フォークリフト の検索結果

トヨタL&F、次世代スマート物流に向けた物流ロボット公開 自動運転フォークリフト&AMR

 トヨタL&Fは7日、スマート物流に向けた取り組みとして自動運転機能付きフォークリフト「Rinova AGF」とモバイルロボット「AiR」のデモと活用事例を公開した。さらに、労働力不足と自動化が進むなか、安全への取り組みについて説明した。  物流業界は労働力不足、物流量の増大、配送の小口化・スピード化など環境変化が激しく、業界への負担が増大しており、次世代物流ソリューションが求められている。具体的には、Eコマースによる荷量が増加する一方で、荷姿もパレットからより小さなユニットが急増。さらに物流センターが大型化し、オペレーションも自動化やIT活用をベースとしたものに変わっている。いま物流の質的変…


ZMP 無人フォークリフト、自動運転の技術活用 セットアップも簡単

ZMP(東京都文京区)は、物流支援ロボット「CarriRo」の新ラインアップとして、自動運転技術を活用した無人フォークリフト「CarriRo Fork」を販売する。12月から出荷開始を予定。 フォークリフトによる運搬作業は、十分な技能や実務経験が必要なことから人員確保が難しくなってきており、熟練者であっても事故が少なくないという課題がある。 CarriRo Forkは、簡単なセットアップで作業エリアの事前マッピングから運用開始まで数日で実現。周辺の障害物を監視しながら走行し、進行方向周囲の障害物に反応して停止、障害物が取り除かれると自動で再スタートするなどの機能を搭載している。 導入の流れは、…


三菱ロジスネクスト、レーザー誘導方式無人フォークリフトを発売。柔軟な走行ルートで通路幅を削減

三菱ロジスネクスト(京都府長岡京市)は、レーザー誘導方式の無人フォークリフト「RACK FORK Auto(ラックフォークオート)」(1.0〜1.5㌧積)を11月13日から発売開始した。 新製品は、レーザースキャナで反射板を検出し、自分の位置を把握して走行するレーザー誘導方式を採用した無人のフォークリフト。 磁気誘導方式の場合、走行ルートの床面に磁気棒の埋設工事が必要だが、新製品は床面の施工が不要のため、レイアウト変更を容易に行うことが可能。また、シフトとローテート(回転)により、車体の向きを変えずに左右と前方の3方向の荷役ができるため、ラック間の通路幅を従来より大幅に削減できる。高揚高は最大…


ニチユ三菱フォークリフト 新社名は「三菱ロジスネクスト」

ニチユ三菱フォークリフトは、10月1日、連結子会社のユニキャリアを会社分割(簡易・略式吸収分割)により経営統合し、新社名を「三菱ロジスネクスト」とする。 吸収分割後に統合会社の国内直系販売会社となるユニキャリアについても、社名を「ロジスネクストユニキャリア」に変更、また、現ニチユ三菱の国内直系販売会社10社についても、これを機に社名変更を実施する。


ユニキャリアホールディングス 新型フォークリフト「フォーゼ」発表 29%低燃費化

ユニキャリアホールディングス(東京都品川区南大井6―22―7、TEL03―6730―3200、大森聡社長)は、グループ傘下にあるユニキャリアを通じ、ディーゼル式フォークリフトの主力戦略車種である新型「FOZE(フォーゼ)」を発表した。 新型車は製造業で必須な「経済性」と「性能」を高い次元で両立。エンジンに日産ディーゼルと共同開発の低燃費エンジン「ZD30」を搭載することで、同社従来車AGRESとの比較で最大29%もの燃費低減に成功している。また、新設オプションの「電子制御トランスミッション」は、トルクコンバータ式ながら、クラッチ式並みの操作感を実現。トルクコンバータ式のメリットである「足が疲れ…


失敗しないフォークリフト端末の導入東研の「無線LAN端末による車載システム」に見る 車載端末・スキャナー・電源装置と入出庫ソフトで構成稼働率向上、ポカミス防止へ豊富な経験から最適システム提供 パレットに不可欠なフォークリフト オペレーションをサポートする車載システム 車載システムの電源対策も完璧 重要性増す安定した電源供給 振動軽減の端末設置機構

