協業 の検索結果

ジェイテクト&日立ソリューションズ、スマートファクトリーで協業

ジェイテクトと日立ソリューションズは、OTとITを融合したスマートファクトリーの領域で協業し、12月から協創に向けた活動を開始する。 昨今の製造業では、センサや機器からデータを収集する動きが進んでいるが、多種多様なデータの活用法がわからないといった課題が挙げられている。 このような課題を解決するため、ジェイテクトの製造現場におけるOTのノウハウと、日立ソリューションズのAIなどのデジタル技術をはじめとするITのノウハウを生かし、両社の既存ソリューションの融合を図ることで製造行のDXの加速を支援する。 両社は協創に向けてワーキンググループを立ち上げ、OTの実データをIoT基盤に取り込み、AIなど…


ロックウェル DX実現へ5社と協業、スマートファクトリー推進

ロックウェルオートメーションは、デジタルトランスフォメーション(DX)実現に向けて、アクセンチュア、マイクロソフト、PTC、アンシス、EPLANの各社と協業していくことを明らかにした。各社はデジタルパートナープログラムを通じ、デジタルツイン、未来の工場、コネクテッドワークフォースなどの産業用IoTを推進する。 デジタルプログラムでは、アクセンチュアはビジネスプランを策定し、ROIを含めたユースケースを構築し、価値を最大化する。マイクロソフトは、インテリジェントエッジからインテリジェントクラウドまで、質の高いデータにアクセスできるようにすることで、企業全体の意思決定改善を支援。 PTCは、デバイ…


スマートスケープ、3Dソリューション領域でNECと協業強化

製造業向けにSI事業を展開するスマートスケープ(東京都港区)は、NECと製造業向け3Dソリューション領域における協業を強化する。 同社は、NECのPLMソリューション「Obbligato」に、さまざまな3Dソリューションを連携させ、部品表のビジュアル化や類似部品の比較や分析などを可能にするとしている。 連携するソリューションは、ネイティブ3D CADを1つのHTMLファイルにまとめ、NECのPLMソリューションと連携して対象のパーツなどを選択すると瞬時に3Dデータを表示する「3DCADビューワ SmartExchange」、3D CADファイルから2D画像を抽出してAIで形状特徴量をインデック…


アズビル、東光高岳など4社 エネマネ領域で協業、スマートシティ実現へ

アズビルとアズビル金門、および東光高岳、東光東芝メーターシステムズの4社は、エネルギーマネジメント領域における協業に向けて検討していくことで、11月1日合意した。両グループの強みを生かし、IoT、ビッグデータ、AIなど新技術を活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)の展開によるスマートシティ実現を支える新たな活動に取り組む。 具体的には、IoTによる自動検針や収集といったメーター事業での協業、エネルギーマネジメントシステム関連機能の活用、計量データを活用した新しいビジネスの創出などで、製品面、事業インフラ、サービス面など多方面で事業の可能性を検討していく。


東芝エネルギーシステムズ、ネクスト社と協業検討。国内外で技術・販売提携

東芝エネルギーシステムズは、ドイツのネクストクラフトヴェルケ(ネクスト社)とVPPの技術・販売提携の検討を行うことに合意した。2020年3月末までに技術・販売提携を目指し、両社が持つ知見・技術・商流を生かし、VPPサービスを提供するとしている。 VPPは、太陽光発電、蓄電池、電気自動車、水素エネルギーなど地域に散在する複数の発電・蓄電設備を束ねてIoTにより制御し、一つの発電所のような機能を持たせることで電力網の需給バランス最適化を行う技術。天候の影響を受けやすい再生可能エネルギーの普及に向けて、VPPへの期待が高まっている。 ネクスト社は、多数の再生可能エネルギーを同時に制御する技術を有して…


横河電機、蘭・エックスロボティクス社と協業横河電機

横河電機は、オランダのエックスロボティクス社の点検ロボットと、同ロボットのソフトウエアプラットフォームの販売・導入をグローバルで開始する。 エックスロボティクス社は2017年、過酷な環境にある石油やガスの生産・処理施設などで使用できるロボット技術を商品化することを目的に設立。 同社の点検ロボット「ExR-1」は、さまざまなセンサーとカメラが搭載でき、4G LTEワイヤレスネットワーク機能を装備。安全な場所からPCやスマートフォンで監視・操作ができる。IEC防爆電気機器規格適合試験制度の認定を受けており、モジュールレベルで認証を受けているため、必要な機能に応じてカスタマイズで構成することが可能。…


アドバンテック&IIJ 産業IoTで協業、プラットフォーム国内展開

アドバンテックとインターネットイニシアティブ(IIJ)は、アドバンテックがグローバルで提供している産業分野向けIoTプラットフォーム「WISE-PaaS(ワイズパース)」について、日本国内のビジネス展開で協業する。 IIJのセキュアなネットワークとクラウドサービスを組み込んだ日本市場向けの新たなサービス「WISE-PaaS JP」を開発し、20年1月から提供開始する。 WISE-PaaSは、生産設備や産業用コンピュータ等からデータをリアルタイムに収集して状況を可視化し、稼働率把握や遠隔監視、予兆保全等を可能にするプラットフォーム。IIJは閉域ネットワークを活用したIoT向けに高セキュリティなネ…


トヨタとPFN、ロボット研究開発で協業

トヨタ自動車とプリファードネットワークス(PFN)は、トヨタの生活支援ロボット ヒューマンサポートロボット(HSR)をプラットフォームとして共同で研究開発を行うことに合意した。 HSRを数十台規模でPFNに貸与し、今後3年間で両社が連携して研究開発を行い、両社が持つ既存の知的財産等の情報も含め相互の技術を共有し、また共同研究の成果も両社が自由に活用可能とすることで、サービスロボットの実用化に向けた開発加速を図る。 古賀伸彦トヨタ未来創生センター長は「トヨタは2004年頃からパートナーロボットの開発に取り組み、12年には生活支援ロボットとしての基本的なプラットフォームを有するHSRを開発した。H…


ストラタス、トレンドマイクロ、シーイーシーが協業 サイバー攻撃を防ぐ、無停止型エッジサーバーを提供

日本ストラタステクノロジー、トレンドマイクロ、シーイーシーの3社は、産業用制御システムの領域で協業し、無停止型エッジサーバー「Stratus ztC Edge 110i Secured by Trend Micro」を7月16日から提供開始した。 産業用制御システムは可用性が必要なため、セキュリティインシデント発生時の再起動が困難だったり、クローズドネットワークの場合にはインターネット接続が必要なセキュリティ製品の導入ができない場合がある。加えて、障害が発生した際、作業員が容易にシステムの復旧をすることが求められる。 新製品は、ストラタスのサーバー「Stratus ztC Edge 110i」…


三菱総研と横河ソリューションS、協業範囲さらに拡大

三菱総合研究所(東京都千代田区)と横河ソリューションサービス(東京都武蔵野市)は協業範囲を拡大し、新たに「製造業DX(デジタルトランスフォーメーション)トータルサポートプログラム」を7月1日から国内での提供を開始した。国内のほか、当面はシンガポール、タイでも開始し、横河電機が拠点を持つ東南アジア等の各地域へも順次展開していく予定。 両社は2016年12月から国内の中堅製造業を対象とした「ものづくり競争力強化支援事業」に共同で取り組んでおり、第1弾の製造プロセスへのIoT活用検討を支援するサービス提供は、当初の計画を上回る実績をあげている。最近では顧客ニーズの重点がIoT活用模索から積極的な活用…