ディーラーヘルプを考える 黒川想介 (36)

2018年5月9日

製造に役立つ情報を コンパクトライン念頭に あればいいなあという製品ができても価格が問題である。その程度なら買おうという価格であれば購買欲は出る。価格と購買欲がてんびんにかけられて売れていく。量産に値する製品になれば競争が生まれて、量産技術が発展してきた。その一方で、量産で付加価値を得てきたことによって、意外にも設備を大味にしてしまっていることに気づかないことがある。 1970年代、小集団によるQC(Quality Control:品質管理)活動が全盛の時には、設備を一つ造るにもきめの細かさがあった。その後、量産技術でぐいぐい押してきた時代を通っている間に、あのきめの細かなコスト意識が見られな…