【FA製造業界2022トップインタビュー】機械の目と知能化に注力 ジック 松下 実 代表取締役社長

2021年の売り上げは、FAが20%増、物流もeコマース投資が活況で、TLの運輸関連も堅調だったが、船舶用ガスアナライザや当社が代理店を務めるIBEO社の自動車の自動運転向けLiDARが低調で、差し引きで横ばいとなった。22年は受注の好調を受け、二桁増を見込む。

製品では、「nanoScan3」は世界最薄のコンパクトなセーフティ・レーザースキャナで、障害物等の誤検知をしにくく、AGV向けに伸びている。世界最小レベルの3Dセンサ「Visionary-T Mini」も、AGVやロボットで評価が始まっている。屋外用レーザースキャナが踏切内の異物検知向けに鉄道会社での実用化が決まった。

神戸の技術センターとドイツ本社がコラボして開発した「ソーター上の単品識別システム」が第23回自動認識システム大賞の優秀賞を受賞した。コンベア上を流れる小型荷物、封筒等の重なりをディープラーニングで検知をするソリューションで、大手物流会社に採用されている。

製品とシステム、サービスの3本柱に、4本目としてソフトウェアを加え、アプリケーション開発にも力を入れる。AppSpaceというコンセプトのもと、カメラやLiDARにユーザ開発領域を提供、望みのアプリケーションを載せられるようになった。日本からも独自のアプリとソリューションを開発・提供していく。今後の注力分野は、IoT・インダストリー4.0、ロボット・AI、物流革命、自動運転・自律走行、脱炭素・地球温暖化対策の5つ。

センサにインテリジェンスを載せてデータ処理を行い、ロボットの目と頭脳をカバー。物流もコードリーダだけでなく、荷物の容量や質量の読み取りも行う。自動運転は、鉱山用トラックに加え、AGVやフォークリフトにも展開する。脱炭素では、炭素分析ニーズの高まりや次世代燃料の水素を超音波で測れる流量計に期待している。

http://www.gic-bike.com/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG