無線 の検索結果

横河電機 無線圧力センサ、保全用監視を自動化

高圧レンジ、耐環境性の確保 横河電機は、産業用IoT向け無線ソリューション「Sushi Sensor(スシセンサ)」のラインアップとして、35メガパスカルまでの圧力測定が可能な高圧レンジの無線圧力センサを開発し、12月4日から国内販売を開始した。 Sushi Sensorは、通信機能と振動、温度、圧力センサ機能を備えた小型無線センサのデータを、オンプレミスまたはクラウド上に保管し、AIなどを使った設備異常の予兆検知を可能にするソリューション。 今回発売の高圧用センサは、化学や鉄鋼などのプラントにおいて、大部分の測定箇所の保全用圧力監視が可能。液体や気体に接する部分には耐腐食性の素材を採用し、高…


NICTとトヨタ自動車、製造現場における無線システム安定化技術の実験に成功

無線可視化と異種システム協調制御で“止まらないライン”実現 NICT(情報通信研究機構)とトヨタ自動車は、製造現場で使われる無線システムの安定化技術の実験に成功し、「止まらない生産ライン」を実現した。 工場内はさまざまな電波が飛んでおり、時にはそれがノイズとなって遅延や障害発生の原因になる。無線の伝播状況を見える化し、干渉のないように設計して運用することでトラブルを避けられるが、①電波は目に見えない ②電波を発する電子機器はさまざまあり、人が持ち込むような予期せぬ電波もある ことから、高精度なものづくりを志向する現場では、無線の有効性は理解されつつも、その利用が敬遠されることが多かった。 それ…


日立産機システム 産業用無線ルータ、振動・衝撃に対応

日立産機システムは、LTE通信に対応するアンテナ内蔵のコンパクトな産業用無線ルータ「CPTrans-MEW」を、12月から販売開始する。 産業用機械は、使用される場所が多岐にわたり、稼働時間も長く、厳しい使用条件が必要とされることが多くある。そのため新製品は、マイナス20〜プラス60℃の使用温度範囲と、産業機械の振動・衝撃に対応した設計で、産業現場や移動する装置・機械への組み込みに適している。 LTE通信および無線LAN用のアンテナを内蔵し、質量85グラムと軽量でコンパクトな手のひらサイズのため、既設の装置・機械や、フォークリフト、工事車両などの移動する機械にも設置することができる。 装置・機…


ハイテクインター、耐重塩害仕様の屋外用長距離無線、4.9GHz利用で最高速度200Mbpsのネットワーク構築を安価に実現

ハイテクインター(東京都渋谷区)の扱う4.9GHz屋外用長距離無線機器「PTP670シリーズ」は、全国的に通信キャリアや地方自治体に利用されている。 昨今、新型コロナウイルスの影響で日本全国からテレワークを実現したいというニーズが増えているが、離島や山間部では回線が細く、光ファイバーを敷設したくても山間部では「物理的にケーブル敷設ができない」、離島では「海底ケーブルを引くため数億円規模の莫大な費用が掛かる」などの問題がある。 同社は、屋外用長距離無線「PTP670シリーズ」の発売開始以来、こうした課題を解決してきており、同シリーズは「時間と費用を掛けずにネットワーク構築が可能」な屋外用4.9G…


太陽誘電 Bluetooth5.2対応 無線通信モジュール、使用温度上限105℃に向上

太陽誘電は、Bluetooth5.2に対応した無線通信モジュール「EYSPBNZUA」(10.0×15.4×2.0ミリメートル)を商品化し、8月から量産を開始した。 センサーノードなどのIoT関連機器は、小型でバッテリー容量が限られていることから、消費電力が少ないBluetoothが多く採用されているが、高温環境下での使用やLED照明のような発熱を伴う機器では、耐熱性が問題となることがある。 新製品は、使用温度範囲の上限を従来品の85℃から20℃向上し、マイナス40〜プラス 105℃まで対応可能な無線通信モジュール。工場や屋外に設置するセンサーノードなどのIoT関連機器やLED照明などのオフィ…


