【提言】〜【インド・タイ海外交流視察を終えて】 『IoT』と『茹でガエル』〜【高木俊郎】日本の製造業再起動に向けて(22)

2016年11月2日

日本の中小製造業は、グローバル化による大手系列崩壊と第4次産業革命の進行により、歴史的なパラダイムシフトの渦中にあると言っても過言ではない。経営者にとっては、このパラダイムシフトの波に乗り、新たなビジネス環境への対応が求められるが、続々と誕生する新技術や、ビジネス環境の変化を正確に把握し、正しい経営判断を導き出すことは容易ではない。ちょっと油断すれば『茹でガエル』の危険がはらんでいる。 『茹でガエル』とは、ビジネス環境変化に対応することの重要性、困難性を指摘するために用いられる警句の一つであるが、残念ながら中小製造業の一部にこの兆候が見受けられる。第4次産業革命の本丸とも言える『IoT』による…