NEDO ロボット活用技術開発プロジェクト 助成11件決定

2016年2月24日

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」の追加公募を実施し、11件の助成先を決定した。多品種少量生産や変種変量生産に対応したロボットシステムや、リアルタイムに各ロボットの挙動を制御して全体最適化する生産システム技術など、現場で即戦力になるような技術が選ばれた。 ■「即戦力」で全体最適化 同プロジェクトは、ものづくり分野とサービス分野を対象とし、ロボット活用に対するユーザーニーズと市場化・製品化の出口を明確に具体化している新規のロボット技術の開発に対し、助成を行うもの。昨年8月に第1回の助成先が発表されており、今回は追加公募となる。 阪上…