中央電子 「要素技術を最大限発揮」 松井達之代表取締役社長

2016年1月13日

今期の業績は、自動車や半導体製造装置関連の好調を背景に計画通りで推移している。今後は生産監視や東京オリンピックなどに関連した投資が活発化してくることを期待している。 当社は、計測制御、画像処理、セキュリティ、エンクロージャー、コミュニケーション、メカトロニクスなど、幅広い領域で新しい価値を創造する開発型製造業として取り組んでいる。マイクロプロセッサ技術、アナログ技術、通信技術などを駆使して顧客の求めに応じて受託開発することで、顧客の信頼を獲得するとともに、常に新しい技術を取り込める社内組織を確立している。 取引先を対象にしてここ3年間「CECプライベート展」を開催しているが、来場者の半分は既存…