ローム 筑後工場に新棟建設 SiCパワーデバイス生産強化 生産能力25年に16倍

2018年4月18日

ロームは、「SiCパワーデバイス」の事業戦略発表会を行い、電気自動車などに使用するSiCウェハ・デバイスの生産能力の増強を加速すると発表した。 SiCパワーデバイスは、電力変換の際の損失を減らすことができ、従来のSi-IGBTに比べてスイッチング損失を70~90%、導通損失を50~80%まで減らすことができる。モジュールや周辺部品の小型化、冷却機構の簡素化にも効果的で、市場が拡大中。特に電気自動車やサーバー、太陽光発電、FA・産業用設備などで拡大し、市場規模は2025年には17年度比およそ8倍の2300億円程まで伸長。特に電気自動車市場は20年に200万台、25年には500万台になると見込まれ…