ディーラーヘルプを 考える(6)黒川想介

2017年2月8日

時代に合ったものを作る 基本的考え方は変わらない チャネル販売型の営業体系を持つ部品や、機器商品メーカーは、ある時点から商品アピールを積極的に行うため、直接顧客を訪問する部門をつくった。ダイレクトにマーケットをサポートするという意味でDS部門などと呼ばれる。 DS部門が誕生した背景には、販売する商品が多岐にわたってきたことや、特化して売り上げを伸ばしていきたい商品が出てきたことなどがある。一方、契約販売店を担当し、販売店がマーケットの前面に出て積極的な営業活動をするのを支援する部門は、ディーラーヘルプという意味でDH部門などと呼ばれている。 DS部門が誕生したばかりの頃には、メーカーと販売店が…