エッジ の検索結果

シュナイダーとレノボ協業 サーバールーム不要のエッジ処理提供

シュナイダーエレクトリックとレノボ・エンタープライズ・ソリューションズは協業し、データセンターやサーバルームに頼らない、エッジコンピューティングインフラの設置が可能なソリューションを提供すると発表した。 今回提供するソリューションは、レノボのIoT・エッジコンピューティング向けラック・サーバ「Lenovo ThinkSystem SE350」と、シュナイダーの「APC NetShelter WX 6U薄型壁取り付けエンクロージャ」「APC Smart-UPSリチウムイオン」で構成。 「Lenovo ThinkSystem SE350」は、高性能なサーバ・グレードと、防塵性、耐熱性を兼ね添え、さ…


NECプラットフォームズ、エッジに最適 コンパクトボックス型コントローラ

NECプラットフォームズ(東京都千代田区)は、エッジコンピューティングに適したコンパクトボックス型コントローラを、9月11日から販売開始した。 近年、IoTの普及に伴い、工作機械のコントロールや工場・店舗などにおける設備のIoT化に対して、デバイスや利用者に近いエッジ領域でリアルタイムに、かつ大容量にデータを処理することが求められている。   新製品は、工場での組み込み用途のコントローラなど、工作機械の制御やセンサで収集したデータの処理や、生体認証に際しての画像データの処理を主なターゲットとしたボックス型コントローラ。 180×180×50ミリメートルの小型設計で、NEC製標準デスクトップPC…


Moxa 堅牢なエッジ・コンピュータ、過酷環境に対応

AI・IoT開発ツールもサポート 台湾・Moxaは、過酷な環境でAI・IoTコンピューティングに対応する小型エッジ・コンピュータ「MC-1220シリーズ」を発表した。 新製品は、製造業、スマートシティ、公共事業といった分野での屋外や過酷な条件下でも使用可能な堅牢なエッジコンピュータ。広い温度範囲で使用ができ、屋外や危険な環境での設置に関するC1D2/ATEX Zone2認証を取得している。 Intel Core i7/i5/i3プロセッサと複数の拡張インターフェースを搭載しており、拡張インターフェースにはVPUなどのハードウエア・アクセラレータを組み込むことができ、AI・IoTアプリケーション…


ハギワラソリューションズ 小型エッジコンピュータ、IoT・リモート最適

ハギワラソリューションズ(名古屋市中区)は、高い信頼性と耐久性のエッジコンピュータ「BXPC-CARA-M8MQシリーズ」を発売した。 同製品は、長時間の連続稼働を可能にする、耐久性の高い小型端末で、長期安定供給で産業機器への組み込みやIoTシステムなどに適している。CPUにNXP i.MX8M Quad ARMコアを搭載し、本体のみでフルHDから最大で4Kの映像出力にも対応。OSにLinuxとAndroidをサポートし、用途に応じたカスタマイズも柔軟に対応でき、コストと機能のバランスにも優れている。 無線LAN、Bluetooth、LTEのワイヤレス通信機能搭載モデルなど3種類のラインアップ…


横河電機 ペーパレスレコーダ、エッジコンピューターなどAI機能を搭載

横河電機は、操作性・拡張性に優れたデータ収集制御システム「SMARTDAC+」にAI関連機能を搭載したパネルマウントタイプペーパレスレコーダ「GXシリーズ」と、ポータブルタイプペーパレスレコーダ「GPシリーズ」を4月8日から発売した。また、AI関連機能搭載のデータロギングソフトウエア「GA10」にAI関連機能を搭載して5月13日から発売する。 さらに、各種装置に組み込んで制御を行う耐環境性に優れたエッジコンピューティングプラットフォーム「e-RT3 Plus」にAIプログラミング言語「Python(パイソン)」対応のモジュールを4月8日から発売した。 価格と販売目標は、レコーダ小型ディスプレイ…


横河電機 組み込みエッジコンピューティングプラットフォーム「e-RT3 Plus」

AI言語モジュールを追加 横河電機は、製造業でのAIなどの解析ツールを活用することで工場内の問題発生防止や生産性向上につなげる取り組みとして、同社が提唱している「OpreX Control Devices」として各種装置に組み込んで制御を行うコントローラ「e-RT3 Plus」に、機械学習をはじめとするAIの開発現場で広く利用されているプログラミング言語「Python」に対応するCPUモジュールを発売した。 AIを活用した予兆診断の機能を実装する際などに、Pythonの豊富なソフトウエアライブラリを活用することが可能になり、開発期間の大幅な短縮に貢献する。  また、優れた耐環境性能をもち、従来…


シュナイダー、エッジ環境のIT課題を解決するマイクロデータセンター

シュナイダーエレクトリックは、データセンターに匹敵する堅牢性高いIT環境を実現する、エッジ環境向け「EcoStruxureマイクロデータセンター」を1月24日から提供開始した。 同製品は、新製品のエッジ環境向けラックに、UPS(無停電電源装置)や配電、物理セキュリティ、監視ソフトなどを組み合わせ、エッジ環境でもデータセンターのような可用性で運用できるソリューション。 エッジ環境向けラックは、今回の提供開始に合わせて発売しており、独自の薄型設計で設置面積を削減でき、床置きや壁面への壁掛けも可能。ダストフィルターを標準装備しているため、塵や埃の多いバックヤードなどへの設置にも対応する。通常の小型ラ…


東芝インフラシステムズ 産業用コンピュータ発売、エッジ制御に対応

東芝インフラシステムズは、エッジコンピューティングに求められる機能と堅牢性を凝縮した、産業用コンピュータシリーズの新モデル「CP30 model300」の販売を開始した。 新製品は、低消費電力プラットフォーム「Intel Atom x5-E3940プロセッサ(1.6GHz/4コア)を採用し、自然空冷によるファンレス化を実現。発熱を抑制し、専用設計のヒートシンクによって自然空冷による冷却効果を高め、0~50℃の設置環境温度を実現する。補助記憶装置にSSDを採用し、HDDなどの機械駆動部分を排除したスピンドルレス構造としており、より高い耐環境性能を有している。 また、設置する場所や組み込む装置に合…


【各社トップが語る2020】横河電機「エッジ領域での提案推進」横山俊樹 エッジソリューションビジネス責任者

横河電機 横山俊樹 エッジソリューションビジネス責任者 IA-PA事業本部 インフォーメーションテクノロジーセンターエッジソリューション統括部長   横河電機の「エッジソリューションビジネス」として、マシンコントローラFA-M3V/組み込みコントローラe-RT3などのコントローラ事業、ファイバセンシング事業、レコーダ/シングルループコントローラ/温度調節計/信号変換器の「NetSOL」事業を担当。エッジ領域でのAI活用を推進し、製造現場の改革に貢献するエッジソリューション機器を提供している。 今年度2019年は、コントローラ事業において半導体、電子部品など各市場の厳しさの影響を受けた…


シュナイダー 小型サーバラック、エッジ環境向け設置OK

シュナイダーエレクトリックは、サーバラック「NetShelter(ネットシェルター)SX」シリーズから、エッジ環境向けに12Uと18Uサイズの小型サーバラックを発売、11月22日から受注開始した。 新製品は、スペースが限られるエッジ環境でも設置できる小型のサーバラック。同社のUPS(無停電電源装置)、物理セキュリティと環境監視を行う「NetBotz(ネットボッツ)」、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxure IT Expert(エコストラクチャー アイティ エキスパート)」を組み合わせることによって、可用性を高め、かつ遠隔地やIT管理者が常駐していないエッジ環…