Search Results for 撮影

竹中システム機器 デジタルラインスキャンカメラ発売 高解像度・高感度画像を撮影可能

竹中システム機器(京都市山科区大塚野溝町86―66、TEL075―593―9300、北川博司社長)は、CCDリニアイメージセンサを搭載した、産業用デジタルラインスキャンカメラ「型式TL―7400FCL=写真=(価格30万円、レンズ別)/TL―2048CL(同26万6000円、レンズ別)」を発売した。年間販売目標は各500台。 TL―7400FCLは画素数7400、ビデオレート100M〓の高速・高解像度、TL―2048CLは画素数2048、ビデオレート20M〓の高感度・高S/Nの画像が得られる。 ビデオ信号は、7400FCLが2×8or10〓階調、2048CLが8/10/12/14〓階調で、それ…


フォトロン製造ラインの不具合を長時間の高速撮影で可視化ハイスピードカメラ発売

高速度カメラ、画像処理システムのフォトロン(東京都千代田区富士見1―1―8、GEL03―3238―2170、布施信夫社長)は、毎秒1000コマの高速撮影で連続50分間の録画が可能な、ポータブル長時間ハイスピードカメラ「PhotoCam Speeder LX―4000」を発売した。標準価格218万円。 ハイスピードカメラは、人の目や一般的なビデオカメラでは見ることができない一瞬の動きや、短時間の高速現象を連続して撮影し、スローモーション映像で再生・解析をすることができ、最近では製造ラインなどで不具合などの瞬間を撮影記録することに使用されている。 LX―4000は、撮影に必要なカメラ本体・レンズ・…


島津製作所「計測用X線CTシステム」国内トップの精度と解像度 作業効率、品質向上へ

島津製作所は、ワーク(検査対象物)のX線CT画像撮影と高精度な内部寸法の計測が可能な、同社としては初の計測用X線CTシステム「XDimensus 300」を発売した。価格は1億2000万円~、販売目標は発売から1年間で国内外10台。 新製品は、国立研究開発法人産業技術総合研究所と共同で開発。同社のマイクロフォーカスX線CTシステムのフラッグシップモデル「inspeXio(インスペクシオ) SMX-225CT FPD HR」と同等となる国内トップクラスの解像度で観察が可能であるとともに、最大許容指示誤差3.8~9.8メートル(測定寸法による)という計測用X線CTシステムとして国内最高レベルの計測…


SEMICON Japan 2017 12月13日~15日 東京ビッグサイト 半導体製造の全工程網羅

800超の企業・団体が出展 世界最大級のエレクトロニクス製造サプライチェーン総合展示会「SEMICON Japan(セミコン・ジャパン)2017」(主催=SEMI)が12月13日~15日までの3日間、東京ビッグサイト(東展示棟、会議棟)で開催される。開場時間は午前10時~午後5時。入場は無料(事前登録制)。前回を上回る800超の企業・団体が出展し、半導体の最新情報を発信するほか、さまざまな交流の場を提供することで、新たなビジネスの出会いと成長機会を創出する。 “ドローン散歩”で新しい世界体感 「SEMICON Japan」は、半導体製造装置・材料の前工程から後工程までの全てを網羅する国内唯一の…


横河電機 コミュニケーション支援サービス AR技術を活用

横河電機は、モバイル端末を活用し、遠隔地から現場をサポートする、コミュニケーション支援サービス「SensPlus Buddy(センスプラス バディ)」を開発、11月10日から発売した。価格はユーザID数5、年間契約のパッケージで、スタンダードパック48万円~、プレミアムパック99万円~。2018年度100ライセンスの販売を目指す。 導入容易 モバイルで設備保全 新製品は、Webブラウザで動作するアプリケーションのため、インターネットにアクセスでき、端末を持ち込める環境であればどこでも利用できる。PCやタブレット、スマートフォン等で専用のホームページよりログインし、相手のグループネーム、ユーザI…