パレットを中心とした様々な物流現場で使用されるフォークリフト。この分野にもパレットを指定場所まで移動させるうえで稼働率を高め、しかも安心・安全に作業できるオペレーションシステムの導入が進んでいる。フォークリフトは大量に使う大型倉庫から2、3台の倉庫、屋内、屋外、振動、積載物重量、移動距離などいろいろな条件下で使用されるため、オペレーションをサポートする車載システムが作業効率を左右する重要な位置付けとなってくる。それだけに、導入に際しては自動認識技術や電源技術をフル活用し物流現場を熟知したトータルソリューションが重要である。自動認識システム大手メーカー・東研の最新「無線LAN端末による車載システ…


失敗しないフォークリフト端末の導入東研の「無線LAN端末による車載システム」に見る 国際物流総合展、自動認識総合展で新技術・新製品披露 1GBメモリで多量のデータを格納「ハンディターミナルTBR-6020」 様々な読み取り条件に柔軟な対応「ダイレクトマーキング用固定式2次元イメージャーTFIR-3171」 1台でバーコード・2次元コード・ICタグ読み取り「RFID対応ハンディ型2次元コードリーダーTHIR-6000RF

自動認識システムの大手である東研は、新製品開発でもリーダー的存在であり、業界に先駆けて新技術を取り込んでいる。東京ビッグサイトで9月14日から4日間開催の国際物流総合展、15日から3日間開催の自動認識総合展では最新機器・システム技術を出展し自動認識システムソリューションを提案する。その出展製品の一端を紹介する。ハンディターミナルTBR‐6020は、Windows EmbeddedCE6.0R3を採用した新製品である。低消費電力の最新型CPU「OMAP3503600MHz」により、従来モデルと比べ稼働時間が長くなっているほか、計算処理時間も約2倍に高速化している。搭載メモリ(flashROM)の…


カシオ計算機「ピカリコ」 LED×カメラの可視光通信、“第3の測位技術”注目

電池未使用 現場改善で活用 カシオ計算機は、イメージング技術を活かしたBtoB、産業や社会向け新規事業に取り組んでいる。その先がけとして期待されているのが、光の3原色とカメラを使って測位や情報送受信ができる可視光通信技術「picalico(ピカリコ)」。 近年、IoTやビーコンを使って工場内のものの動きを把握したいという屋内測位ニーズがトレンドになるなか、電波とは違った特長を持つ技術として注目を集めている。   従来のRFIDやビーコンと異なる 最近、製造業や物流業では屋内測位技術の活用が注目を集め、ものの位置情報が搬送装置の稼働状況や滞留の早期解消、動線分析を通じた現場改善やレイア…


モバイルロボットの世界トップメーカーMiR、日本市場 本格参入へ

APACセールス部門バイスプレジデント マルク・マドセン氏 日本支店代表 小泉 直大氏に聞く ここ数年、AGVやAMR(Autonomous Mobile Robot、自律搬送ロボット)への関心度が高まっている。特にAMRはモバイルロボットとも言われ、AGVよりも高い知能と安全性を備え、現場の人手不足や生産性向上に向けて検討が進んでいる。 モバイルロボットの世界トップメーカーのMiRは2019年に日本支店を開設し、日本市場への本格参入を果たした。APACセールス部門バイスプレジデントのマルク・マドセン氏と日本支店代表の小泉直大氏に話を聞いた。   自動車、エレクトロニクス、物流に期待…


【各社トップが語る2020】ジック「幅広い分野に新製品投入」松下実 代表取締役社長

ジック 松下実 代表取締役社長   2019年12月期は売り上げが前年比で20%増の60億円と過去最高を更新した。物流システム向けの販売がネット販売の増加などで自動化投資が拡大、約5割増と大きく伸長。また、PAでは船舶排ガスの新規制が20年から始まるのを前に、SOxモニタリングができる排ガス検知装置の販売が飛躍的に増えている。FAは景気の影響は受けたものの微減である。 20年12月期も2桁の売り上げ増を計画している。今後も年率15%の伸長を目指し、5年以内に売上高120億円を達成したい。 今年はタイヤの品質検査システムやロボット向けビジョンシステムが大手ユーザーでの採用が決まっている…