ソフトウェア の検索結果

日立情報通信エンジニアリング、故障や危険の事前予測が可能なソフトウェア「状態予測エンジン」

デジタルデータと深層学習による認識、予測から現状を評価、対策し、早期事業価値向上に寄与 日立情報通信エンジニアリング(神奈川県横浜市)は、対象の状態を認識し、その先を予測するソフトウェア「状態予測エンジン」を6月1日から販売開始します。本ソフトウェアは、製造装置の故障予測に基づいた先行対策による生産効率の向上や、人物の動きの予測から危険な予兆を捉え回避策を講じることが可能になります。 近年、カメラ、センサー、情報端末の種類が豊富になり、さらに小型化、高性能化、低コスト化により、さまざまな事象がデジタルデータ化されネットワークを通じて蓄積されています。この大量に蓄積されたデータをAI技術による高…


Edgecrossコンソーシアム 基本ソフトウエアなど販売開始 会員数140社を突破

Edgecrossコンソーシアム(東京都港区、金井正一代表理事)は、エッジコンピューティング領域のソフトウエアプラットフォーム「Edgecross」に対応した基本ソフトウエア、アプリケーションソフトフェア、データコレクタ合わせて17商品を5月8日から発売した。また、動作確認済みの11メーカーの産業用PCも公表した。 同時に、同ソフトウエアの販売やコンソーシアム会員の「Edgecross」対応製品の販売支援を行う「Edgecrossマーケットプレイス」も開設した。基本ソフトウエアの価格は、1ライセンス品が9万8000円、5ライセンス品が24万円、10ライセンス品が45万円。 FAとITを協調させ…


三菱電機 産業用PC3機種・ソフトウエア4機種発売 エッジコンピューティング周辺に対応

三菱電機はエッジコンピューティング関連の新製品として、産業用PC「MELIPCシリーズ」3機種、およびソフトウエアプラットフォーム「Edgecross」に対応し、産業用PCで動作するソフトウエア製品群「iQ Edgecross」のデータ分析・診断ソフトウエア「リアルタイムデータアナライザ」と、「データコレクタ」4機種を5月8日から発売した。 「MELIPCシリーズ」のフラッグシップモデル「MI5000」は、VxWorksとWindowsの搭載と、CC-Link IEフィールドネットワークへの対応で、1台で生産情報の処理とリアルタイムで高精度な装置制御を実現。同社汎用シーケンサ「MELSECシリ…


横河電機 統合機器管理ソフトウエアパッケージ プラントの保全作業と運転業務を支援

横河電機は、プラントで使用されている大量の監視制御用機器や製造装置の情報を集中管理する、統合機器管理ソフトウエアパッケージ「PRM(Plant Resource Manager) R4.01」を開発し、4月12日から発売した。価格は200万円〜、販売目標は2018年度300システム。 新製品は、現行製品「PRM R3.31」の機能を大幅に強化。プラントにある機器全体の情報を統計的に把握し、迅速で最適な保全作業を可能にする。 今回追加された「フィールドアセットKPIレポート機能」は、稼働時間に対して、機器がアラームやイベントの発生を伴わずに正常に稼働していた時間的割合(ODE)、機器が「PRM」…


シノプシス・主席セキュリティコンサルタント ラリー・トローウェル氏に聞く「ゲーム業界から学ぶ ソフトウェアセキュリティ」

ゲーム市場は1000億ドルを超える産業となっています。現在開発されているもっとも複雑なソフトウエアのいくつかはゲームのためのもので、クライアントにサーバー、ウェブコンテンツ、通貨移動、ソーシャルインタラクション、仮想市場など、どこととってもセキュリティが必要とされています。ゲームは、不正行為や著作権の侵害といった点では特に、ハッカーたちにとって魅力的かつ利益を生むターゲットなのです。それらのことを踏まえて、ソフトウエアセキュリティに対するビデオゲーム業界のアプローチから学べることについて、シノプシスで主席セキュリティコンサルタントを務めるラリー・トローウェル(Larry Trowell)氏にお…


キヤノン ソフトウエア・産業用カメラ3月から発売 工場の自動化提案

キヤノンは、工場の生産現場における自動化に貢献する、異常監視・録画ソフトウエア「Monitoring Edition」および画像処理ソフトウエア「Vision Edition」の2種類の製造現場向けソフトウエアと、産業用カメラ「N10-W02」を3月上旬から順次発売する。 新製品のソフトウエアは、シーメンス社製産業用PC「SIMATIC IPC」にインストールし、顧客のニーズに応じてキヤノン製のネットワークカメラや新製品の「N10-W02」と組み合わせることで、さまざまなFAソリューションを構築できる。 「Monitoring Edition」は、マイルストーンシステムズ社のビデオ管理ソフトウ…


【2018年年頭所感】コンピュータソフトウェア協会 会長 荻原紀男「投資及び人材育成の進展を」

新年あけましておめでとうございます。皆様には、平素より協会の事業・活動に対し格段のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。2018年の年頭にあたりご挨拶申し上げます。 昨年、政府は3月に我が国産業が目指す姿(コンセプト)として「Connected Industries」、6月にSociety 5.0の実現に向けた改革に向けた「未未来投資戦略2017」(FinTechの推進、データ利活用基盤の構築等)を公表し、衆議院選挙後の11月に、政策の基本方針として、人生100年を見据えた「人づくり改革」の断行、「一億総活躍」社会の実現(働き方改革、GDP600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロ)などを閣議決…


東洋ビジネスエンジニアリング 簡単IoTソフトウェアにプラットフォーム機能追加

東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、簡単IoT化で工場の「稼働モニタリング」と「設備メンテナンス」を実現する「mcframe SIGNAL CHAIN」に、製造現場や設備データの収集、整理・集計、管理・連携、表示を担う「IoTプラットフォーム機能」を追加し、発売を開始した。 主な機能は3つ。データを集めて整える「mcframe SIGNAL CHAIN Edge」は、あらゆる情報源からデータを集め、統一された形式にデータを整形。必要とするソフトにデータを提供できる。データを蓄積する「mcframe SIGNAL CHAIN Data Store」は、非定型データをもれなく格納し、マ…


シーメンス グローバル・プロバイダーを買収 自動車業界向けPLMソフトウェア製品強化

シーメンスは、オランダ・TASS Internationalの全株式を取得して、デジタルファクトリー事業本部のビジネスユニットであるシーメンスPLMソフトウェアに事業統合する。 TASS Internationalは、自動運転システム、総合安全システム、先進運転支援システム(ADAS)、タイヤのモデリングを対象に、主に自動車業界にシミュレーション・ソフトウェアと、エンジニアリング/テスト・サービスを提供しているグローバル・プロバイダー。 同社が開発した、自動車メーカーやサプライヤー、政府機関に向けたソフトウェア「PreScan」は、複雑な交通シナリオのシミュレーション、自動運転ソリューションと…


シーメンスのソフトウェア ヤマハ発動機が採用 デジタルな統合環境構築

シーメンスは、ヤマハ発動機がデジタル化への取り組みをサポートする製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアのサプライヤーとして、同社を選定したと発表した。 ヤマハ発動機は、主力製品である二輪製品の全開発部門に、シーメンスのPLMソフトウェア「Teamcenter」ポートフォリオを適用。また、設計開発システムとして、シーメンスのフラグシップ製品であるCAD/CAM/CAE統合ソリューションのNXを採用する。 NXとTeamcenterプラットフォームをグローバルな二輪車開発全般に展開し、完全統合型の3D製品開発プロセスと、3Dマスターデータの効率的な統合管理環境を構築。さらに、デジタル設計とエ…