NKKスイッチズ 販売代理店の若手社員研修

NKKスイッチズは、「NKKステップアップセミナー」の終了式を同社本社で11月16日行った。 同社販売代理店の若手社員に同社スイッチへの理解を深めてもらうために毎年開催しているこのセミナーには、今年16社34人が参加した。 9月14日と11月16日の2日間実施したセミナーでは、スイッチの種類や性能、採用事例、カタログの見方、採用事例を学んだほか、同社本社工場の見学や組み立てなど、スイッチに関連した内容を幅広く座学と実習をした。 終了式では、同社の大橋宏成取締役から終了証と記念品が一人ひとりに手渡された。 大橋取締役は「今回のセミナーを通じて、今後弊社製品を扱う時に少しでも頭に残り、知識を深めて…


【SCF・計測展 特別インタビュー】MECHATROLINK協会 効率的で高度な制御の実現

■データを確実に収集・活用し、ものづくりに貢献 伝送効率向上やマルチタスク機能など追加 産業用モーションネットワーク「MECHATROLINK」に新バージョン「MECHATROLINK-4」(M-4)が発表された。従来のMECHATROLINK-Ⅲの機能・性能、使いやすさを継承しつつ、伝送効率の向上やマルチタスク機能などを追加し、より効率的で高度な制御の実現を目指している。同時にサーボアンプとサーボモータのエンコーダ間通信で使用されている「∑-LINK」でも、他のセンサやI/O機器等を接続して同期制御できる「∑-LINK Ⅱ」が開発された。この2つのネットワークは、IoTやAIを活用した新しい…


ヤンマーとコニカミノルタ、ICT農業サービスの合弁会社設立

ヤンマーとコニカミノルタは、10月1日付で、農業リモートセンシングのサービス事業会社として、合弁会社ファームアイ(大阪市北区)を新たに設立した。 ファームアイは、ヤンマーの「農業機械と豊富な営農支援メニュー」と、コニカミノルタの「センシングと画像処理技術」といった両社の強みを生かし、農家の経験知、ノウハウ継承の支援を行うことを目的に設立。 農業における圃場のセンシングおよび画像解析サービス、農作物の生育状況の診断および処方改善提案を行う農業コンサルティング事業を展開し、農作物の生育状況を、ドローンを活用した撮影・分析でデータ化することにより、農業現場での作業効率化、省力化に寄与する。 当初は日…


横河電機 ハイスループット細胞機能探索システム 機能強化

横河電機は、ハイスループット細胞機能探索システム「CellVoyager(セルボイジャー)」の機能を強化した「CellVoyager CV8000」を、9月5日から発売した。価格は7700万円から、海外を含め2018年度12台の販売を目指す。 「CellVoyager」は、対象細胞の顕微鏡画像データから、個々の細胞内の経時変化を複数のパラメータにより解析する、高精度で客観的なスクリーニング手法であるハイコンテントアナリシス(HCA)を採用したHCAシステムで、細胞を生きたままリアルタイムに観察できる共焦点スキャナユニット、多数のサンプルを高速に観察するため半導体や液晶製造装置などに向けて開発し…


アビオニクス サーモグラフィカメラ 世界初カメラヘッド脱着実現

日本アビオニクス(東京都品川区)は、サーモグラフィカメラに世界初のカメラヘッドが脱着する構造を備えた新製品「Thermo FLEX(サーモフレックス)F50」シリーズを、機能が異なる3モデルに2つの視野角を備えた計6種類をラインアップし、9月1日から販売代理店向けに出荷する。価格は45万円から。 新製品は、世界初のカメラヘッド脱着型のアングルフリー機構で、カメラヘッドとコントローラが簡単に回転・分離できるため、全方位で安全かつ楽な作業姿勢で、狭小空間も測定することができる。 広角70度/35度の2種類のレンズバリエーションにより、配管や設備の裏側を広範囲に映し出すことが可能で、フォーカスフリー…