バリデーション の検索結果

人類のための人工知能AI、導入を成功させる秘訣とは(AI Infinity)

現在、第三次AIブームの真っただ中である。2012年ごろから登場したディープラーニングによってAI技術は急激に進歩し、今ではAI搭載ロボット、AI搭載物流システム、AI搭載のスマート家電、AIスピーカーなど、「AI搭載」という謳い文句をあらゆるシーンで目にするようになった。 ロボットやコンピューターが人の代わりに分析、判断を行い仕事をしてくれるとあり、業務の効率化や人手不足解消の救世主として、導入の検討を始めた企業も少なくないはず。一方で、AIを正確に捉えている人が少ないというのも現状であり、「ターミネーターのイメージ」「人間がやられてしまうのでは」という意見も多くあるという。 また、AIを導…


チノー ライフサイエンス事業部発足 医薬・医療 温度管理需要に対応

チノーは、医薬・医療分野の温度管理需要拡大に積極的に対応するため「ライフサイエンス事業部」を新たに設置した。 近年、製薬産業のグローバル化により医薬品適正流通基準(GDP)への適応が日本国内でも求められるようになり、保管や輸送時の管理需要が急増。医薬品流通市場での温度管理需要はますます拡大することが予想される。 これらの需要の高まりの中、同社では本体に表示機能を有した温湿度計測用監視機能付き無線ロガーや多様な機能を有する計測データプロテクト機能付きグラフィックレコーダ、システム構築が容易な収録・監視パッケージシステム、電子記録管理パッケージソフトウエア等の製品で少点数から数千点までのPart1…


テュフズードジャパン鉄道技術関連サービスに注力設計から廃棄まで安全試験・評価、技術サポート

製品安全試験認証サービスなどのテュフズードジャパン(東京都新宿区西新宿4―33―4、TEL03―3372―4821、アンドレアス・シュタンゲ社長)は、鉄道技術関連サービス事業を推進する。 地球温暖化現象や環境への配慮、エネルギー消費効率向上の観点から、世界的に鉄道輸送への需要と期待が高まっている。従来、鉄道が普及していなかった地域でも、国家レベルで高速鉄道網や地下鉄網の整備が計画されており、関連する企業では、世界標準に合わせたドキュメントの準備や、システマチックな評価への対応が急がれている。 鉄道事業に関しては鉄道制御技術や信号技術、鉄道車両、ブレーキ技術、インフラ整備などが挙げられ、従来型鉄…


IAF設立準備委員会が発足 日本発の新ものづくり技術推進 世界に向けに製造業の革新活動展開 MSTC中心に10月設立に

2008年秋のリーマンショック後の経済低迷から脱すべく、官民挙げた取り組みが行われているが、とりわけ日本経済を支える製造業はさまざまな課題を抱えている。中でも、時代の変化に対応していかなければならない技術的課題が新たに出ており、その解決には業界における強力な推進力を持った機関が必要といえる。 現在、産業界が抱える課題としては、(1)自然エネルギー発電の導入・貯蓄管理・統括安定供給の実現(2)スマートグリッド/グリーングリッド/マイクログリッドの導入の具現化課題(3)工場の発電機能とエネルギー利活用における課題(4)PLM、SCMなどの統括生産管理の実現による市場変化に対応した調達・生産・供給・…