新設 の検索結果

工場新設・増設情報6月第1週

【日本国内】 ▼ダイトロン 愛知県一宮市の中部工場の敷地内に、D&Pカンパニー、装置事業部門の工場(中部第二工場)を新設する。 中部工場は同社の基幹工場の位置付け。今回の工場新設により電子機器・部品関連の工場と製造装置関連の工場が併設となることから、生産部門の統合強化、技術融合や製造プロセス管理の統一化を実現し、新技術・新製品創出、生産効率の向上など、新たなシナジー効果の最大化を目指す。 建築面積は約2400平方メートル(鉄骨2階建)、延床面積は約4300平方メートル、投資総額は工場建設8億円(建物および設備機器)。主な事業内容はフラットパネルディスプレイ、LSI、電子材料、光デバイ…


工場新設・増設情報5月第4週

【日本国内】 ▼サッポロホールディングス 子会社であるポッカサッポロフード&ビバレッジは、堅調に成長するインスタントスープにおけるさらなる積極展開を図るため、サッポロビール仙台工場(宮城県名取市)内に仙台工場(仮称)を新設。カップ入りスープの製造設備および粉末スープ顆粒原料の造粒設備を新たに設置する。 投資額は約26億円、生産能力は年産160万ケース(1ケース24個入り換算)。 着工は18年6月、竣工・稼働開始は19年8月の予定。 ▼太陽工機 さらなる生産能力の増強を目的として、新潟県長岡市内に工場用地を取得する。取得予定面積は10万5000平方メートル、予定取得価格は8億6700万円。 進出…


工場新設・増設情報5月第3週

【日本国内】 ▼石塚硝子 連結子会社である日本パリソンは、生産能力を増強するためPETプリフォーム成形設備を岩倉工場(愛知県岩倉市)に2ライン増設する。 設備増設費用は27億円程度。稼働開始は18年12月~19年1月の予定。 ▼SCREEN ディスプレー製造装置および成膜装置の生産能力増強を図るため、彦根事業所(滋賀県彦根市)内に新工場を建設する。 新工場は、大型化の進むディスプレー製造装置に対応できるほか、より微細化が求められる有機ELディスプレーをはじめとするフレキシブルディスプレー製造装置の生産に対応できる清浄度を実現。 また、2次電池用塗工装置や、グループ会社のSCREENラミナテック…


FAプロダクツ/オフィス エフエイ・コム/ロボコム 栃木にロボット体感施設「スマラボ」新設 マルチメーカー対応

FAプロダクツ(東京都港区)とオフィス エフエイ・コム(栃木県小山市)、ロボコム(東京都港区)は、産業用ロボットとIoTを融合させた体感施設「スマラボ(スマートファクトリーコンダクターラボ)」を5月16日にオープンする。複数メーカーのロボットとビジョン、搬送系を組み合わせ、現場の作業工程を再現したシステムを展示し、ロボット未導入企業、特に中小企業がロボットとIoTを体験・体感できる施設となっている。   中小企業向け 同施設は、栃木県小山市にあり、東京からJR宇都宮線で1時間超と、栃木県内はもちろん、埼玉県や群馬県、茨城県の工場からも圏央道、東北道経由で来所できる良アクセス。北関東で…


工場新設・増設情報4月第3週

【日本国内】 ▼神戸製鋼所 今後の自動車用超ハイテン鋼板の需要拡大に対応するため、加古川製鉄所薄板工場(兵庫県加古川市)に、新たに薄鋼板の連続焼鈍設備を中心とした設備投資を実施する。 同社は自動車用ハイテン鋼板の生産拠点として日本(加古川製鉄所)、米国(プロテック社)、中国(鞍鋼神鋼冷延高張力自動車鋼板)と、日米中3極でのグローバル生産体制を整備。同設備投資により、加古川製鉄所は高加工性超ハイテン鋼板の生産拡大が可能となり、現在プロテック社で建設中の新溶融亜鉛めっきラインと合わせ、日米での高加工性超ハイテン鋼板の同時生産を実現する。 投資額は約500億円、生産能力は年間24万トン 。稼働開始は…