5Gで民主化する無線通信

この数年「民主化」という言葉が流行している。と言っても政治や国家体制の話ではなく、テクノロジーの分野でだ。その典型的なものがAIとロボットだ。 例えばAIは、これまではAI研究者や技術者などAIにたけた人でなければAIを作れない、使えないものだったが、最近ではデータを投入するだけで自分なりのAIができたり、ソフトウエアにもともとAIが組み込まれている製品が市場に出回っている。 ロボットについても、協働ロボットが登場したことによって導入や活用のハードルが一気に下がった。実際に使いこなして効果を上げられるかどうかは別として、誰でも手に入れて使える環境ができたのは確かだ。   最新の民主化…


オーバル 無線流量計2機種&流量パルスノード、SII製WSNに対応

オーバルは、セイコーインスツル(SII)製の無線センサネットワーク「ミスター省エネ」に対応した無線流量計「フローペット-5G」「EggsDELTAⅡ」2機種と、流量パルスノードを7月から販売開始した。 同社は、2020年5月にSIIとの販売店契約を締結しており、920MHz無線ネットワークのミスター省エネを活用した無線ソリューションの提供を開始している。スペースフリー、リミットフリー、アディションフリーといった3つの“フリー”を製品コンセプトとするミスター省エネは、内蔵電池や自己給電で長期間駆動可能な製品ラインアップを多数保有。温度・湿度・電力などの無線センサ群のほか、今回の発売により流量情報…


ラピスセミコンダクタ Bluetooth5に適合、無線モジュールを開発

ロームグループのラピスセミコンダクタは、Bluetooth5対応のBluetooth low energy無線通信モジュール「MK71511」「MK71521」を開発、これら2製品と評価キットのインターネット販売を開始した。 新製品は、Bluetooth5規格の特長である2Mbpsの高速伝送と、通知データの容量増加に対応しており、Bluetooth4規格と比べてデータ通信時間を半減でき、最大8倍の通知データを扱うことができる。 さらに、MK71511は長距離伝送機能を搭載し、通信距離がBluetooth4規格対応製品の4倍に拡大。方向検知機能も搭載しており、屋内位置情報サービスに適用することも…


Moxa 鉄道用コンピュータ、高性能プロセッサ搭載 マルチ無線接続も

台湾.Moxaは、車載および沿線用アプリケーションに最適な鉄道用コンピュータ「V2406Cシリーズ」を発表した。   新製品は、鉄道の車載や沿線用アプリケーションに関するEN50155:2017規格とEN50121-4規格に準拠しており、動作温度、電源入力電圧、サージ、ESD、および振動をカバーしているため、さまざまな産業用アプリケーションに適している。 過酷な環境でのデータ処理向けに設計されているため、Intel Core i7/i5/i3またはIntel Celeron高性能プロセッサを中心に構築され、最大32GBのRAM、mSATAスロット、ホットスワップ対応2.5インチHDDまたはSS…


太陽誘電 無線通信モジュール 、Bluetooth5.2対応 屋内施設で位置情報把握

太陽誘電は、Bluetoothの最新コア仕様バージョン5.2に対応する無線通信モジュール「EYSNCNZWW」(9.6×12.9×2.0mm)と「EYSNSNZWW」(3.25×8.55×1.00mm)を商品化する。 Bluetooth5.2は、従来の低消費電力の特長はそのまま、通信速度の向上や通信範囲の拡大、そして高度な方向探知機能などが追加されている。 新製品は、この方向探知機能に対応した無線通信モジュールで、GPSでは難しい倉庫やオフィスなどの屋内施設で、人やモノなどの正確な位置情報の把握ができ、所在管理や通過確認などが可能となる。ウエアラブル端末やヘルスケア機器、物流端末などの小型・薄…