シャープ 画像センサカメラコントローラ 微細なキズや汚れを高速検知

シャープは、工場で生産する製品の微細なキズや汚れ、欠陥などを高速で検知する画像センサカメラコントローラ「IV-S402M」「IV-S412M」の2機種を4月から発売した。価格はオープン。

画像センサカメラコントローラは、接続したカメラで撮影した画像を処理することにより不良を検知。あらかじめ検査基準となるデータ(製品の色の濃度、寸法、面積など)をコントローラに設定し、撮影した画像と比較することで判定を行う。

新製品は、業界トップクラスの2500万画素の高精細カメラに対応。基板や半導体など目視では困難だった精密部品の検査が可能で、広範囲で高精細な画像の撮影に加え、高速マルチコアCPUの搭載により、検査精度の向上と高速化を実現する。

また、映像素子に1次元CMOSセンサを使用したラインスキャンカメラにも対応可能。帯状の製品や円柱形などの立体的な部品も容易に検査できる。

さらに、画像処理によりコントローラが対象物の形状や位置を正確に認識し、動作に必要な座標データを産業用ロボットに送信するシステム「ロボットビジョン」にも対応。産業用ロボットと組み合わせて使用することで、ピック&プレース作業を自動化し、工場や物流倉庫における省人化や生産性向上に貢献する。

「IV-S402M」は最大2台(2500万画素カメラは1台)、「IV-S412M」は最大4台(同2台)のカメラ接続が可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG