ディーラーヘルプを 考える 黒川想介 (19)

2017年8月30日

互いの信頼関係構築 根幹理解した研修を 営業とスポーツは似ているところが多い。その最たるところは、営業もスポーツも知識を詰め込むだけではうまくならず、実践を通してうまくなっていくことである。だから他の仕事に比べ年季を入れなければならない。 販売店ではメーカーの研修があれば、極力、販売員を参加させる。商品をよく知れば営業がうまくいくと思うからである。事実は商品知識が増えるから役に立つのではなく、メーカー研修の良いところは、商品に関する技術用語の理解が深まるために、顧客の話についていくことができる点である。 したがってメーカー研修を受けて戻ってきた販売員が、そのメーカーの商品売り上げをいきなり増や…