由紀精密など日仏精密加工4社 アライアンス「ACT」設立

由紀精密(神奈川県茅ヶ崎市、大坪正人代表取締役社長)は、Qulead(同、永井康弘代表取締役)、仏のDyshow IndustrIeとAS-MECA BERNARDの4社で、日仏精密加工中小企業のアライアンス「ACT」を立ち上げた。

ACTは、欧州と日本全域の金属の精密加工や製造における技術的課題に対し、4社の加工技術とネットワークで解決する。部品の加工、輸出入だけでなく、欧州・日本進出のサポートなど製造業における日仏間の架け橋となるサービスも提供する。

2011年のパリの航空ショーへの参加を皮切りに、CmonoC(茅ヶ崎市で製造業を営む町工場のクラスター)の3社は「よいものづくりに国境はない」というスローガンに基づき欧州、特に仏市場に向けてチャレンジし、少しずつ実績を積み重ねて来た。

15年には由紀精密が仏・リヨンに子会社を立ち上げ、さらにはダイショウ(神奈川県茅ヶ崎市、石塚裕代表取締役社長)がAS-MECA BERNARDと連携して現地法人、Dyshow IndustrIeの立ち上げと製造拠点の準備を始めた。同時にQuleadは日本国内の製造の強化を目指し、企業合併・新工場を設立した。

日本の2社と仏の2社により今回、ACTというアライアンスを立ち上げ、その枠組みにより日仏両国での精密加工部品の受注と製造が可能となる。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る