スイスビット「セキュリティSDカード」フエニックス・コンタクトが採用 ソフトウエアライセンス管理に

産業用フラッシュストレージのスイスビットジャパンは、フエニックス・コンタクト社の産業用コントローラ「PLCnext Control」のソフトウエアライセンス管理に、AES 256ビット暗号化とデータ保護機能を搭載した同社製セキュリティSDメモリカード「PS-46DP」=写真=が採用された。

フエニックス・コンタクト社のPLCnext Controlは、プリインストールされたソフトウエアツールに加え、ライセンスが必要なソフトウエア(アプリ)を組み込むことで機能を拡張できるコントローラで、機能拡張に必要なアプリは同社のオンラインストア「PLCnext Store」で提供されている。同社はソフトウエアライセンスの安全な配布と容易な運用を実現するため、ハードウエアベースのセキュリティソリューションとして、SwissbitのPS-46DP SDメモリカードを採用。必要なライセンスをメモリカードに関連付け、注文段階でメモリカードにライセンスを格納するといった柔軟な使い方が可能になる。

アプリに必要なセキュリティは、ライセンスファイルとこれに対応するメモリカードとを一意的に結びつける2段階のプロセスによって確保。1つ目は、ハードウエアにマッピングされたSDカードの変更不可能な識別番号(Unique ID)を使用してライセンス認証し、フエニックス・コンタクト社が生成するシリアル番号と併せて使用する。2つ目は、SDカードの保護された隠しメモリ領域に格納されたチェックサム(エラー検出符号)を使用して強固に接続・保護する。

ライセンス保護ソリューションは、マシンビルダーやシステムインテグレーターにとって、PLCの試験運用、メンテナンス、交換にかかる時間を大幅に削減でき、インテグレーターやエンドユーザーのPCで個別にライセンス認証を行う必要がなくなり、大量のコントローラを同時に導入する場合に要する時間や労力を削減できるようになる。

https://www.swissbit.com/ja/

https://www.phoenixcontact.com/online/portal/jp?1dmy&urile=wcm%3apath%3a/jpja/web/home

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG