Search Results for オムロン

人事異動(横河電機・横河ソリューションサービス・オムロン・日東工業)

■横河電機 (6月1日付) ▽情報システム本部情報システム部長(情報システム本部情報企画管理部長兼情報ソリューション推進部長)北原卓▽同本部情報企画推進部長(同本部情報企画管理部長)藤田洋行 (7月1日付) ▽経営管理本部秘書室長(経営管理本部危機管理室長)植村公一▽同本部危機管理室長(人材・総務本部人財センター)吉井勝彦▽情報システム本部室長(経営管理本部秘書室長)宮坂亜紀 ■横河ソリューションサービス(6月23日付) ▽取締役 常務執行役員コーポレート本部長小貫博史▽退任(取締役)山本順二 ■オムロン(6月21日付) ▽兼エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー事業統轄…


オムロン・理化学研究所 脳科学とAIの融合 研究センターを設立

オムロンと理化学研究所は6月1日、理研脳科学総合研究センター(理研BSI)内に「理研BSI-オムロン連携センター」(RBOmC)を設立した。 「人と機械が共に社会の中で進化するための脳科学とAIの融合」について研究し、「脳の活動」と人の体調や認知といった「身体の状態」との関係、そして「脳の活動」と人の感情や意志といった「心の状態」との関係を解明することで、脳科学とAIを融合した次世代技術の創出を目指す。 理研BSIが培ってきた「脳科学」や「脳科学からアプローチしたAI等」に関する知見をオムロンのコア技術「センシング&コントロール+Think」と掛け合わせることで、「人と機械の融和」を実現する次…


アーキテクト・オムロン・慶應大学 安心・安全な社会づくり貢献 IoTプラットフォーム実証実験

アーキテクトグランドデザイン(東京都港区、以下AGD)とオムロン、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科は、LPWA技術とマルチホップ・ネットワーク技術およびエッジコンピューティング技術を組み合わせたIoTプラットフォーム「IoT PLANET HIGHWAY」を構築。環境センサーを使い、離れた拠点から信頼性の高い環境データを収集するための実証実験を、5月31日から共同で開始した。 実証実験は、慶應義塾大学のキャンパスと周辺施設で実施。日吉キャンパスにマルチホップ・ネットワークを敷設し、周辺施設の間の数キロをLPWA技術で接続。敷設したネットワークの各ノードには環境センサーを取り付け、取得し…


オムロン FA機器へのAI搭載推進 「機械が人の能力引き出す」

オムロンは、機械学習型AIアルゴリズムを搭載したマシンオートメーションコントローラの開発を発表するとともに、FA機器へのAI/IoT技術搭載を2020年までに順次進める。熟練技術者が持つ知見や勘をAIに置き換えることで技術人材の不足や人件費高騰に悩む製造業を支援し、「機械が人の能力・創造性を引き出す」未来のモノづくり現場の実現に取り組んでいく。 同社は15年に10万点に及ぶFA機器を全てIoT対応するとして関連機器の発売を開始するとともに、AI搭載型モバイルロボットなどの各種産業用ロボットや世界最高水準のモーション制御技術を獲得し、グローバルに提供。また、今年4月には業界初となるAIを搭載した…


オムロン センテックを買収 産業用カメラ超小型・高画質を補完

オムロンは、産業用カメラメーカーのセンテック(神奈川県海老名市、川上真澄代表取締役社長)を買収する。7月3日付で新会社「オムロンセンテック」を設立する。 オムロンは今回の買収により、超小型・高画質を実現するカメラ、およびその設計・開発技術を取り込み、オムロンの画像処理コントローラとすり合わせることで事業を強化していく。さらには、各種産業用ロボットや品質検査機器と組み合わせ、加工、組み立て、検査など、あらゆる生産工程にカメラを設置して画像情報を行き交わすことで、品質と生産性を格段に向上した、革新的なモノづくり現場の実現に取り組んでいくとしている。 具体的には、取り付け場所を選ばない超小型・高画質…


オムロン/ファイバー変位センサー 5倍の計測精度実現

オムロンは、ファイバー同軸変位センサーとして、小スポットタイプ「ZW-5000シリーズ」を発売した。 同シリーズは、微細部品の隙間や位置、形状などを高精度に測定するために、センサーヘッドから照射する光のスポットサイズを従来製品比5分の1に絞った非接触型変位センサー。 微細部品の正確な計測を実現する最小φ10μm以内のスポットサイズにより、微細化が進む部品の形状を忠実に計測できる。 また、従来の変位センサーでは測定対象物の高さを平均化処理により測定するため、移動しながらの測定は再現性に課題があり検査品質の低下が生じていたが、新製品ではセンサーからの白色光を色別(波長別)に集光位置を変化させて照射…


オムロン 制御盤 共通コンセプト第3弾 端子台など4カテゴリー発売

オムロンは、制御盤の共通の設計コンセプトに基づいた制御機器の第3弾として、端子台やI/Oリレーターミナル、漏液検出器、スイッチング・パワーサプライなど4カテゴリー36型式を、4月3日から世界一斉に発売した。 プッシュインPlas端子台を採用した形XW5Tシリーズ端子台では、5.2ミリと6.2ミリ幅で、分岐配線タイプと2段タイプを追加し、省スペース化と配線工数の削減を実現。 また、形G70VシリーズI/Oリレーターミナルでは、渡り配線が可能なタイプをそろえて、従来に比べ25%の配線工数削減を図っている。 形K7Lシリーズ漏液検出器では、自己診断機能とプラスコモン出力タイプを発売し、設備の故障や停…


オムロン AI内蔵の温度調節器 熟練技術ノウハウを再現

オムロンは、AI(人工知能)機能を内蔵した温度調節器 「E5CD/E5ED」と、包装機用温度センサーE52-CA□DAYS□」を4月3日から発売した。 新製品は、これまで熟練作業者が生産品目や材料配合の変更など生産状況の変化に合わせて、経験と勘を頼りに行ってきたヒーターなどの温度パラメーター調整を、同社が長年培った温度制御のノウハウを生かした「業界初のAI機能による適応制御技術」(同社調べ)をはじめ、成形機や包装機向けの温度調整アルゴリズムを搭載している。 これにより、常に最適な値に設定を自動更新することで、ヒーターの立ち上げ時間短縮や、設備のシステム変更など環境変化によって、急な温度変化が発…


人事異動 オムロン・三菱電機

◆オムロン◆ 4月1日付 ▽執行役員副社長(執行役員専務)インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長富永裕 ▽執行役員専務(執行役員常務)CTO兼技術・知財本部長宮田喜一郎 ▽インダストリアルオートメーションビジネスカンパニーロボット推進プロジェクト本部長兼務を解く 執行役員常務オムロンマネジメントセンターオブアメリカ会長兼社長CEO ▽兼インダストリアルオートメーションビジネスカンパニーロボット推進プロジェクト本部長 執行役員インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー企画室長衣川正吾 ▽グローバル人財総務本部長(グローバル戦略本部経営戦略部長)執行役員冨田雅彦 ▽執行役員…


人事異動 オムロン (2月1日付)

▽エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー社長(環境事業本部長)執行役員常務行本閑人 ▽環境事業本部長(環境事業本部企画室長兼アプリケーションエンジニアリングセンタ長)執行役員江島秀二 ▽エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー社長兼務を解く執行役員常務松並憲示