三菱ロジスネクスト、レーザー誘導方式無人フォークリフトを発売。柔軟な走行ルートで通路幅を削減

2019年1月8日

三菱ロジスネクスト(京都府長岡京市)は、レーザー誘導方式の無人フォークリフト「RACK FORK Auto(ラックフォークオート)」(1.0〜1.5㌧積)を11月13日から発売開始した。

レーザー誘導方式無人フォークリフト「RACK FORK Auto」

新製品は、レーザースキャナで反射板を検出し、自分の位置を把握して走行するレーザー誘導方式を採用した無人のフォークリフト。

磁気誘導方式の場合、走行ルートの床面に磁気棒の埋設工事が必要だが、新製品は床面の施工が不要のため、レイアウト変更を容易に行うことが可能。また、シフトとローテート(回転)により、車体の向きを変えずに左右と前方の3方向の荷役ができるため、ラック間の通路幅を従来より大幅に削減できる。高揚高は最大6.5㍍まで可能。

製品に搭載の新複数台稼働管理システム「ルートオプティマイザー」で、複数台を同時に稼働させることができ、独自の運行制御技術によって、それぞれの無人フォークリフトが最適ルートを選択し、作業の効率化を図ることができる。