工場新設・増設情報4月第2週

【日本国内】 ▼三和ホールディングス 連結子会社の三和システムウォール(兵庫県尼崎市)は、新たな間仕切生産拠点である大阪工場(同)に移転し、4月から業務を開始した。 新工場では学校間仕切、アルミパーティション、トイレブース等を製造。また、グループ全体における間仕切製品の西日本への供給拠点とすることで、生産・物流の効率化を目指す。 建築面積は5930平方メートル、延べ面積1万1390平方メートル(2階建て)、設備投資額は約25億円。 ▼島津製作所 医用機器事業のさらなる成長を目指し、X線TVシステムや一般撮影システムを製造するグループ会社島根島津(島根県出雲市)内に新棟を建設し、物流の整流化や組…


工場新設・増設情報4月第1週

【日本国内】 ▼NTN 自動車の電動化や産業機械の需要回復を背景に、急速に需要の高まりをみせる低摩擦や長寿命をはじめとする高付加価値のラジアル軸受の生産を行う新拠点「和歌山製作所(仮)」を和歌山県橋本市に新設する。 新工場の設立により、分散していたラジアル軸受の生産を再編成するとともに、高付加価値商品の生産を集約。また、一連の工程をIoT・AIシステムで最適化・自動化する新たな設備を導入し、スマートファクトリ化を推進。市場ニーズに適合した新商品への対応や試作納期の半減、さらには生産リードタイムを従来比で3分の1に短縮する。 敷地面積は約10万9100平方メートル、延床面積は約6万100平方メー…


安川電機 TUV認定EMC試験施設を新設

安川電機は、EMC試験施設「電波暗室」を北九州市の本社事業所内に新設し、テュフ ラインランド ジャパン(TUV)からEMCの認定ラボとして承認を受けた。 同施設では、従来外部に委託していたEMCに関する試験を全て内部で行え、さまざまな試験データ・ノウハウを蓄積できる。 また、TUV認定の試験から認証取得までを一貫して行うことが可能になり、製品の開発期間の短縮と、安全・安心なメカトロニクス製品のスピーディーな供給の実現につながる。 施設の延床面積は900平方メートル。


工場新設・増設情報3月第4週

【日本国内】 ▼東洋製罐グループ 連結子会社である東罐興業(東京都品川区)は、食品用紙容器製品を生産する厚木工場(神奈川県綾瀬市)内に新工場棟を建設する。 新工場棟の建設は、労働力不足が進むなかで省人・省力化を実現し、安定的な生産体制を整備することが目的。需要が堅調に推移している中食市場向けの食品用紙容器製品を製造し、他工場を合わせ紙容器製品全体での最適な生産体制を整備する。 建築面積は3900平方メートル、総投資額は約23億円。稼働開始は18年5月の予定。 ▼トッパン・フォームズ 関西圏の基幹工場である大阪桜井工場(大阪府三島郡)の増床工事を完了。データ・プリント・サービス(DPS)の生産体…


工場新設・増設情報3月第2週

【日本国内】 ▼いすゞ自動車 栃木工場(栃木市)内に、小型トラック向け新型ディーゼルエンジンの生産を行う新しい工場を新設し、生産を開始した。 新工場では、国内市場向け小型トラック「エルフ」に搭載する、平成28年排出ガス規制に対応した新型エンジンを生産。加工ライン飛散物回収システム導入による臭いや汚れの低減化や作業負荷軽減を狙ったフロアのフルフラット化、工場内照明の全灯LED化など、人に優しくクリーンで、かつ環境負荷の少ない最新の工場となっており、スマート工場としてIoTの活用による徹底した品質管理や、セル生産方式採用での生産性向上を図る。 延床面積は約6万2500平方メートル。 ▼木田屋商店 …