでも自律的にネットワークを構築できる機能を搭載したIoT向けアドホック無線通信装置「FUJITSU Network Edgiot(エジオット)AHシリーズ」と、「AHシリーズ」で収集したデータをクラウドへと中継するゲートウェイ装置「FUJITSU Network Edgiot GW1100」を開発。 これらの製品を、クラウド型のIoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」を組み合わせたIoT向け無線システムとして、5月8日から提…


フエニックス・コンタクト 産業用ワイヤレスⅠ/Oシステム「Radioline」独自無線技術でIoT対応

フエニックス・コンタクトは、産業用ワイヤレスI/Oシステム「Radioline」の販売を開始した。 Radiolineは、独自に開発した無線技術「Trusted Wireless 2.0」を利用した産業用ワイヤレスI/Oシステムで、長距離・高共存・セキュリティが特徴。 使い方は、本体前面のダイヤル操作だけで簡単にワイヤレス接続の設定や信号の送信/複製を行うことができる。ネットワーク構成はポイントツーポイント、スター、メッシュの3種類で、数キロメートル以上の長距離伝送や、帯域、チャネルブラックリスト機能、周波数ホッピング技術などにより高共存性を実現し、多チャネル通信が可能。 また、128ビットの…