オムロン の検索結果

オムロン 20年3月期売り上げ6780憶円、IAB売上10%減3528億円

オムロンの2020年3月期連結決算は、売上高が6779億8000万円で対前年度比7.5%減、営業利益が547億6000万円で同18.6%減、当期純利益が748億9500万円で同37.9%増。車載事業を売却したことで純利益増になった。 セグメント別売上高と営業利益は、IAB(制御機器事業)が3528億円(同10.0%減)、536億円(同14.8%減)、EMC(電子部品事業)が884億円(同14.3%減)、9億円(同88.8%減)、SSB(社会システム事業)が845億円(同12.6%増)、82億円(同41.9%増)、HCB(ヘルスケア事業)1120億円(同3.0%減)、135億円(同3.7%増)、…


オムロン元社長 立石義雄氏死去

立石義雄氏(たていし・よしお)(オムロン名誉顧問 元代表取締役社長・会長)2020年4月21日0時27分死去。80歳。 立石氏は、立石電機(現オムロン)創業者立石一真氏の3男として生まれ、1963年4月同社入社。87年から03年まで同社3代目の社長を16年間務め、11年までは会長を務めた。 95年-97年までは日本電気制御機器工業会(NECA)の会長を務め、産業界での電気制御機器の果たす役割の重要性から弱電、強電と並ぶ新たな時代として「制電」という言葉を使用するとともに、制電市場の1兆円ビジョンをまとめた。制電は現在のNECA会報のタイトルになっている。97年からNECA顧問。


オムロン関係会社 人事異動

(2020年3月16日付) ▽オムロン関西制御機器 代表取締役社長(オムロンインダストリアルオートメーション ビジネスカンパニー人財戦略室)福井清 (3月19日付) ▽エフ・エー・アネックス 代表取締役社長(同カンパニー営業本部 マーケティングセンター販売促進部長 兼 オムロンエフエーストア代表取締役社長)松枝芳典 ▽兼 オムロンエフエーストア代表取締役社長(オムロンエフエーストア取締役)オムロンインダストリアルオートメーションビジネスカンパニー営業本部 マーケティングセンター長 立石郁雄 (3月21日付) ▽オムロンソフトウェア代表取締役社長(オムロングローバルものづくり革新本部 環境革新セ…


オムロン シミュレーションソフトウエア、実機同等の検証OK 短期で立ち上げも

オムロンは、業界初となるロボットと周辺機器の動きを連動させ、統合検証できるシミュレーションソフトウエア「Sysmac Studio 3Dシミュレーション」を4月から発売した。設備全体をデジタル上に再現し、実機と同等の精度で動作を簡単に検証することができる。 従来のシミュレーターは専用ソフトのため高価で専門知識が必要であり、さらに、設備を制御するコントローラとは別のソフトウエアを使用するため、シミュレーション結果と実機動作を一致させることが難しいという課題があった。 新シミュレーションソフトウエアは、同社の主力制御用コントローラ「NJ/NXシリーズ」のプログラミング用ソフト「Sysmac Stu…


オムロン 人事異動

(2020年3月21日付) ▽技術・知財本部副本部長 兼 テクノロジープロデュースセンタ長(インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー技術開発本部)関根淳一 ▽技術・知財本部プロジェクトマネジメントセンタ長(オムロンソフトウェア代表取締役社長)武村賢治 ▽エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー営業統轄本部長(エフ・エー・アネックス代表取締役社長)神尾幸孝 ▽同カンパニー事業統轄本部長 兼 商品開発統括部長 オムロン電子部品(深)総経理 江崎雅彦


オムロン 人事異動

(2020年3月21日付) ▽オムロンリレーアンドデバイス代表取締役社長兼務を解く 執行役員 エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー生産統轄本部長 太田誠 ▽グローバル購買・品質本部長(グローバルものづくり革新本部長)執行役員 江田憲史   (4月1日付) ▽オムロン中国社長(グローバルものづくり革新本部中国ものづくり革新担当 兼 上海オムロンコントロールコンポーネンツ社長)執行役員 徐堅 ▽オムロンソーシアルソリューションズ エネルギーソリューション事業本部長(環境事業本部長)執行役員 立石泰輔 ▽執行役員 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー …


オムロン、品川にFA・自動化の支援施設ATC-TOKO開設 その狙いと日本のFA・IoT最新事情を探る

オムロンは1月22日、東京品川に、ものづくり企業の生産工程の自動化や効率化、スマートファクトリーへの取り組みを支援するための中核拠点「オートメーションセンターTOKYO(ATC-TOKYO)」と「オートメーションセンター TOKYO POC LAB(POC-TOKYO)」をオープンした。20万点にわたる制御コンポーネンツとロボット、AI、IoTを組み合わせて、最先端の制御技術と未来の製造現場、スマートファクトリーの姿を再現し、ものづくり企業が見て、学び、触り、考え、相談し、実践するまでの「場」と「技術」を提供し、彼らの取り組みを一貫してサポートする。 ATC-TOKYO概要  ATCは、自社製…


オムロン 品川にFA新拠点、現場の高度化支援

オムロンは1月22日、東京・品川にFAソリューションの中核拠点となる「オートメーションセンター TOKYO(ATC-TOKYO)」をグランドオープンした。 都心のビルの一角にFAやロボット、AI、IoTといった先端技術をフル活用した工場、製造現場を再現し、製造業ユーザーにそれらを体感・実証してもらうことで製造現場の高度化やスマートファクトリーに踏み出すきっかけを提供する施設となる。 ワークや装置を持ち込んで実証・実験できる「オートメーションセンター TOKYO POC LAB(POC-TOKYO)」も近隣にオープンし、検討からリアルな装置やシステムの体感、技術習得から開発までをワンストップで請…


オムロン&スクウェア・エニックス、AIを共同研究 モチベーション向上高める

オムロンとスクウェア・エニックスは、オムロンの卓球ロボット「フォルフェウス」を通じ、人のモチベーションを高めるAIの共同研究を開始した。 フォルフェウスは13年の発表から第5世代まで進化し、最新モデルではプロ選手並のラリーができる制御技術と、対戦相手を理解して最適な返球やアドバイスによって人の成長を促すコーチングまで可能になっている。 またスクウェア・エニックスは、ゲームで遊ぶプレイヤーの感情を理解し、それに応じてゲームの展開や難易度等を変え、モチベーションを上げて楽しくさせるメタAIを開発を行い、実際のゲームにも採用している。 今回、メタAI技術をロボット実機に取り入れることで人のパフォーマ…


【各社トップが語る2020】オムロン「ⅰ-Automation!進化」辻永順太 執行役員常務 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー商品事業本部長

オムロン 辻永順太 執行役員常務 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー商品事業本部長   インダストリアルオートメーションビジネスカンパニーの今期業績見通しは、現状大きく変わっていない。業界単位で多少の変化を感じるが、プラスマイナスがあるため全体を捉えれば厳しい環境は継続するのではないかと考えている。今後、世界経済の影響で変わる可能性もあり、先が読みづらい状況だ。注力している4分野(自動車、デジタル、食品・日用品、インフラ)のうち、食品・日用品業界は比較的安定している。 当社の強みである業界随一の幅広い制御機器を軸に、市場やお客様のニーズに応える、独自の価値コンセプト「…